おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

フルートの師匠

ボクが今まで習ってきた先生は、全部で5人。まずは学生時代にフルートを始めた頃に習ったのが、東京芸大の学生さん。もうほぼ半世紀前の話なので、記憶がおぼろになっているが、「プロを目指す人というのは、さすがに上手いなあ」と思ったのを思い出す。でも、演奏家より、音楽教育の指導者を目指すと言っていたので、今頃はどこかの学校の先生になっているかもしれない。

その後京都に就職。市内の「青年の家」で練習しているときに、室内楽団「京都バロックアンサンブル」を結成。オーボエ、ヴァイオリン、チェロ、リコーダー、ピアノ、チェンバロ、クラリネットなどが集まり、さらには指導者にヴァイオリンの故・岩淵龍太郎先生を招いて、盛んに活動していた。しかしその頃はレッスンには通っていなかった。
やがていつかアンサンブルは解散し、ボク自身もフルートから離れていった。

約30年のブランクの後、定年が見え始めた頃に、一念発起してフルートを再開。退職金を目当てに9kフルートに買い替えた(笑)。再開するきっかけとなった動機については、後述しようと思う。
そしてやはりレッスンを受ける必要性を感じ、会社帰りに行ける教室を見つけて通い始めた。しかし、その先生とはわけあって辞めてしまった。

時をおかずに見つけたのは、やはり会社帰りにい行けそうな距離にあった教室。三条JEUGIAに貼ってあったポスターで見つけた。ピッコロが専門の先生で、3年ほど通った。もちろんピッコロもやらされた。レッスンが終わり、京都の暗い街中を歩いて駅へ向かう気分は良いときもあり、モヤモヤするときもあり(笑)。しかし、ボクが会社を定年となり、京都へ行かなくなったこともあってこの先生のレッスンも終わることにした。
フルートアンサンブル「ゼフィル」に入団したのもこの頃。

やがて大津の方で教室を見つけ、パルコ(現・Oh!Me)の中の教室へ。ここでの最初の先生は一年ほどで辞めてしまい、引き継いだ二番目の先生も一年ほどで結婚・妊娠で教室自体が一時期終わってしまった。現在は後任の先生が引き継いだとのことであるが行っていない。

ということで、それぞれの師匠からはたくさんのことを学び、現在に至っている。
さて、これからどうするのか、まだ決めていないが。いずれはまたレッスンに通おうと思っている。まあ、急がず、ゆっくりと決めよう。


今日のお気に入りは、宮前丈明さんの吹くゴーベール「マドリガル」。ボクも発表会で吹いたことがあるが、そのときは宮前さんの演奏を参考にさせてもらった。
(ユーチューブよりリンク)
[PR]
by ozawa-sh | 2018-10-17 09:35 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち