おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

ポルトガル旅行記 最終回

ポルトガルのホテル事情について、体験を含めて書いておきます。ひょっとして、この記事を読み、「行ってみようかな!?」なんて思った奇特な人がいるかもしれないので。
全体に非常に安いです。特にペンションは、ひと部屋で30ユーロ(4200円くらい)で朝食付きと、日本では考えられない安さ。ドイツよりずっと安かったです。ただし、このブログでも書いてきたように、風呂やトイレなど、水回りに関しては毎回苦労することが多く、テレビが映るとかも含めてパーフェクトな宿はひとつだけだったというのが現状でした。例えば、熱い湯が出ない。チョロチョロとしか出ない。トイレの水が溜まるまで長時間かかる。バスタブの栓が無い。などなど、そのたびに対応を迫られました。
また、最近はメールでしか受け付けないホテルも多く、行き当たりばったりの旅をするなら、これからはPCが必携と思われます。ただし、インフォメーションに行けば宿をとってくれるし、ホテルに直接行って交渉することはできます。オフシーズンなら、必ず空き部屋があります。また部屋はどこも清潔です。

さあ、いよいよポルトガルを離れ、帰国の途につくことになりました。が、が、ここでとんでもないことがぁ!


ポルトガル最終日。フライトまでに時間があったので、リスボン大学にある植物園へ行くことにした。朝食を食べ、部屋に戻ってさて歯磨きをしようと思ったら、水が出ない。仕方なく、ベッドメイクしている最中の部屋へ行って口をすすいだ。ん~、どうしたのかな~!?と思っていると、しばらくしてゴボゴボという感じで出てきた。な、なんなんだ!?

地図を見ながら植物園へ行く。チケットを買おうとしたら、「今日は無料です」ということでラッキー。園内は主に亜熱帯植物が植えてあり、都会のオアシスといった感じ。さらに「エストレーラ聖堂」を見、市電28番に沿って歩いて帰った。この電車だけはもう乗らないぞ(笑)。

ホテルをチェックアウトし、昼食にシーフードパエリアを食べた。エアロポルトまでタクシーで行く。eチケットを見せて、搭乗券と交換してもらおうとすると、職員が信じられないことを言った。
「今日は、イスタンブールから関空までのフライトが無くなりました」
えっ、今なんて言った!?
「無くなりました」
そ、それってどういうこと!?
「はい、飛びません。なので、当社でホテルを用意いたしますが、リスボンがいいですか、イスタンブールがいいですか?」
リスボンがいいか、イスタンブールがいいか、って言われてもなあ。でも飛ばなきゃ仕方ないな。
ということで、最後の最後で大どんでん返し~!!! 少しでも我が愛するニッポンに近づくため、とりあえずイスタンブールまで行くことに決定。もうトルコ航空なんて、トルコ航空なんて~!
f0156359_19444380.jpg

というわけで、とりあえずイスタンブール着。到着したら、トルコ航空職員がホテル案内所まで案内してくれるのかと思いきや、自分で探すことになった。だだっ広い空港なので、聞きまくってようやく探しだし、手続きをした。しばし待つと、バスが来て我々をホテルまで連れていってくれた。空港からすぐのところで便利。皮肉にもこの旅の中で一番良いホテルだった(笑)。いくら良いホテルでも、泊まりたくね~んだよ~!!とじたばたしても仕方ない。明日は夜10時のフライトなので、日中はヒマ。しかし、まさかイスタンブールで一日を過ごすなんて思っていなかったので、ガイドブックも無い。なのでツアーに申し込むことにした。転んでもタダでは起きないのである(笑)。
飛んでイスタンブール♪ なんて歌があったけど、ほんとは、飛んでほしかったよな~(笑)。
f0156359_1945780.jpg

翌日ロビーで待っていると、ツアーの車が来た。髪を後でたばねた、なかなかイケメンの兄ちゃんだ。途中で大きなバスに乗り換え、まずはサルタンの住んでいた、とにかくすごい宮殿へ行った。アジアとヨーロッパの境界となるボスポラス海峡に面した宮殿で、広大な敷地に作られた壮大な建築であった。285の部屋を持ち、46ものホールがあるのだが、そのいずれもが大理石で覆われ、超豪華なシャンデリアが下がっている。
f0156359_1945432.jpg
f0156359_1945356.jpg

その後、ボスポラス海峡を渡り、丘を登ったレストランで休憩。同乗したカナダ人と同席し、しばしお茶を飲んでしゃべった。
イスタンブール市内へ戻る途中、すごい渋滞で、飛行機に間に合うだろうかとハラハラした。
f0156359_19495048.jpg

夜零時半、関空行きの飛行機は無事離陸した。小さくなっていくイスタンブールの街の灯。たくさんの思い出を残してくれた今回の旅は、良くも悪くも、本当に印象深いものだった。「ヨーロッパの田舎」などと揶揄されるポルトガルだが、確かに田舎かもしれないが、古い歴史があり、ボクの目から見ると、とても魅力的な国に見えた。スペインやイタリアもいいけど、ポルトガルも負けてはいない。え、またポルトガルへ行きたいかって!? まあ、機会があればね。、、、って、どうなんだよ~!?
[PR]
Commented by タッチャン at 2013-11-20 00:16 x
私も生まれて初めてヨーロッパへ行き、帰国のためにローマの空港でチェックインしたら、今日は飛びませんと言われましたよ!
Commented by おざっち at 2013-11-20 08:51 x
タッチャン>へ~、そうだったんですね。今回はやはりちゃんとリコンファームするべきでした。その時点で分かったハズですから。でもまあ、こういう経験も海外旅行の醍醐味かな~(笑)
by ozawa-sh | 2013-11-19 19:49 | Comments(2)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち