人気ブログランキング |

おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp

<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お寺でコンサート

琵琶湖の北、長浜にある「孤篷庵」という、小堀遠州ゆかりのお寺で行われたコンサートが無事終了。以前にもお寺でやったことがあるけど、今回は入場料をとってのコンサートで、メンバー全員緊張の面持ちで会場入りした。

問題は、当日の天気。予報では大雨、雷雨という最悪の天気。室内でのコンサートなら関係ないのだが、雨戸を開放した、半分アウトドアみたいな環境での演奏なので、天気が気になって仕方なかった。
また、天井が低く、畳敷きなので、ほとんど音が響かないという、これまたフルートにはハンディのある状況。

しかし、蓋を開けてみれば、どんよりと雲ってはいるけれど、ほとんど無風という天気。このままもってくれたらいいんだけどと祈りつつ、開演時間までの時を過ごした。
午前中に最後の合わせを行い、午後からが本番。

畳敷きの本堂には、100名近い入場者が入った。ボクは縁側まではみ出して演奏することに。そうしないと、メンバー全員がうまく入らないのだ。
まず最初の曲は、「パッヘルベルのカノン」。音程が難しい曲なのだが、しょっぱなはやはり皆調子が出ない様子。
次は「ドナウ川のさざ波」。最初のイントロでボクのソロが入るのだが、これがめっちゃ緊張して、いつもの調子が出ない。音だけは間違えないように必死で吹いた。あとは先生に注意を受けたアイコンタクトは上手くできた。
「鱒」浜辺の歌」「365日の紙飛行機」「花は咲く」と続き、「わらべ唄による小品」。ここでボクはバスフルートに持ち換える。マイクを持ってMCもやった。どうもしゃべるのは苦手である。
そして最後の曲となる「琵琶湖周航の歌」だ。ここでもバスフルートを吹く。
お約束のアンコールは「トップ・オブ・ザ・ワールド」。全員が楽しそうに吹いていて良かったと思った。
帰りの高速で、大きな虹が見えて、気分よく帰宅した。
f0156359_22184490.jpg
f0156359_22163817.jpg



by ozawa-sh | 2019-06-15 22:19 | Comments(2)

基礎練

練習の初めに必ずやるのが、ライヒャルトの「Daily Exercises」。6つの章から成っており、順番にやるようにしている。ハ長調から始まり、段々フラットが増えていき、今度はシャープが減っていって、最後はまたハ長調で終わるようにできている。シャープはある程度スムーズにふけるけど、フラットが多くなると難しい。
しかし、これをやっておくと後で練習する曲がスムーズになる。なので、退屈だけど必ずやるようにしている。
f0156359_22481279.jpg

by ozawa-sh | 2019-06-12 22:48 | Comments(0)

藤城清治さんの版画

西武大津店へお好み焼きを食べに行ったら、折りしも「藤城清治 版画展」をやっていた。藤城さんはすでに90歳を越えているのだが、いまだ精力的に作品を発表し続けている。作品が好きで、画集を何冊か持っている。
で、版画展会場に入ると、即売もやっているという。全く買うつもりは無かったのだが、無理して買えないような値段でもないので、少し買う気が出てきて、オーケストラの絵が欲しくなってしまった。笛を吹く小人もたくさん描かれている。
作品は「レフグラファイン」という複製技術で作られており、越前和紙に刷られた非常に精密なものである。そして注文すれば藤城さんの直筆サインも入れてくれるという。ただし一ヶ月待ち。
玄関を入った正面の壁に飾ったらいいかなあ、などと考えていたら、本当に欲しくなってしまった。さてどうしよう。

by ozawa-sh | 2019-06-10 00:26 | Comments(0)