人気ブログランキング |

おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp

大分へ!

f0156359_21245850.jpg
少し早めの夏休みは、九州大分の旅。阪急トラピックスで見つけた3万円ポッキリの格安ツアー、3泊4日。聞いてビックリ、なんとこの値段には「新幹線往復」「レンタカー」「宿」が含まれている。しかもこの別府のホテルには朝食だけでなく、初日には豪華(ちょっとだけ)な夕食も付いているという信じられない安さ。これは行かない手はない。
今回はストラーダから独立し、大分市内に「Allways」という自転車ショップを出した、大ちゃんのお店に寄る、という目的もあった。あわよくば自転車を借りて、国東半島をグルッと回ってみたいなと思っていたが、この暑さではな~。

(初日)
f0156359_2126998.jpg

早朝の新幹線のぞみに乗り、朝9時半に小倉駅に降り立った。駅前のスカイレンタカーで北九州ナンバーのヴィッツを借り、ナビをセットして出発!ひたすら南下し、まずは「日田」の町を目指した。
f0156359_21274265.jpg

日田はその昔幕府の直轄地だったところで、「天領日田」と呼ばれたとか。
車を降り、町を散策する。電柱を地下に埋め、レトロな町並みが再現されている。道が微妙に曲がっていたり、軒並みが低くなまこ壁が続いていたり、ノスタルジーをかき立てずにはおかない。
f0156359_2128378.jpg

酒蔵に入ると、受付のおばちゃんが「カメラで撮ったげるから、ここに立ってみんしゃい」と、頼んでもいないのに写真を撮ってくれる、これで終わりと思いきや、「あ、あっちのノレンのかかっとるところでもう一枚」などと、サービス精神旺盛。この旅を通じて、地元の人がこういう感じで接してくれる場面が多々あり、九州人の熱い性格に触れた思いだった。
f0156359_2129192.jpg


大分道で別府へ。別府市の入口、鉄輪(かんなわ)温泉を通過すると、あちこちから蒸気が噴出しているのが見え、いよいよ湯の街へやってきたと思った。宿は、日韓共催のサッカーワールドカップの時にイタリアチームが宿泊したとかで、壁にはチームジャージやトゥッティなどの有名選手の写真がベタベタと貼られてあった。しかしその割には少し古びたホテルで、せっかくの温泉もいまいちだった。

(二日目)
f0156359_21335975.jpg

翌日、大分市内へ大ちゃんの店へ。別府湾の広い風景の中を走る。途中サルで有名な、高崎山の下を通過。ここには新しい水族館「うみたまご」があり、帰りに寄っていくことにした。新しいだけあって、大人でも楽しめる施設が満載。行った時は、ちょうどアザラシの演技をやっており、これがかなり楽しめる。思った以上の知能にビックリだ。
で、今回の旅の第一目的、大ちゃんのお店へ大分市内へと入っていく。さすが県庁所在地、交通量が多くて運転には気を使う。ナビのおかげですんなりと見つけることができた。ちょうど信号の角に店があり、車も数台置ける。我々の車を見つけ、大ちゃんがお迎えしてくれた。久しぶりの再会。早速こぢんまりとした店内へ。まだアイテム数は少ないが、なかなかよくまとまったディスプレイがしてあった。しばらく積もる話しをし、お客さんも入ってきたので、握手し、おいとますることにした。この地で根を生やし、がんばってほしいものである。
うみたまごに寄り、別府の宿へ。別府というのは、神戸のように、海に沿って横に伸びたかなり大きな街だ。前に海、後には山、その間には温泉、、、と居心地の良さそうな街である。もちろん「地獄巡り」も。
f0156359_21364387.jpg

f0156359_21373613.jpg

↑電話に出て「ハイ、こちら地獄組合です!」って言うのかな!?

(三日目)
f0156359_21391081.jpg

さ~てどこ行こう?、、、やはり由布院へ行かねばならぬ!というわけで、途中「鶴見岳」というロープウェイのある山に登り、由布院へ走る。由布院は「湯布院」と標記する場合もあって混乱するが、正式には「由布院」なんだとか。山に近い地区を「湯布院」と言っているようだ。駅の近くに車を停め、「金鱗湖」へとテクテクと歩き出す。すると人力車のお兄さんにつかまってしまい、「まあ一度体験してみるかぁ~」と思い、ショートコースを頼んでみた。しかし車夫の山城君という真っ黒に日焼けした青年はサービス精神満点(まあ商売柄だからね)。ほんの短い距離をあちこちで停まり、写真を撮ったり美味しいレストランを教えてくれたり、その他色々な情報を教えてくれる。人力車というのは、目線が高く、なかなか快適な乗物だということに認識新た。
f0156359_21393790.jpg

さて、由布院というのは、城崎などの湯煙情緒の場所とは異なり、ちょっと信州の清里風、若い女の子がキャピキャピしちゃう場所であった。土産物屋におしゃれな小物屋、小さな美術館など、おじさんもキャピキャピしたのであった。そんな中で、繁華街からはずれた田園風景の中に立つと、眼前には雄大な由布岳がドドド~ンとそびえている。そしてフラッと立ち寄った露天は、とても素敵な岩組みの風呂で、だ~れも入っておらず、ひとり静かに温泉を楽しむことができた。さらに、町角には木立で囲まれた足湯などもあり、人気のある温泉の理由がよく分かった。
f0156359_21403411.jpg

f0156359_2141121.jpg

↑末田美術館にて

(四日目 最終日)
f0156359_21424145.jpg

20時までに小倉駅前へレンタカーを返しに行かねばならない。で、国東半島の付け根にある「杵築(きつき)」という城下町を訪れることにした。今までまったく知らなかった町だが、古い町並みがそのまま残っている。町のボランティアガイドに付いて武家屋敷を見学する。ガイドさん達も皆サービス精神満点だ。
f0156359_2143578.jpg

夏のシーンとした土塀の続く町を歩く。日差しがきつく、ボクは日傘をさして歩いた。ちなみに、女性ばかりが日傘をさす習慣があるが、男性も堂々とさした方がいい。これは体感温度が全然違う。
町の一画に、「きつき衆楽観」という演芸場があり、ここで田舎芝居を見ることにした。食堂のおねえちゃんが「桃太郎が最高!」と言っていたので、楽しみにして行った。正面にはノボリが立ち、建物も酒蔵を改装したものだとか。雰囲気タップリである。中に入ると、まさに大衆演劇の世界が広がっていた。地元の年寄りが座布団の上に座り、お茶を飲みながら開演を待つ。やがて大音響のメロディーとともに左右に幕が開くと、白粉を塗った人気役者の筑紫桃太郎が登場、義理人情の世界をべったりと演技する。客席からは盛んにかけ声がかかる。劇の内容はめちゃくちゃベタなものだが、ハンカチを目に当てている人までいた。
f0156359_2144312.jpg

芝居小屋から出ると、京都の一保堂のような古いお茶屋があり、一服。杵築の良さがじんわり浸みてくる感じだった。その後、15代続くという医者の名家を見学。ここのガイドの女性もとことん説明してくれるので、レンタカーを返す時間が気になって仕方がない。だけど「もう一泊してゆっくりみたいなあ」と思うほど良い町だった。
国東半島を縦断するように国道10号線を走り、ギリギリ小倉に到着。買い込んだ弁当を掻き込んで「のぞみ」に飛び乗った。

今回の九州の旅。温泉、小京都、 人、味(鳥ばかり食ってました)、すべて良し!なんだかまた行きたくなってきたぞ。
あ、ちなみにトップの露店風呂の写真は、セルフタイマーで撮りました。岩の上にセットし、慌てて風呂の中へドブン!だ~れもいなかったのでできた。
Commented by onono at 2011-07-11 22:13 x
悠々自適な生活を堪能されていますね。普通、3万円で大分を楽しめませんよ(笑)。
ダイチャンも元気でなによりです。
私は健康診断の数値が悪く、もしかしたらドクターストップで朝練は当分の間、中止かも・・・。担当医に詳しく聞いてみます。
Commented by ozawa-sh at 2011-07-11 22:40
ononoさん>そうですよねえ、新幹線だけでも往復3万はいっちゃうのでは? どこが儲けになってるのか、知りたいものです。

大ちゃん、元気でしたよ。早くも少しだけ大分弁が混ざってたりして。地元に溶け込むのも時間の問題でしょう。常連さんらしき人も出入りしていたので、地元のプロショップとしてやっていけるのでは、と思いました。

朝練、無理しない範囲でやっていきましょう。
通風、早く治るといいですね。
Commented by エミコ at 2011-07-12 12:55 x
大分県楽しそうですね!
私も行ってみようかな?
今、ドーハ国際空港でブログみてます♪
世の中便利な世界になったものですね〜!
これからミラノへGoo(^▽^)o
今夜はドウオモ大聖堂横のカフェでイタリアンで乾杯です♬
Commented by ママチャリライダー at 2011-07-12 16:39 x
いやぁ、安い!普通に新幹線往復するよりも安い!
九州は食べ物美味しいし、温泉はエエし、新幹線で便利になったから又行ってみたくなりました。
我々リタイア組は日程の自由度が増してるから、うまくツアーを利用すれば良い旅が出来そうですね。
最初の「つかみ」のお写真は、なるほどね。
Commented by ozawa-sh at 2011-07-12 20:32
エミコさん>え!? ドーハって、あのドーハですね!
ヨーロッパ旅行、楽しんできてください! スイスも行くんですよね。土産話を楽しみにしています。
Commented by ozawa-sh at 2011-07-12 20:36
ママチャリライダーさん>ウチの旅行センターのスペシャリストに、この安さのからくりを訊いてみました。よく分からなかったのですが、要は代理店がまとめ買いをすることで、その数を埋めるために、こういった現象が起こるそうです。
レール&レンタカーの旅は、なかなか使い勝手がいいですよ。
Commented by だいすけ at 2011-07-15 21:22 x
おざっちさん、遥々のご来店ありがとうございました!
今度は是非、自転車で一緒に走りましょう。絶品ルート&トレイル探しておきますので、みなさん一緒にいらしてください。
滋賀にもまた遊びに行きますね~!
Commented by ozawa-sh at 2011-07-15 21:59
大ちゃん>なかなか良いロケーションに店があり、お客さんが立ち寄りやすいと思いました。
大分、今回の旅で大いに気に入りましたよ。
今度は大ちゃんの案内で走りたいと思います。
by ozawa-sh | 2011-07-11 21:30 | Comments(8)