おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

レッスン

今日は石山朝練の日だが、5時ぐらいに目が覚めて外を見ると、細かい雨が降っていた。中止とのことで、二度寝。

仕事が超忙しい一日だったが、なんとかやっつけてフルートのレッスンへ。会社から歩いて10分ほどの場所なので、ちょうどいい距離だ。
丁度女性がレッスンの最中だった。終了し、楽器をかたづける彼女と少し話をした。
「高校生ですか?」
「小学生です。」
「ええ~!?小学生!?」
ビックリするほど背が高い。母親が迎えに来て、一緒に帰っていった。

で、ボクのレッスンの番。まずはロングトーンの音出し。最初は落ち着かない音も、しばらくすると安定し、良く鳴ってくる。この時間が大切。
次はアンデルセンのエチュードをやる。一通り吹いたところで、先生のコメント。
「良く吹けてますが、実際の速さはもっと早いですから、次回はテンポを上げて吹いてみましょう」、、そうか、実際は126なのに、90ぐらいで吹いてるもんな~。

次はシューマンの「3つのロマンス」。
「もっとビブラートをかけて、表情豊かに!」
「はい!」
というわけで感情を込めて吹いてみたが、まだまだとのことで、次回にはもっと起伏のある表現をしなくてはならない。指は簡単だけど、表情が難しい。
どんな情景を思い浮かべて吹いたらいいのかな~?
[PR]
by ozawa-sh | 2011-10-06 21:47 | Comments(0)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち