おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

牛玉さん

f0156359_211626100.jpg

午後からゼフィル練があるので、午前中はノルディックに行った。時間もあまり無かったので、ショートコース、約一時間弱の距離である。耳にはi-podを付け、今日はランパルと工藤のデュオを聞きながら歩く。東海自然歩道の角々には、昔ながらの石柱が立っている。
f0156359_2171350.jpg

↑ 「天明」(1781~1789)に立てられた石柱。天明と言えば、「天明の大飢饉」で知られる。一説によると、この年は、アイスランドなどで大規模な火山の噴火があり、成層圏まで昇った噴煙が世界的な冷夏をもたらしたと言われている。フランス革命も、この冷夏が遠因になったと言われているとか。
f0156359_2173424.jpg

↑ こちらは「天保」(1830~1843)と記された石柱。水野忠邦にによる「天保の改革」があった。幕府の財政を立て直すため、贅沢を引き締めたらしく、歌舞伎などにその矛先が向かった。しかし、吉原はお咎め無しだったとか。なんでやねん?

さて、石山寺山門に差し掛かると、今日は「牛玉さん」をやっていた。牛玉と書いて「ごおう」と読むのだが、サンスクリットで牛のことを「ゴー」と呼ぶところから来ているらしい。20軒ほどのテントが立ち並び、たくさんの人がたかっていた。ボクもポールを畳み、しばし各お店をひやかして回った。怪しげな骨董とか、古着、たくさんの着物、地元産の野菜など、見ているだけで楽しく、思わず時間をつぶしてしまった。
この市は、昔から行われていたらしいが、明治になって立ち消え、戦後しばらく経ってから復活したもの。協会では、さらに店舗数を増やし、石山寺参詣との相乗効果を目指しているようだ。
f0156359_21171246.jpg
f0156359_2117542.jpg
f0156359_21165747.jpg

↑ 奥に並べた尺八。吹いてみたが、スカ~と言っただけだった。鳴らすのなんて簡単だと思ってた。安物だと思って値段を聞いたら、一本一万円以上だった。
f0156359_21164880.jpg

[PR]
by ozawa-sh | 2014-01-18 21:17 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち