おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

笛吹かず

今日は珍しく、一度もフルートを吹かず。ボクにしては珍しい。
フルートに限らず、楽器の練習というのは結構な時間をとるものです。管楽器は特に、音がちゃんと鳴るまでに時間がかかるし(特に寒い時期は)、指が動くのにも時間がかかります。そこからエチュードをやり、コンサートを控えている場合は、その曲をやりという順番になります。そして終わったら、スワブで管の内部の露をとり、外側の汚れをとって、ケースにしまうという段取りになります。その間、ノドが乾くから水分をとらなくちゃならないし、鼻水を拭こうと思ったらハンカチがなくて階下まで取りに行きーの、、、時間がどんどん過ぎていきます。
なんだかんだで、二時間ぐらいすぐに過ぎてしまいます。なので、今日はそれだけのまとまった時間がとれなかったということです。

その代わり、自転車のトレーニングに出かけました。いや、こちらも実は結構な時間を使うスポーツで、特に冬場は厚着をするために、身に付けるのに時間がかかります。今日のような極寒の日には、ちゃんと防寒していかないとえらい目に会いますから、完璧な装備が求められます。

まあ、ボクの趣味というのは、どれもが半日仕事の時間がかかるものばかりです。カヌーも時々漕ぎに行くのですが、これまた時間食いのスポーツで、装備をパッキングする、ガレージから下ろす、車に載せる、現地に着いたら車から降ろす、装備を身に付ける。漕ぎ終わったら、またかたづけて、車に載せて、ガレージに吊って、洗濯を出して、、、と、とにかく工程がたくさんあります。

そういう意味ではフルートを吹くのは、準備と言っても、フィジカルな面での準備に手間がかかると言えるでしょうか。オーボエやファゴットなんかのダブルリード楽器なんかは、さらにリードを削るという作業も必要なので、大変なようです。

ペーター・ルーカス・グラーフの吹くバッハ、BWV1013。ニコレなんかと同じ流れを汲むドイツ系のフルーティストが吹くフルート!って感じがする(スイス人だけど)。やっぱりフルートはいいな!(ユーチューブにリンク)

[PR]
by ozawa-sh | 2018-02-12 21:29 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち