人気ブログランキング |

おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp

ミイラ取りがミイラになる

同じフルートアンサンブルに所属するYさんが、フルートを買い替えたいということで、梅田にあるドルチェ楽器へ行ってきた。同じメンバーのWさんも、ついでにメンテナンスをやってもらうということで、三人で訪れた。
金・銀・洋銀の楽器たちが、怪しい光を放ちながらズラリと並んでいる。ボクとWさんは、Yさんが次々と吹くフルートの音色を聞き比べ、「前の楽器の方が高音の伸びがいい」とか、「音の立ち上がりがいい」とか、感想を述べる役。しかし、予算のことやら、キーのタッチの感触とか、様々な要素があって、なかなか「この一本!」という楽器が見つからない。なんせ、高い買い物なので、慎重になるのは当然。
そうこうするうちに、ふとボクの担当するバスフルートに目が行った。その中の「コタトフルート」を試奏してみると、これがまた素晴らしい音がする。純国産の低音フルート専門のメーカーがコタトフルート。で、俄然欲しくなってしまい、さらに他のメーカーと吹き比べたが、やはりコタトを越えるものはなかった。
フルートは、ボクのこれからの人生に大きな割合を占めるもの。もちろん自転車やカヌーもあるけど、精神的な充足感を満たす、一番大切なものだ。だから、それに投資することは間違いではないだろう、などと理由を付け、買う決心をした。まさに「ミイラ取りがミイラになった」状態(笑)。
しかし、注文してから一年待ちとのことで、それまで生きてるかどうか分からないが、清水の舞台から飛び降りるつもりで注文書にサインしてきた。
f0156359_22065223.jpg


by ozawa-sh | 2019-05-04 22:07 | Comments(0)