人気ブログランキング |

おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp

復活

去る1月25日未明、長年連れ添った妻が亡くなりました。手術から約1年5ヶ月、ずっと苦しみ続けていましたが、最後は痛みも無かったのか、眠るように逝きました。享年68歳、まだこれからの人生でしたが、自分の好きなことをやり、たくさんの旅行をし、充分に生き切った人生だったと思います。

葬儀は、本人の希望どうり、パッヘルベルのカノンを流しながらの音楽葬としました。意味の分からないお経を長々と聞かされる葬式より、本人が納得する形の方が、ずっと良いと思いました。ごく近しい者だけが参列し、皆心から泣いてくれました。ボクが死んだときも、是非音楽葬をやってもらいたいと思います。曲は、モーツァルトのフルート四重奏曲第1番(K285)の中のアダージョで。(ユーチューブにリンク 演奏はD.ブリアコフ)

ということで、ここしばらくはフルートを吹く気になれず、このまま辞めてしまうようなことになったらどうしようと思っていたのですが、昨日久しぶりに楽器を組み立て、吹いてみました。うん、やっぱりフルートは楽しい。そして亡き妻も聴いてくれていた曲を奏でることは、なんだかボクも癒される気がしました。

笛吹き日記、またボチボチと更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Commented by のりこ at 2019-02-02 12:40 x
お悔やみ申し上げます。
ずっと大変だったのですね。お辛いと思います。

おざっちさんのことは勝手に人生の先輩と思っております。このような時期に不謹慎かと思いますが、またフルート等活動の様子を拝見できたらと思います。
Commented by おざっち at 2019-02-03 09:26 x
のりこさん>コメント、ありがとうございます。
約一年と5ヶ月でしたが、この間、たくさんの思い出旅行をしました。また生前は、ジムへ行ったり、英会話へ行ったり、美味しいものを食べたり、旅行も数えきれないほどたくさん行きました。たくさんの思い出を胸に、最後の旅立ちをしたと思います。
ボクも元気を出し、前を向いて生きていきます。
by ozawa-sh | 2019-02-01 15:11 | Comments(2)