おざっちの笛吹き日記

ozatti.exblog.jp
ブログトップ

伊吹山ヒルクライムレース

今日は「パナソニック伊吹山ヒルクライムレース」の日。一週間前の予報では雨だったのだが、フタを開けてみると、快晴となり、絶好の「ヒルクライム日より」となった。昨年は雪が多く、ゴールが途中の駐車場に短縮されたのだが、今年はお花畑直下の頂上まで上れるという。予想では1時間ちょっとだと思ったが、さてどうなることやら。最近はヒルクライムの調子が良く、目一杯漕いでみようと思った。(結果は、1時間10分04秒 6位/54人 トップとちょうど10分差)


朝5時半、ストラーダ集合。猫バスにて「関ヶ原」を目指す。すでにたくさんの車が集まっており、ローラー台でアップしている人達も。ボクは11時過ぎにスタートなので、かなり時間があった。それでも受け付けを先に済ませようとテントへ行くと、なにやらもめている。他のカテゴリーはすでに受け付けが始まっているのに、50歳以上の部だけまだだったのだ。「早く受け付けして、アップしたいし、みんなこうして並んでいるんやから、臨機応変に受け付けしたらええやないか!」とおじさん代表。係りの人はとまどいながら、「いや、受け付けは9時半からなんで、、」と。でも、ボクらは仲間との都合などもあるし、早く受け付けを済ませたい。、、、で、押し問答の末、早くやってもらえることに。


車に帰り、ゼッケンやタグを付け、準備完了。頂上まで荷物を運んでもらえるので、冬用のジャケットを袋に詰め込んだ。天気はどんどん良くなるが、頂上は寒いはず。しかし、今日はヒノキ花粉が舞っているせいか、クシャミがすごく出る。オニギリを食べ、すこし車内でウトウトする。時間になり、伊吹山ドライブウェイのスタート地点まで移動する。約3000人くらいの人がいるのだろうか、とにかく長い列。道行く車も「なんや、なんや!?」という感じだ。


スタート地点に行くと、イワシマンも応援に来ていた。写真は右イワシマン、左テンチョー。
f0156359_2135356.jpg

彼とはチェンライの大会が縁で、あちこちのレース会場で会う。やがてスタートが近づき、前方へ移動する。これから約1時間の難行苦行が始まるかと思うと、不安なような、ワクワクするような、、。クリートをはめ、坂を上り出す。すぐに先頭に立ってしまった。なんだか調子いいぞ。でも、すぐフカッチに抜かれてしまい、以後彼の姿は見かけることがなかった。


コーナーで加速しながら高みを目指す。あまり飛ばさないよう、スタミナを温存して行く。しかし、きつい坂ではもう一枚ギアが欲しくなる。無意識に右のレバーを押すが、もう残りはない。それでもどんどん前から来る選手を抜かすことができる。高度も上がり、眼下に景色が広がってくる。この道路は、一定の傾斜角ではなく、変化しているので、ゆるいところでは脚を休ませることができる。各地のヒルクライムレースの中でも、楽な方ではないだろうか。


やがて、昨年のゴールが見え、通過する。ここからが未体験ゾーンということになる。道路の側溝や壁面には残雪が。
f0156359_2144464.jpg

頂上の駐車場が見え、「あと500メートル!」の声。押している人もチラホラ。最後の力を振り絞って上り、ゴール!おお、楽しかった。苦しかった、というよりも楽しかったという印象が残った。荷物を受け取り、ジャケットを着て下山開始。さすがに寒い。
f0156359_2156279.jpg

20分ほどで下界へ。連続してブレーキをかけていたので、腕が疲れた。こんな距離をよくぞ走った、と思う。
二回目の伊吹山ヒルクライムレース。運営がちょっと、という場面もあったが、近場だし、コースも良いので、来年もまた参加したいと思った。


Tにさんがおもろいことを言っていたので、ご紹介しておこう。

ボク「こんなにぎょーさんの人が、ここに集まったなんて、初めてちゃうやろか?」
Tに「関ヶ原の合戦の時もですよ」
ボク「ワハハハハ!」
f0156359_2157735.jpg

[PR]
Commented by だてポン at 2009-04-06 02:17 x
さ、3000人?! ものスゴイ参加者ですねー!!
関ヶ原の合戦から400年たって、これだけの人が集まるとは…(笑)
そして自分をいじめるのが好きな人がこんなにいるとは…(笑)
でも、てっぺんに登ったときの達成感はさぞかし素晴らしいんでしょうね!!
おつかれさまでした☆

残雪をバックにしてる写真、文章の流れから、レース中なのにおざっちサンってば、
えらいヨユーやなぁと一瞬思いましたが、そっか、帰り道ですよね~
Commented by 男前隊長 at 2009-04-06 07:48 x
昨日のレースは関ヶ原の合戦ですか!皆が頂上の表彰台?を目指して一心不乱に駆け上がるのは確かに城落しを想像しますネ。でも駆け上がった後は敵も味方もなく談笑の連続で、「楽しい合戦」でしたが(^^)
山頂でおざっちさんにお会いできるかなと思いましたが、あの大勢の中見つけられず残念でした。せっかくタイム10秒差まで迫ったのに~(笑)
Commented by エミコ at 2009-04-06 12:42 x
昨日は主人もマチャコも私も初参加のレースですが、とても楽しかったです♪
主人は13分台だったので、またまた、おざっちさんに負けたと悔しがるかも?(笑)
一方、私は後半失速気味で24分台(-_-;)!
まだまだ鍛練が足りませんね・・・
それにしても参加の女性陣の皆さん、スリムな事!
重量級は私だけだったので思わず年齢別ではなくて
体重別にしてほしいと思ってしまいました(笑)

でも、結果はともかく、夫婦揃って自転車を降りる事なく完走できたので嬉しかったです♪
来年も頑張るぞ~!!
Commented by おざっち at 2009-04-06 23:13 x
だてポン>人ごとじゃなく、来年は貴女も出るんですぞ!
あの、絶景を見るために! って、車で上っても見られるけど、、。

男前隊長>あれれー、たった10秒差だったん!? 危なー。。。
しかし、あれ以上は無理。死にます。

エミコさん>まだまだエミコ&トシちゃんには負けませんぞ!
しかし、このまま行けば、来年あたりは危ないかも。どーする!?
Commented by つっくん at 2009-04-07 21:10 x
はじめまして!つっくんと申します。
伊吹山ヒルクライム、好天に恵まれていいヒルクライム大会でしたね。
まぁちょっと運営はあれでしたが…

山頂からの景色は最高でしたね。
昨年は途中まででしたが、やはり山頂まで行くと充実感がひときわですね!
Commented by ozawa-sh at 2009-04-08 22:16
つっくんさん>どうも初めまして!さっそくHPを拝見させていただきました。伊吹ヒルクラ、出ておられたんですね。「最後の5キロは緩やか」なんてウソっぱちでしたよねえ。最後が一番きつかったですよねえ。でも、終始景色が良いので、許しましょう。ワハハ
来年もお会いできるといいですね。
あ、つっくんのHPの中にウチのストラーダのメンバーが写ってますね。ボクもあのオレンジジャージを着ていますので、来年もし見かけたらお声をかけてください。
by ozawa-sh | 2009-04-05 22:00 | Comments(6)

フルート大好き!そのために感性を磨き、体力をアップし、日々努力。そんな毎日を書き綴っていきます。


by おざっち