人気ブログランキング |

おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp

<   2019年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ギター、オカリナ、フルート

兄の住む、河口湖へ行ってきた。どうしても車で行かねばならない他の用事があったので、車で行くことに。まずは青梅の御岳渓谷へ。ここはカヌー競技発祥の地で、多摩川の上流となるのだが、若いときは、何度も来たことのある思い出の地。
カヌーを売りたいという人から、中古のカヌーを買ったのである。チェコ製のスラローム用のボート。これを車のルーフに積み、一路河口湖へ。大きな峠を越え、山梨県に入る。
兄の家に一泊し、翌日はオカリナグループと合奏。よく響く大きな部屋で初見で吹いた。オカリナは多少音程が不安定な楽器だが、なんとかこちらで合わせてみた。音質的に似ているので、音がうまく溶け合う。兄のギターも上手く伴奏してくれて楽しいひと時となった。

by ozawa-sh | 2019-04-25 09:55 | Comments(0)

コンサート会場の下見

6月15日に行われる「孤篷庵」でのコンサートの下見に、メンバーと行ってきた。この寺は、作庭で有名な「小堀遠州」ゆかりの寺で、数々の歴史を経て現在に至る古刹である。苔庭と、琵琶湖を形どった池が見事だった。俗界を離れ、あたりは静寂に満ちた空間で、ただ聞こえるのは鳥の声のみ。ここで響くフルートの音は、さぞやすばらしいことになるのではと思わせた。

ただ、ステージとなる畳部屋が狭いのが問題で、当日の並び具合をどうするか、メンバーで色々話し合った。天気さえ良ければ、庭での演奏ということもあり得るのだが、それは当日決めることになりそうだ。

実際に音を出してみたが、思った以上に遠くまで届いているようだった。床は畳だが、天井が板張りなので、そのせいなのかもしれない。あるいは、周囲の静寂さのせいかもしれない。
まあとにかく、自然と一体になった場所で、こうして演奏できることが楽しみである。
f0156359_21440694.jpg
f0156359_21440646.jpg


by ozawa-sh | 2019-04-15 21:45 | Comments(0)

お茶室でコンサート

瀬田の文化ゾーンにある、茶室「夕照庵」でコンサートを行った。本番前には庭で吹いてもよいということだったので、ロビーコンサートのような形で開演前に春にちなんだ曲を吹いてみた。
お茶を飲みながら開演を待つ人たちも、楽しんでくれたようだ。
f0156359_21315879.jpg

さて、いよいよ本番。ボクは上下黒に、今日は桜にちなんでピンクのネクタイを締めてみた。こんな機会でもないと、ピンクのネクタイなんてなかなか締めるチャンスがない。女性陣も、ピンクや薄緑のドレスで、春らしさを演出。
会場のすぐ脇には池があり、庭には枝垂れ桜、その向こうにはソメイヨシノと、春爛漫の中での演奏となった。

室内だけでなく、外の赤い毛氈に座って聴衆が集まり、少しずつ緊張してきた。今日は春らしい陽気となり、人出も多い。
最初の曲「Prelude from Tedeum」の曲に乗ってオープニング。
チョコレート・ダモーレ
パッヘルベルのカノン
さくらさくら
希望のささやき
ブルー・シャトー
草原情歌
シルクロード
花のワルツ
琵琶湖周航の歌
を演奏した。

午後からも同じプログラムを演奏するという、今日はダブルヘッダー。かなり疲れたが楽しいコンサートだった。

by ozawa-sh | 2019-04-07 21:33 | Comments(0)

コンサート活動が忙しい

今日は東大阪のピアニストの練習場へ行き、来週土曜日に予定している、チャリティコンサートの最終合わせをしてきた。今年3月に新大阪から「東おおさか線」が開通したので、行くのにずいぶん便利になった。
このコンサートは、ボクだけじゃなく、ヴァイオリン、声楽、チェロ、ピアノも出演するので、聴く方にとってはヴァラエティに富んだお徳なコンサート、ということになる。しかし、演奏するのは皆さんプロの方ばかりで、今日はプログラムに沿って演奏したのだが、すごく緊張して失敗ばかりしていた。本番までに完璧に仕上げ、本番ではリラックスして吹くようにしよう。

その他、これからしばらくは発表会も含め、色々とコンサートが続く。
とりあえず明日は、県立図書館の近くの茶室「夕照庵」というところで、フルートアンサンブルのコンサートを控えている。天気が良さそうなので、庭でロビーコンサートも出来そうだ。春にちなんだ曲を吹いてみるかな。

by ozawa-sh | 2019-04-06 21:33 | Comments(0)