おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

マグナムトリオ

テレビで「鳥人間コンテスト」を見ていたので、ブログのアップが遅くなりました。
ハイ、27年前にボクも飛びました。10mの舞台の上で、桂三枝、浅野ゆう子としゃべりました。

三枝「一輪車で飛びますか!?」
ボク「飛びます!」
三枝「、、、分かりました。いってらっしゃ~い!」

下を覗くと、水面にはダイバーが待機し、「こっちこっち」と着水ポイントへ手招きしてました。予想以上の高さに、思わずクラクラとしました。
ピエロの衣装を着、一輪車を漕いで思い切って飛び出しました。
やけに長かった飛んでる間の時間。足から落ちたハズが、途中でグラリと傾いたような気が。
~~~ドボン!!
かなり潜りました。が、腕をつかまれて水面へ。ホッとしました。
「ただ今の記録、、、、マイナス1メートル」
33歳の夏は終わりました。


今日は日本フルートコンベンションの初日。仕事を半休し、絶対に聞きたかったマグナムトリオのコンサートへとびわ湖ホールへ行く。膳所駅から歩いて15分で到着。まだ時間があったので、ピアザ淡海のメーカーブースへ。遠くからにぎやかな音が聞こえてきた。展示場へ入ってみると、若い女性ばかりがわんさか。音大の学生さんかな。ここでゼフィルのMさんに遭遇。
色々なフルートを試し吹きしてみた。1000万円近い楽器はちょっと手が震える。グラナディラの木製フルートは、柔らかい音色がいい。面白かったのは、プラスティック製。どうせおもちゃのような音だろうと吹いてみたが、これがなんとなかなかのもの。特にピッコロはプロがオケで使っている例もあるのだとか。値段も格安。
f0156359_22124217.jpg

さて、びわ湖ホールへ戻り、今を時めく「マグナムトリオ」を聞く。今日はこのためだけに仕事を早引きしたのだ。
彼らのブログでだいたいのことは知っていたが、生で聞くのは初めて。とにかくすごいと評判だ。
舞台が暗くなり背景が赤いグラデーションの照明となる。そこへ3名がカンフーの衣装で登場。色々なパフォーマンスをしながら、中国の笛のような「ベーベー」とした感じで吹く。どうやって吹いてるんだろう?さらには頭部管だけで吹いたり、足部管だけで吹いたり、もう自由自在。
次は、サルのぬいぐるみで登場。台の上に並べたたくさんの笛で次々にパフォーマンス。マイクを手にとり、歌も歌う。場内は笑いの渦。こんなフルートのコンサートは初めてだ。こんな人たちがクラシックのコンクールで優勝していたりする。
とにかく、普通のフルートの音は出てこないが、時折キラリと本来の音が飛んでくる時は、すばらしい音色。面白おかしくやっているように見えても、根底には高度の技術を持ったトリオだ。人気が出るハズだと思った。

明日、明後日もあるんだが、ボクは明後日の一日券を買ってある。高いチケットだったが、一流の演奏が次々に、しかしプログラムが重なっているので、どれを聞こうか、頭が痛い。
[PR]
Commented by すとん at 2011-08-20 10:12 x
 普段はなかなかコメントが付けられず、申し訳なく思ってます。

>ただ今の記録、、、、マイナス1メートル

 え? マイナス1メートルって何? 思わず吹き出しちゃいました。これって、スタートして、飛んでいるうちに、後退したって事? 前に飛び出したはずなのに、後ろに行くって…風にでも流されたの?

 プラスティックのフルートって、よかったでしょ。軽いし、音色も柔らかいし、ピッコロどころか、フルートもプロがオケで使っているのを見た事ありますよ。音域の両端だと音が出しづらいものもあるみたいなので、しっかり選定すれば、いい楽器に出会えるかもしれません。実は私、狙ってます。良い楽器と出会ったら衝動買いするつもりマンマンなんですが、なかなかベストな楽器に出会えません(笑)。

>中国の笛のような「ベーベー」とした感じで吹く。

 たぶん、Bee管使っているだと思いますよ。フルートの頭部管に小細工をすると、オーボエのような音が出るんですよ。きっとそれでしょう。だから、テクニックで出せる音ではなく、改造手術で出す音だと思いますよ。

Commented by おざっち at 2011-08-20 11:52 x
すとんさん>こんにちわ。
ボクのブログはアウトドア中心の話題ですので、音楽の話題の時には、よければコメントをいただければうれしく思います。

さて、鳥人間大会ですが、あの当時は距離だけを競う「シリアス部門」というのと、笑わせてなんぼの「コミカル部門」という、2つに分かれてまして、ボクは後者に出たわけです。マイナス1メートルというのは、一輪車が上から降ってくるのが恐かったので、無意識に落ちる時に台側へ押したからだと思います。

プラスティックのフルートですが、低音側がやや鳴りにくいのを除けば、十分よく鳴ってくれました。持ったときの重量が軽く、なんとなく変な感じがしましたが。
あの値段であのパフォーマンスなら「買い」じゃないでしょうか。

ベーベーですが、、そうですかBee管という楽器なんですね。頭部管にリード状のなにかを付けるのでしょうか。調べてみます。
あ、歌口だけが移動する頭部管もありましたよ。弦楽器のグリッサンドのような効果が出せるんですね。
まあ、とにかく、今までにはなかった集団が登場してきましたね。
by ozawa-sh | 2011-08-19 22:12 | Comments(2)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち