おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

2007年 10月 28日 ( 1 )

「琵琶湖アウトドアフェスティバル」にマウンテンバイクのツアーガイドとして参加してきた。
が、昨日の雨が災いして、参加者は限りなく0に近いものであった。ただし、主催者のハセガワさんに言わせれば、「まあ、身内で楽しめればそれでいいんです」とのこと。昨年から始まったこのイベントは、コンサートあり、カヌー体験試乗会あり、自転車ツアーあり、缶つぶし大会あり、、のまさにアウトドアの殿堂(?)のようなイベントなので、これからも続けていけば、いつかもっとたくさんの人が集まってくれることと思う。


6時に家を出、一路知内浜キャンプ場を目指した。到着したのだが、「一体どこでイベントをやっているのだろう?場所を間違えたかな」と思わせるほど、閑散としていた。松林の奥、琵琶湖の渚の方へ歩いて行くと、ようやくシーカヤックを積んだ何台かの車が駐車しており、タープの下には見知った顔が。「昨夜は風まじりの雨で、散々でしたよ。でも無事にコンサートはやりました」とのことであった。キャンプ場の中に仮設舞台がしつらえてあり、ここでコンサートが行われたことを示していた。


タープ下には「ヤマダコーヒー店」で一杯のコーヒーをすすり、まずはドライブの疲れを癒した。テーブルの上にはおびただしい数のコーヒーミルが置かれており、店主のこの道にかける熱意が伝わってくる。こんな出張コーヒー店も面白いかもしれない。なかなか良いアイデアである。
琵琶湖は朝日にキラキラと輝き、今日一日の晴天を予告しているかのようだった。


さて、ボクの担当はマウンテンバイクで巡るマキノということだったのだが、フタを開けてみればたった一人の地元の中学生ヒラヤマ君だけ。まったくやる気が起きなかったのだが、彼としゃべっているうちに、彼の面白さに引き込まれてしまった。
とにかく魚が好きなんだそうだが、その入れ込みようがハンパじゃなく、将来はその道に進もうと思っているとまで言いきった。博識でしかも礼儀正しく、冗談も交えた話は大人の我々をも魅了するという、今時ちょっと見つからない中学1年生であった。


彼と二人で知内川に沿ったサイクリングロードを走る。彼のバイクは通学用のカゴが着いたやつ。おまけに浜で採取したでかい水晶が入っているので、いかにも重たそう。それでも追坂峠までがんばって漕ぎ、一周約15キロを走りきった。途中、色々と地元ガイドをしてくれるので、どっちがガイドだか分からないことになった。


キャンプ場に到着すると、早速知内川にヒザまで入り、「ビワマス」を網ですくうヒラヤマ君の姿があった。体調30センチくらいのビワマスを網ですくい、我々に見せてくれる。「あ、婚姻色が出てます」の言葉どうり、虹色のピンクがウロコを覆っていた。話には聞いたことがあるけど、実際のビワマスは初めて見た。


その後、もの足りないおざっちは、昨年皆を案内したメタセコイア並木の方を一周した。夕日が斜めから差し、湖北の秋を感じさせた。
f0156359_20574052.jpg

f0156359_20583065.jpg

f0156359_20585115.jpg

[PR]
by ozawa-sh | 2007-10-28 20:59 | Comments(5)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち