おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

打ち止め

10月ぐらいから、次から次へとコンサートが続き、本日ようやく最後のコンサートが終わった。所属するビーボとリアンのコンサートの合間に、自分だけのコンサートが入り、それらの曲決めや練習でてんやわんやだった。プロは、ずっとこういう日々が続くだろうから、こなすのが大変だろう。

今日は宇治田原にあるレストランでの「忘年会コンサート」。まあコンサートというほどのものでもないのだが、それなりに演奏しなければ、聴きにきてくれたお客さんに対して失礼である。ボクの前に、ハーモニカの演奏があり、これがまた今まで聴いた中ではピカ一の演奏。海外でも演奏し、教室で教えている女性の方。クロマチックハーモニカの見事な演奏には聞きほれた。細かいところまで表情が豊かだし、装飾音もさりげなくて、安心して楽しめる。
しかし、その後に吹くボクは、なんともやりにくかった(笑)。緊張のあまり、最初の方の音が出ず(まあいつものことだけど)、なんてことのないところで音をはずす有様。最後の方になって、ようやく音が鳴ってきた感じだった。
最後は、ハーモニカと「琵琶湖周航の歌」を合奏。皆さんに歌ってもらって終了となった。今年は何回吹いたことだろう、この歌。
オーナーシェフのミウラさんと、年の終わりの挨拶をして帰ってきた。

来年は、もっともっと練習して、本番に強くなれるように頑張ろう。

[PR]
by ozawa-sh | 2017-12-28 17:58 | Comments(0)
もう、「プロ」を名乗ってもいいかな(笑)。
12月に入ってから、クリスマスコンサートの予定が5つ入っている。そのうちの2つは、先日の日曜日に終了。先日の当ブログに書いた。
次回は、地元にある教会でのコンサートで、現在猛練習中。なかなか曲が決まらず、本番までに間に合うか?
その次は、宇治田原にあるレストランにて、日にちをかえて同じ内容で二回頼まれている。

それにしても、人前で演奏するというのは本当に緊張する。演奏というのは一発勝負だから、やり直しがきかない。いわば、瞬間芸術の連続といってもいいだろう。もちろん譜面の先を読みながら音を出し、今出した音を踏まえながら次の音を決めていくのだが、出している音にすべてを込める。そこが面白い。

演奏の面白さというのは、なんだか自転車レースと似ていると思う。次々に展開していく風景。路面の変化。他者との駆け引き、終わった後の達成感。坂を上っていったり、下ったり、カーブを回っていくという高揚感・疾走感。すべてが似ている。そして、ひとつ失敗すれば致命的なところもそっくりだ(笑)。

フルートを吹くというのは、かなりの体力を使う。正確なデータはないけど、フルーティストは実感としてそう思っているだろう。だから、日ごろから体力トレーニングしておく必要がある。過度に鍛える必要はないけど、適度な運動は、良い演奏をするために必要だと思っている。
これからも、フルートと自転車を両輪にして、楽しみながらやっていきたいと思っている。

[PR]
by ozawa-sh | 2017-12-14 23:11 | Comments(0)
三ヶ月に一度の歯の点検。今日はその日だ。いつも自転車で行くことにしている。治療が終わってから、神社仏閣を巡ることにしているので、小回りが利くからというのが理由。ずっと京都の会社に勤めていたけど、京都の社寺をじっくり訪れたことがなかったので、リタイアした今、改めて訪れることにしている。

で、今日は三十三間堂へ行くことにした。修学旅行で行っているハズだけど、全く記憶にない。
歯医者から、まずは御池通りに面した讃岐うどんの店へ行く。特別に美味しいということはないが、寒いときに食べると美味しく感じる。今日は「肉温玉ぶっかけ」を注文。列に並びながら、店頭のメニューを見ながら決めた。「にくおんたまぶっかけ」と、ちゃんと言えるか緊張する(笑)。
三玉の大盛りも無事完食し、「フ~」と満足しながら、自転車にまたがる。この店にも、自転車のスタンドを設置してくれるといいんだけど。

鴨川の河川敷を南下し、七条通りから上の道に上がり、東へ走ると、すぐに三十三間堂の塀に突き当たった。京都は碁盤の目になっているから、あてずっぽうで走っても、ちゃんと行き着くことができる街だ。
広い駐車場の片隅にある駐輪場に自転車をとめる。ここにもスタンドがないので、柱にもたせかけるようにしてとめた。是非設置してほしい。
しかし今日は特に寒い一日だ。完全防寒スタイルで家を出てきたのだが、漕いでも体が暖まらず、最後まで同じかっこうで走った。

堂内に入る。600円也。ここもやはり外国人が多い。やがて現れたのが、1001体の仏様。圧巻である。昔の人の、宗教心はすごいと思った。脇にある風神・雷神像も国宝。二十八部衆像も国宝。そして、歩いても歩いても尽きない観音像ももちろん国宝。いや~、値打ちある。

帰りは、東山の方をさまよって、途中で道が分からなくなってしまったが、最後は渋谷街道から五条通りに出て、山科を走り、小関越えから自宅へ帰ってくることができた。疲れた~。

[PR]
by ozawa-sh | 2017-12-13 22:12 | Comments(0)

ネコ踏んじゃった

今日は、会社時代の友人が家へ訪ねてきてくれた。クロヤンとは職場は違っていたけど、二人でドイツ自転車旅行をしたり、ランニングやトライアスロンのイベントで一緒になったり、会社の枠を超えた付き合いをしていた。彼もついに定年となり、母親の介護に専念しているとのこと。なかなか家から離れることができず、自分の時間もないらしい。
そんな中、「動画の編集をやってみたい」という思いが湧き、ボクに教えを請いたいということで、やってきたわけである。聞けば、まずは今のうちに母親の姿を撮っておきたいのだそうだ。親孝行の息子である。

ところで話はガラッと変わるのだが、朝新聞を取りに表へ出たとき、道のド真ん中に、ネコの糞があるのを見つけた。「こんなところにしやがって」と思ったのだが、そのうちご近所がかたづけるか、車が踏み潰してなくなってしまうと思っていた。

やがてクロヤンの車がやってきて、家の前の道路に停まり、バタンと音がした。アッと思い、急いで玄関を出た。
「クロヤン、車外に出たらアカンで!」と言うのと同時に、すでにドアの外に立っているクロヤン。で、足元を見ると、時すでに遅し、、、「ネコ(の糞)踏んじゃった」状態になっているではないか。本人も気付いており、靴の裏をティッシュでふいている。
「アッラ~!やっちゃった!」
ということで、「ネコの糞が~!」というのが、久しぶりの会話の最初になってしまった(笑)。
靴底をホースの水で洗い、ようやく我が家の玄関をまたいだのであった。

さて、動画の編集の話に戻るが、彼のパソコンには、ボクのと同じ動画編集ソフトが入っており、バージョンは違っていても、ほとんど使い方は同じだったので、二台を並べて教えることができた。ビデオカメラで適当に撮影し、それを材料に説明した。彼もほぼ理解したようで、ご機嫌で帰っていった。

ということで、ネコ踏んじゃった事件の顛末でした。

[PR]
by ozawa-sh | 2017-12-11 23:50 | Comments(0)

これからも、、、

最近、めっきりブログの投稿数が減ってしまい、見に来ていただいている方々には、申しわけないと思っている。漕ぎコギ日記なのに、自転車やカヌー関連ではなく、フルート関係のネタが多いのも、タイトルと異なるということで、書きながら自分自身もちょっと違和感を感じている。
あまり更新していないにも関わらず、相変らず見に来ていただく方の数は、50人前後を行ったり来たりしており、これはちょっといかんなと思っている。まあ、この日記は「自分の記録」という意味合いもあるので、日常からちょっとはずれたようなこと、、、例えば旅であるとか、特別なものを買ったとか、変な人に会ったとか、、、そういうことがあれば書くようにはしている。ほとんどフェイスブックに書いているのだが、FBというのは、「3年前の今日、なにをしてたんだろう」というのを探すことが難しい。その点、ブログは簡単にできる、という利点がある。紙の日記と同じなのだ。
ボク自身は、やはりブログというものが好きで、上に書いた記録性はもちろん、長文を飽きさせないように書けるという点でも、軍配が上がると思う。
これからは、思ったこと感じたこと、そんな心の内面なんかも書いていけたらと思っている。

ところで、今日は東大阪でコンサート二件こなしてきました。一日で二件はさすがにきついなあ。
と言っても、午前中にやったのは、赤ちゃんとその親向けのコンサート。場所も、いつもピアノを合わせている15畳ほどの音楽教室。曲目は当然子ども向けのものなんだけど、「おもちゃのチャチャチャ」やら「アンパンマンマーチ」を演奏しても、子どもたちはキョト~ンとしていたり、手に持ったタンバリンやスズを無茶苦茶に鳴らすだけ。楽譜は見んならんは、足元に寄ってくる子を追い払わんならんは、テンヤワンヤの演奏会でした(笑)。譜面台を移動させる子がいて、演奏しながら譜面台に着いていくボク(笑)。

で、午後からは近くの公民館にて、老人会の集まりでチョイ吹きです。こちらはやはり大人向けの曲をやらねばということで、よく知られたポピュラーな曲とか、童謡を演奏。もちろんクリスマスの曲も。
午前中に十分音出ししていたので、楽器が良く鳴ってくれました。
終わってから、「ご苦労様でした」ともらった品が、一生使わんだろうと思われるモノばかりで、袋を開けてガッカリ(笑)。年寄り臭いウェストポーチなんていらんわ!
でもまあ、お茶とケーキもいただき、人前で吹くという良い経験をさせていただきました。

すべてが終了し、荷物をかたづけ家路につきます。電車のホームに立つと、なんだかすごく充実感が湧いてきて、「また練習しよう」と思いました。

[PR]
by ozawa-sh | 2017-12-10 21:22 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち