おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

2013年 11月 26日 ( 1 )

京の古刹へ

f0156359_1816778.jpg

一気に秋となり、北の国ではすでに冬の装いになっているのだとか。
関西の紅葉便りは、どこも現在真っ盛りを伝えているから、今を逃すことはできない。
で、思い立って、午後から京都、山科にある古刹、「毘沙門堂」へ行くことにした。創建が703年と言うから、相当古い寺ということになる。春は桜でも知られる寺社である。前回訪れたのは、蝉しぐれの真っただ中で、どの樹木も青々としていたものだが、今日はまさに見事な紅葉で、総門へと続く石段とのコントラストが見事だった。
f0156359_18162338.jpg

なぎさ公園を過ぎ、三井寺横の小関越えを上る。今日は疎水べりの砂利道を走るので、シクロ車の出番だ。すでに少し日が傾いており、山間の道はうす暗い影が漂っている。ほどなく毘沙門堂に到着。平日なのにたくさんの人。読売テレビの中継車も来てスタンバイしていた。

うわ~、本当に見事な紅葉だ!ジャストタイミングとはこのことだろう。石段を覆い隠すようにモミジのトンネルとなっており、そこを一段一段上っていく気分は最高だ。山間の寺なのだが、向きがいいのか、そこに西日が射し込んでいて、赤黄緑を一層鮮やかな色合いに染め上げている。ストラーダのオレンジジャージも、その場にピッタリ(笑)。しばし秋の紅葉を楽しむことができた。
f0156359_18164769.jpg

渋滞する車を横目に、自転車でスイスイ通り過ぎ、再び疎水べりを走り、小関越えにかかる。何度上ってもしんどい坂である。頂上から一気に大津側へ降りると、そこは「長等神社」。朱の山門、そしてそこにかかる紅葉が綺麗。しばし写真を撮ったりして鑑賞する。そこへ地元の老人がやってきて、先日の台風の被害などの話などを交えて雑談となった。このあたりは、土砂崩れなどがあり、驚いたことに、山の上に仕掛けてあった鉄製の重たいイノシシの檻が流れてきて、民家を襲ったのだとか。
f0156359_18174666.jpg
f0156359_18174066.jpg

f0156359_1818346.jpg

↑ はい、朱色つながり、ということで、、、

今日は、風が強く吹く一日だったが、帰りは追い風となり、高速で走ることができた。
f0156359_18182176.jpg


うわ~、今読売TV見てたら、やっぱりやったよ!
毘沙門堂、バンザイ!、、、ってなんや、それ(笑)
f0156359_185499.jpg

[PR]
by ozawa-sh | 2013-11-26 18:19 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち