<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

町内文化祭

毎年この時期に行われる、団地の文化祭というのがある。絵画、書、版画、手芸など、この団地に住む人の力作が自治会館に展示されるのだ。え、あの人がこんなことを!?みたいなすばらしい作品も出展されて、なかなか楽しい。そして町内の親睦をはかる絶好の機会となる。

ここ数年参加者が多くなってきたのが楽器の演奏で、今年はボクのフルート、そして尺八、オカリナ、ハーモニカの参加があった。ボクはなんせ今年初めてなので、どれくらいのレベルなのか分からず、せめて恥ずかしくない演奏をしようと、ひと月前ぐらいから曲目を決め、練習に励んできた。色々迷ったが、結局映画音楽をやろうということにし、カラオケCDのある曲集から、下記の曲を選んだ。
・いつか王子様が
・星に願いを
・私のお気に入り
・ニューシネマパラダイス
・三丁目の夕陽(アンコール)

さて、自治会館は町内の人で一杯となり、まあほとんどがジジババだけど、ボクがトップバッターとして皆の前に立った。横にはカラオケを置き、CDをセットして準備した。最初の曲が始まり、まずは順調に演奏が進んでいく。終わったら、そこで挨拶し、今日の演奏曲が映画音楽であることを説明した。その後、上記の演奏をこなし、大きな失敗もなく終了。「アンコール!」をいただき、三丁目の夕陽を演奏した。

その後、ハーモニカの合奏。午後から尺八とオカリナの演奏があった。ボクの持っていったラジカセが良い音がするというので、オカリナのメンバーに頼まれてこのラジカセを使うことになった。ボクも側でスイッチを入れたり切ったりしてお手伝い。

終わってみると、ボクだけがアンコールをもらう結果となった。この静かな町内に、各種の楽器をやっている人がいることが分かり、少し驚いた。さて、来年は、なんの曲をやろうかな。
f0156359_2175843.jpg

f0156359_2181832.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2016-11-20 21:09 | Comments(0)

金婚式

先日は八坂神社の近くの「かに家」で、元職場のOB会があったのだが、その場でボクがフルートを吹いた。
そのいきさつを書いておくと、おととしまでは余興で手品をやる人がいて、ずっと続いていたのだが、「もう高齢になったから引退させてくれ」ということで、引き続きボクがフルートを吹くことになった次第。たまたまボクが幹事をやっていたので、役得というのか、そんな流れで吹くことになった次第。

で、そのときに出席したウエダさんから、「もうじき自分たち夫婦の金婚式があるから、吹いてくれへんか?」というオファーをいただいたのである。二条城の南に、「神泉苑」という、平安時代に貴族が舟遊びに使った大きな庭があり、そこに「平八」という料亭が入っている。その平八で金婚式をやるという。
二つ返事で引き受け、色々と選曲に頭を悩ませたのだが、最終的に決めた曲は、「いつか王子様が」(ディズニー映画、白雪姫)で始め、次にマルティーニの作曲した「愛の喜び」、そして最後はまさにこの場にふさわしい曲、「金婚式」(ガブリエル・マリー作曲)でフィナーレとした。いずれも、カラオケCDがあり、これをバックに吹くのだ。

フルート、楽譜、譜面台、CDラジカセを背中にしょって会場へ行った。地下鉄東西線「二条城前」で下りれば平八はすぐだった。あまりに早く着き過ぎ、宴会場にはまだ誰もいなかった。ラジカセや譜面台をセッティングし、しばらくライトアップされた美しい庭を眺めていた。その昔、貴族がここに龍の頭のついた船を浮かべ、歌舞音曲を奏でる中、月を眺めて楽しんだんだろうなあ。さて、部屋は10名ほどの狭い和室で、音の反響は望めそうになかった。

スタッフの人に、どこか音出しできるところはないか聞いてみると、地下の厨房の横に空いている部屋があるという。早速フルートを持ち込み、しばし音出しをしていた。今日のボクの役目は、あくまでもサプライズなので、食事は無しで、フルートだけ吹いてサッと引っ込むのだ。やがて時間が来、ウエダさんがこっそりと地下に降りてきた。「頼むわ!」のひと声で、ボクは階段を上がり宴会場へと入った。するとそこには、親族一同が座っており、ふすまを開けて入ってきたボクを一斉に見た。
「こちらの人は、しゅんぺい君と言って、ワシの元職場の後輩や。今日はサプライズで、フルート吹いてもらうことにした。聞いたってや」と紹介を受け、ボクは頭をかきながらペコリと頭を下げた。ウエダさんは、昔からボクのことを「しゅんぺい、しゅんぺい」と言って可愛がってくれたのである。

CDをセットし、まずは「いつか王子様が」を吹き始める。最初から良く音も出て、これなら最後までいけそうな感じだった。この曲の途中には長い間奏が入るので、かねて用意したバラの花を奥さんに手渡しに行った。王子様がやってきたという演出のつもりだった。すぐに譜面の前に戻り、続きを吹き始めた。もうドキドキだった。
大きな拍手をもらい、残り二曲を演奏した。ちょっと間違えたところもあったけど、音だけは良く出たので上出来だ。

ウエダさんのブログによると、宴会の最後は孫からのメッセージがあり、感動的だったとのこと。ボクも彼のメモリアルパーティーに少しは貢献できてうれしい限りである。
[PR]

by ozawa-sh | 2016-11-14 21:21 | Comments(0)

ナッツ

普段はあまり間食しない方だ。欲しくないわけじゃないけど、歯を大事にしているので、食べ終わってからいちいち歯磨きするのが面倒なのだ。間食しないと、それがもう普通になって、三度の食事だけで十分という生活パターンになる。ただ、トレーニングの前後などにお腹が減るので、そんな時はナッツを食べるようにしている。だいたい、昔から豆類が好きで、ピーナツなんかも好物だ。
f0156359_2116206.jpg


今好きなのは、ミックスナッツ。カシューナッツ、くるみ、アーモンドをミックスしたもので、少し塩分が入っているものの、添加物がゼロなのがうれしい。たいがいのお菓子は、その成分表示を見ると、様々な添加物が入っているのが恐い。例えば、昔の醤油せんべいなんて、なんにも入っていなかったのに、今の醤油せんべいには、これでもかというくらい添加物が使われている。それが人体にどんな影響を及ぼすのか、時間が経ってみないと分からない。なので、よほどじゃない限り、ボクは食べないようにしている。
ナッツには脂肪分が入っているから、あまり食べ過ぎるのは良くない。手のひらに載るぐらいで終わりにしている。
カシューナッツやアーモンドには、カラダの必須ミネラルのひとつである、亜鉛をたくさん含んでいるのもうれしい。
今日はそんなどうでもいい話でした。
[PR]

by ozawa-sh | 2016-11-07 21:16 | Comments(2)

元職場のOB会

先日は、元の職場のOB会があった。会場は、八坂神社を少し南へ下がった「かに家」。大昔になにかの宴会で使った覚えがあるのだが、それがなんの集まりだったのか忘れてしまった。
昨年に引き続き、今年も余興でフルートを吹いてくれないかと幹事から頼まれ、いつもなら身軽で行くのに、今回は楽器や譜面台、ラジカセまで持って行った。地下鉄東西線「東山」で下車し、トコトコ裏道を歩いて会場へ。少し早く着きすぎたので、四条通りをなにをするでもなくブラブラ歩いてみた。とにかく外人観光客が多い。

時間になり、会場へ行く。エレベーターで上がると、すでに半分以上の人が来ており、ワイワイやっていた。なんせ皆、時間だけはたっぷりある人たちばかり(笑)。皆それなりに年齢を重ね、この場に顔を見せている。

乾杯が終わり、各自かに料理をつつきながら話がはずむ。しかし、出てくる話は病気のことばかり(笑)。ボクも今耳鳴りに悩まされているが、もっと重たい病気を患っている人も多く、逆に励まされてしまう。

やがて宴もたけなわとなり、フルートを吹くことになった。前に出て、ラジカセにカラオケCDをセット。楽器を組み立てて準備する。こんな場でもちょっと緊張するボク。皆のおしゃべりがやみ、注目がこちらに集まる。まずは、スターダストを演奏。出だしからよく音が出て、内心「うん、これならいける!」と思う。続いて二曲ほど演奏し終了。大きな拍手をもらった。そして、隣の部屋で宴会していた団体からも、ふすま越しに拍手をもらってしまった。あら~、聞いてたのね(笑)

席にもどると、Uさんからこんな話が。
「オレの金婚式で吹いてくれへんか?」
「金婚式、ですか?」
「うん、もうじきやるねんけど、お駄賃出すさかいに、さっと吹いて、さっと帰ってくれたらいいし」
「はい、分かりました。やりましょう」
とその場で決まってしまった。

なんか、こういう形でフルートをやっていることで人と繋がっていくのがうれしいなあ。
[PR]

by ozawa-sh | 2016-11-01 16:49 | Comments(0)