おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

京都市内に、以前からずっと気になっていたエリアがある。それは烏丸・今出川の北西あたり。ここには「裏千家」「表千家」「武者小路千家」「茶道資料館」「樂美術館」「京菓子資料館」等々、日本の喫茶文化を代表するスポットが、狭い場所に目白押しなんである。元々茶道なんてまったく興味のないボクである。お茶を飲むのに、なぜそんなに形式ばったことをせねばならないのか、全く理解できない。しかし、茶道に代表されるように、「和の美」といえば茶道を抜きにしては語れないところを見ると、きっとなにかがあるのだろう。そのルーツの地を訪れることで、認識を新たにしようと思い、行くことにした。


午前中はたっぷりとフルートの練習をし、家を13時頃に出た。天気がいまいちの曇りで雨の心配もあったが、体が走りたがっている。京都市内まで行くので、ロードの選択肢もあったが、しばらくMTBに乗っていなかったので、鴨川河川敷をコースに入れてオフロードの感触を楽しむことにした。そういえば、王滝のレースも近づいている。小関越えから山科疎水べりを行く。さらに九条山を越え、蹴上、平安神宮を過ぎてホテルフジタのところから鴨川公園に入る。天気のせいか、連休中にしては人が少ない。出町柳のところから今出川通へ入り、御所の玉砂利を蹴散らして(笑)西へ走る。烏丸通を横切って上御霊前通の細い道を行く。「京都は碁盤の目のよう」、と言うが、実はそうでもないところもあり、少し迷って着いたところが各千家の立ち並ぶ「小川通」だ。まずは「裏千家」の門前へ。公開されていないのが残念であるが、濃い緑の通路が少し見える門が、なんともシブイ。
f0156359_21464343.jpg

そして「本法寺」との間に挟まれた、この界隈の静けさはどうだ。
f0156359_2148792.jpg



裏千家のすぐ南に「表千家」、そして本法寺の中に「茶道資料館」があるのだが、閉まっていたのが残念だった。さらに南下すると「樂美術館」がある。これまたシブイ雰囲気の建物。さっそくバイクをチェーンでロックして入館してみることにした。
f0156359_21484851.jpg

楽焼は400年の歴史があり、桃山時代に朝鮮から帰化した阿米夜(あめや)という人が創始とのこと。その子長次郎が千利休の指導のもとに手びねりで、侘び茶のための茶碗を制作したのがルーツと言われている。以来茶の湯に楽茶碗は欠かせないものとなっているのだとか、、。ウーム、全然知らなかったなあ。


うす暗い展示室。ガラスの向こうに、各代の楽焼が控えめなスポットライトを浴びて静まっている。茶道もそうだが、ボクはどうも陶芸というものもイマイチ興味がなく、そこいらで売っている100円の陶器と、値段の付けられないような陶器を並べられて、「さて、どっちが高い?」と言われても、よく分からないのである。だが、そんなボクでも、ここに展示された茶碗は、「確かにいい!」と思わせる存在感を漂わせていた(ような気がする)。「○○が若い頃の作品で、ふっくらとした曲線に若さが表れている」とか、「窯変した灰色の景色に、円熟の境地が表れている」などと解説してあり、「ムムム。。」とか「ヌヌヌ。。」と感嘆するばかりであった。さらに南下すれば「大西清右衛門美術館」というのがあり、ここは茶釜を作っていた家系なんである。また近くの町角には、さりげなく「本阿弥光悦の屋敷跡」などという石碑も立っていた。
f0156359_21494395.jpg



ということで、ゴールデンウィーク最終日は、なんとも知的で素敵な古都の休日を過ごしたおざっちであった。
[PR]
Commented by ママチャリライダー at 2009-05-08 08:59 x
知的で素敵な古都の休日

ここは、突っ込みポイントですね!
体だけじゃなくて脳も回遊させているぞ!Hahaha
I missed to listen to your fluting.
Commented by かわSM at 2009-05-08 12:45 x
ぼくは『上七軒』に興味があります。
Commented by おざっち at 2009-05-08 22:43 x
ママチャリライダーさん>先日はエドワード夫妻との楽しいバーベキューをありがとうございました。酔った頭で英会話というのも、なかなかきついものがありますね。フルートはまたいずれ聞いてください。「おざっち定年退職記念リサイタル」なんてのを考えているのですが。
Commented by おざっち at 2009-05-08 22:44 x
かわSMさん>おおっと、珍しい人が来訪してくれました。
で、「上七軒」にはナニがあるのだろう?ラーメン屋の激戦区?
Commented by じゃねっと at 2009-05-08 23:40 x
上七軒にはきれいドコロがいらっしゃいますよ♪
いいなあ~京都はほんとすばらしいですねえ。そのお茶な界隈行ったことないです。ぜひいつか行ってみたいわ~ワタシもチャリで♪
Commented by maka at 2009-05-09 16:33 x
動から静の世界へ~このアンバランスな関係がきっとおざっちさんの脳細胞を刺激して、若々しくさせているのでしょうね。このあたりは、茶道を勉強しているわたしには、行ってみたいところです。
やっぱり、京都はいいなあ~~羨ましいですよ。
Commented by おざっち at 2009-05-09 19:55 x
じゃねっと>そうかあ、上七軒にはゲイシャがおるわけですね。まだまだ勉強不足やなあ。「京都検定」にチャレンジしようかな。

makaさん>また京都の良い季節においでください。待ってますよ!
by ozawa-sh | 2009-05-06 21:52 | Comments(7)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち