おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 17日 ( 1 )

三線を弾いてみた

弦楽器というものを全く弾いたことがなかったが、このたびの沖縄旅行で、初めて弾くことができた。「三線(さんしん)」である。言わずと知れた沖縄独特の楽器で、三味線と似ているが、少し違う。良いものはヘビ皮が張られている。

泊まったホテルには、様々なアクティビティーが用意されており、三線教室もそのひとつ。誰でも簡単に弾けます、というキャッチーコピーに誘われて行ってみることにした。

レッスンに使われた楽器は、ヘビ皮でなく、ヘビ柄の布が張られたもの。まずは三本張られた弦と、押さえるポジションの説明から。ギターのようなフレットがないので、初心者用に各ポジションに印がしてあった。小さな爪を指先に付けて弾く。
ポジションには名前が付いていて、一番低い解放弦が「合」、真ん中が「四」、一番高いのが「工」だ。「合」を順に押さえるポジションは「乙」「老」、「四」を押さえるポジションは「上」「中」「尺」、「工」を押さえるポジションは「五」「六」「七」となる。

最初は各ポジションを単独で押さえながら、名前を覚え練習。次は簡単な曲にチャレンジということで、縦書きの譜面を見ながらゆっくり弾いていく。しかし早くも混乱して、指が指定の場所へ行くのに時間がかかる。しかし、段々と慣れてくるのだが、そこで時間切れ。
なんとなく沖縄っぽい曲を弾くことができた。
回数を重ねれば、なんとなく弾けそうな気になってきた。
f0156359_18561837.jpg

[PR]
by ozawa-sh | 2018-11-17 18:57 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち