おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

2011年 11月 28日 ( 2 )

もうそんな季節だ

f0156359_22493118.jpg

昨日は一日バタバタしていたので、今日は疲れが出てくるかと思ったが、なんのなんの、やけに調子がいい。駅の階段も二段飛ばし、会社に着いてもエレベーターは使わず、7階の職場まで一気に上った。(さすがに途中からペースダウン)
考えてみれば、朝は自転車に乗ったけど、あとは移動とコンサート&観劇だったから、運動量はそれほど多くないわけだ。しかしパソコンに向かいながらイスに座っていたら、脚が攣りそうな気配があったので、思わず伸ばしてストレッチ。やはり昨日の朝練が効いている。
昼休みもトレーニングにいそしんだけど、はたから見れば運動中毒かもしれん。

30台の頃、トライアスロンにはまり、毎日二種目づつトレーニングしていた時期があった。早朝自転車、昼は御所をランニング。あるいは、昼ランニング、会社の帰りにプールみたいに。でも、やっぱり運動のやり過ぎは体によくないと思い、トライアスロン大会もいつしか参加しなくなった。
しかしゴールで待っているあの感動は、走った者だけが味わえるものだった。またいつか再開する時が、、、ないない。


ロフトで来年用の手帳の中身だけを購入し、入れ替えた。もうそんな季節だ。2011年の分は、ホッチキスでとめ、机の中へ保存しておく。もう17冊はたまっているから、この黄色い手帳は17年使っているってことだ。そしてまた1冊が加わり、ボクの人生を記録し続ける。
f0156359_22495010.jpg

[PR]
by ozawa-sh | 2011-11-28 22:49 | Comments(2)
ストラーダの練習会から始まった今日は、とにかく疲れました!
f0156359_0534888.jpg

朝9時、新しく移転したストラーダへ走る。旧店舗より遠くなったので、どこを通って行こうか考えたあげく、瀬田の文化ゾーンからパナソニック、最後は京滋バイパス側道に出ることにした。この間約30分かかった。まだ誰も来ておらず、しばらく広い駐車場をグルグル回って足慣らし。やがてパラパラと数名がやってきた。ここ最近、「フォト&ライド」というのをイベントとしてやっており、こっちに参加しようかと思ったのだが、ついつい「ガッツリライド」の方に手を挙げてしまい、これがまたきつい練習になった。
f0156359_054561.jpg

しばらくは名神の側道を走っている間は位置が分かったのだが、やがてややこしい道に入り、とにかく着いていかないと迷子になるので必死に漕ぐ。けっこう細かいアップダウンがあり、2時間のライディングでヘトヘトになった。どうやら金勝山のふもとを巡るコースで、石部あたりを走っていたらしい。そういえば途中、旧東海道を走っていたことだけは覚えている。


急いで帰宅。京都の府民ホールアルティで、「あうろすフルートアンサンブル」の演奏会に行かねばならない。客演に工藤重典が吹くから、早くからチケットを購入し、楽しみにしていた。烏丸通をはさみ、御所の横に建つアルティは初めて入る。最前列に座ることができ、たまたま同じゼフィルの女性も来ていて、一緒に聞くことができた。
あうろすは、全員プロだが、ほとんど女性ばかりで、華やかな舞台。そしてピタッと合っているので、楽しんで聞くことができた。そして出てきました工藤さん。ヤマハの金がまぶしく光る。音色もテクニックも抜群で、すばらしかった。


f0156359_0545462.jpg

さて、大阪へ。ハアハア。午前中のトレーニングの疲れが出てきたのか、電車の中で立ったままヒザがカクンと曲がりそうになる。
実はヨメが抽選に当たり、難波花月へご招待なのである。以前からTVで吉本新喜劇を見るのは好きだったので、是非一度実際の舞台を見てみたかった。
早く到着したので、花月近くのがんこで食事。物足りなかったので、さらにたこ焼きをば。大阪と言えば「たこ焼き」でしょう。それにしてもすごい人出で、京都とは全然違う。
f0156359_0551192.jpg

開場し、指定席へ座る。前座に中田カフスぼたん、笑福亭仁鶴などが出た。休憩の後いよいよ新喜劇の幕が開く。「フンワカ フンワカ フンワカワン♪♪」のメロディーと共に照明に照らされた舞台が現れる。わ~、楽しみだ。いつもテレビで見る役者が次々に登場し、笑いの渦が起きる。ボクが好きな役者は、井上竜夫で、あの老人ボケは最高に笑える。
f0156359_055314.jpg

とまあ、今日もまたバタバタの日曜日でおまんにゃわ~。
[PR]
by ozawa-sh | 2011-11-28 00:55 | Comments(4)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち