おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 23日 ( 1 )

シンドラーのリスト

今日は珍しく笛練はなし。色々と忙しい。まあ、たまには休みをとった方が、翌日は良く鳴ることが多い。

今日の心に染みる演奏は、パールマンの弾く「シンドラーのリスト」。演奏が素晴らしいのはもちろんだが、やはり映画の印象が深いというのもあるだろう。ジョン・ウィリアムズ作曲で、スティーブン・スピルバーグ監督の映画。
この映画はホロコーストを題材にしたものだが、パールマンがユダヤ系のヴァイオリニストであるということで、感情豊かに演奏している理由が納得できるだろう。

こちらの演奏も感動的。イングリッシュホルンの奏者が、最後に泣いちゃうという、、、。理由はボクには分からないが、見ていると、自分も泣けてくる。聴衆の女性は、どうやらこの奏者の娘さんのようだ。

静かに始まり、少しずつ高揚し、やがて静かに終わる感じだが、楽譜の最後に、Warmlyと指示してあるそうだ。なにか、良くわかるような気がする。
(ユーチューブにリンク)

[PR]
by ozawa-sh | 2018-10-23 23:20 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち