人気ブログランキング |

おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp

音の連結

モイーズが書いた本の中で、一番有名なのが「ソノリテについて」だろう。ボクもこの中の「低音の柔軟性」と「アタックと音の連結」は、練習前に必ずやるようにしている。どちらも面白い練習ではないが、これをやるとその後にやるエチュードや曲が滑らかに吹ける(ような気がする)。今日は高音のFisを基音とした練習だったのだが、フルートで一番出しにくい音がFis。しかも音程が高くなりやすく、音質が薄っぺらになりやすいという、やっかいな音なのである。これを改良したフランス製のフルートもあるらしいが、まだ出回っていない。
曲の中で、いきなりFisで始まると、本当に緊張する。なので、ソノリテのような練習を充分にやって、感覚を掴んでおかねばならない。
f0156359_21455104.jpg

Commented by at 2019-03-04 09:45 x
上手な人がソノリテを吹いていると、美しくてうっとりしてしまいます~
Commented by おざっち at 2019-03-04 22:39 x
鰆さん>コメント、ありがとうございます。ソノリテは、単純な音の羅列ですが、やっぱり上手な人が吹くと違いますね。やはり基礎は大事ってことですね。
by ozawa-sh | 2019-02-27 21:46 | Comments(2)