人気ブログランキング |

おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp

横峰峠

以前から気になっていたこの峠、「横峰峠」。ボクの住む石山から京都の醍醐へ抜ける途中にある峠で、峠の名前もなにか奥ゆかしいのがいい。峠までは舗装路なのだが、そこから醍醐寺へ抜ける区間がどうやらオフロードらしく、しかもかなりガレガレの道らしい。
f0156359_2124794.jpg


今日は天気も良く、時間があったので、思いついて行ってみることにした。ほとんど車が通らない団地の裏から伸びていく道を行くと、左へ入っていく峠道が現れる。これが延々と続く横峰峠への上りの始まりで、府道782号線だ。さて頑張ろうと思ってギアを落としたところへ、上から女性サイクリストが下りてきた。「宇治から来たんですけど、国分へはこの道でいいんでしょうか?」とのこと。「はい、このまま真っ直ぐ行けば出られますよ」と教えてあげた。
f0156359_2155037.jpg

f0156359_2161284.jpg


薄日の射す道をゆっくりと走っていく。今日は気温が高く、春の霞がかかったぼんやりした陽気である。大きくカーブした分岐道を上がっていく。やがて清瀧宮が左手に見える。こんな山の中に!と思わせる場所にある。
f0156359_21111719.jpg


しかしここで道を間違えてしまい、本当は右への分岐を行かねばならないところを、そのまま真っ直ぐ行ってしまったのだ。一気に下り、T字路へ。西笠取とある。なんだか変だなあと思ったのだが、今の道を引き返すのは大変なので、止まっていた軽トラのおじさんに道を尋ねてみた。すると清瀧宮のY字路を右へ行かねばならないことが判明。しかし、この道を行っても合流するということでホッとした。
f0156359_213525.jpg


やがて「京都国際CC」の看板が出てきて、そちらへ行く。どんどん上って行く。対面の山が霞んでいる。しばし上ること1時間、やっとこさ横峰峠に出た。あれっ、ここは以前来たことがあるなあ。京都のMTBクラブの人に連れてきてもらったことがあるのを思い出した。
f0156359_2142572.jpg


ここからオフロードに入るわけだが、なんとこの荒れた道も府道なのである。もちろん車もモーターバイクも走れない。ここで昼食とした。コンビニで買ったオニギリをほおばる。峠にはお地蔵さんがあり、屋根のあるお堂に大事にまつられている。

オフロードを走り始める。下り基調の快適な林道。しかしやがて勾配がきつくなり、しかもガレガレの道になってきた。交換したばかりのシマノXTのブレーキを効かせながら慎重に下っていく。マグラに負けないくらいの効き味で、とても快適だ。交換してよかった。
道を選びながらつづら折れの山道を下っていく。MTBをやっていて良かったと思える瞬間だ。しかし途中、さらに勾配がきつくなり、思わず足を着いて歩いてしまった。次回は乗ったまま下りてみよう。
f0156359_215222.jpg


30分ほど経つと、勾配がゆるくなり、醍醐寺の横に出てきた。思わず、「よっしゃ~!」と声が出る。長年あこがれた道を制覇したという思いだ。醍醐寺の境内を走り、山門から出る。大田垣蓮月の碑があった。
その後、醍醐道を走り、山科川に沿った道を走れば旧三条通りに出る。ここまで来たらもう目をつぶっても家に帰れる。背後には今越えてきた醍醐山が霞んでいた。
f0156359_2164712.jpg

f0156359_2174864.jpg


今日は、新しいルートを開拓したという思いで満足な一日となった。
f0156359_2181836.jpg

↑ 醍醐寺の少し先には、「随心院」が

調べていたら、このオフロードを走った人の動画がありましたので、貼っておきます。

by ozawa-sh | 2016-02-28 21:09 | Comments(0)