おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

本二冊

f0156359_23593720.jpg
久しぶりに、県立図書館で本を借りてきた。今日の朝刊の書評欄に載っていた、自転車関連の本を読みたくなり、検索してみると県立図書館だけに蔵書していることが分かった。新聞などに載るとすぐに借りる人がいるから、遅れをとったらいかんと思い、その日のうちに行くことにした次第。
本はすぐに見つかり、脇にかかえてついでに音楽関係の本も借りることにした。目にとまったのが、この二冊。
山本直純著の「オーケストラがやって来た」と、宮本文昭著の「オーボエとの時間」

二冊とも、パラパラとめくって少し読んでみると面白そうだった。
宮本さんは、もちろん有名なオーボエ奏者だが、そんな彼でも失敗談に枚挙のいとまが無かったそうで、テンポを倍で吹いてしまった話、長い休符の後で自分が入る場所を間違えてしまった話など、一流のプロでもこういう失敗はするものだと知って安堵する。
ボクは、生まれ変わってもし楽器をやるなら、迷わずオーボエをやりたい。どこか悲しげでしかもコミカルな音色が、とっても好きだ。なので、生まれ変わる準備として、オーボエのことには興味がある(笑)。

一方、直純さんの本には、とかく高尚だと思われがちなクラシックの世界のことが、分かりやすく面白く書かれていて、飽きずに読めそうである。昔、「題名のない音楽会」で、指揮台の上で踊るようにして指揮をしていた直純さんを思い出す。クラシックを身近なものにしようとした人だったと思う。

今日も、フルートを吹いた。基礎練をやってから、レッスンの課題曲であるアンデルセン、そしてチマローザの「二本のフルートのための協奏曲」(ランパルと工藤重典の演奏をユーチューブよりリンク)の練習。アンデルセンの方は、高音「ソ」と「ソ♯」が交互に速いテンポで出てくるところがどうしても吹けない。左手小指がからむ音が、どうも苦手である。
チマローザの方は、モーツァルト風の軽快な曲で、ピアノと合わせるのが楽しみである。

[PR]
by ozawa-sh | 2018-02-12 00:02 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち