おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

ケーラーの曲

今日の練習は、ケーラー(E.Köhler)の「二本のフルートのための協奏曲」と、「ロマンチックなエチュード」。前者は、ひょっとして今度の発表会で演奏するかもしれない曲で、難しいところもあるけど、練習すればなんとか吹けそうな感じだ。元は、シューベルトの曲のバリエーションらしい。部分的にちょっと変な感じのメロディーがあり、どう吹いたらいいのか、まだよく把握できていない。
f0156359_22303694.jpg

エチュードの方は、「ぶらんこ」とか「噴水のほとり」とか、各曲に名前が付いていて、その名前にふさわしいメロディーになっている。なので、イメージが掴みやすい。今日はこの中の「人形のワルツ」を練習してみた。曲名どうり、三拍子のワルツになっていて、吹いていて楽しい。エチュードはこうでないとね(笑)。

ケーラーという人は、19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したオーストリアのフルーティストだが、協奏曲、練習曲、教則本など、我々に大変多くの作品を残してくれた恩人と言ってもよい。曲想が豊かで、フルーティストのツボをよく分かっているという気がする。

[PR]
by ozawa-sh | 2018-10-20 22:31 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち