<   2014年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

やっと会えたね ~和束の茶畑を行く~

f0156359_20142430.jpg

京都府には「景観資産」という制度?があり、その第一号となったのが、本日訪れた「和束」である。言わずと知れた茶処であるが、傾斜地に作られた茶畑だけあって、アップダウンが次々に現れ、初心者が自転車で走るにはなかなか厳しいものがある。しかし、一度高度を上げれば、しばらくは茶畑の中を縫うようにして続く道があり、景観資産になった理由も深く納得することができるだろう。
f0156359_20151999.jpg

コースの途中には、絶壁に彫られた磨崖仏があるのだが、木津へ行く府道として、過去に何度となく通った車窓からチラッと瞬間見られるだけで、40年の間、「近くで見たいなあ」とずっと思い続けてきた仏さんなんである。今日は遂にその磨崖仏にも会うことができたというわけだ。
f0156359_20154214.jpg

スタート地点は、「山甚カフェ」。ここで情報を得ようと思っていたのだが、水曜日はあいにくの休み。ここに車を置かせてもらい、自転車を降ろすことにした。目の前には「安積(あさか)親王」の古墳が。
f0156359_2016939.jpg

聖武天皇の第五皇子と説明にある。平城京・恭仁京と紫香楽宮とを結ぶこの街道を愛した皇子であったのだとか。古墳は途中まで茶畑になっているが、以前景色の良い頂上に登ったことがある。
f0156359_20163527.jpg

f0156359_20165880.jpg

地図を片手に、「釜塚の茶畑」を目指す。「正法寺」「実相寺」と、ランドマークをクリアしていき、居酒屋「とんぼ」に到着。手持ちの地図にちゃんと描いてある(笑)。しかしここまでややこしい道で、早くも何度も迷う。
f0156359_20172331.jpg

ここからコースをはずれ、「八坂の大杉」を見るために急坂を上る。樹齢1300年以上らしく、存在感抜群の杉だ。すぐ横の茶畑で仕事していたオバチャンとしばしおしゃべり。
f0156359_20175919.jpg

ここからが道がさらにややこしく、あっちこっちへ迷いに迷った。ちょっとした細い脇道がコースになっていて、非常に分かりにくいのだ。
f0156359_20182554.jpg

しばしノンビリした農道を走れば、「和束天満宮」に出た。ここは知っているところなので、とりあえずホッとする。
f0156359_20185094.jpg

近くの交差点にある「中尾園」には様々な農産物が売られており、今の時期はタケノコなどが並ぶ。
f0156359_2019668.jpg

先へ進む。これまた茶畑の中の急坂を越えると、「極楽寺」。誰もいない境内で、住職さんが草取りをしていたので、話しかけしばし歓談。二年前に建て替えたとかで、なるほど使ってある木材が新しい。ここで持ってきたオニギリをほおばり、しばしウグイスの声を聴きながら休憩する。たった一日でも、すっかり旅気分のボク。周囲はタンポポがたくさん咲いている。
f0156359_20192241.jpg

再び古墳まで戻り、ここから西へと走ることにする。天気が徐々に回復してきて、半袖半パンになりたい気分だった。細い道をたどる。しかし事前にグーグルストリートで道の様子を確認してあったので、心配なく進むことができる。こんな田舎道にもグーグルが来たのかと驚く。
f0156359_20202178.jpg

やがて「石寺」の眺望が広がってくる。山の中腹に続く茶畑の景色がすばらしい。もうすぐ新茶の摘み取りの季節となるのだが、キッチリと刈り取られたお茶は、まさに日本人そのもののような気がした。

川沿いの桜並木を行くと、和菓子とパンを売る「石田長栄堂」という店がある。こんなところで良く営業できるなあと思い、自転車をとめてフラリと入ってみた。気さくなオバチャンがおり、柏餅などいくつかの和菓子を注文し、店の中のイスに座っていただいた。美味しいお茶も出してくれ、オバチャンと色々歓談。最後にお金を払おうとしたら、「160円です。」と言われ、思わず聞き返してしまった。あれだけ色々美味しい和菓子を食べたのに、たったそれだけ!?次に来たら、また寄ってみたくなるお店だった。途中、「森田城跡」の看板に惹かれ、自転車を置いて山を登っていった。山道の入り口のオッチャンの話では、「5分くらい」とのことだったが、なんのなんの、30分はかかってしまった。メチャクチャの急坂で、引き返して下りる時は道に手をついていかないと滑りそうなくらい急だった。
f0156359_2024379.jpg

山道を走り、和束川沿いの弥勒磨崖仏へと急ぐ。途中の景観も素晴らしく、絶対にまた来たいと思った。
最後は歩いてその磨崖仏の元へ。「ああ、やっと会えたね」と独り言、、、。40年間想い続けてきた恋人に会った気分(笑)。
鎌倉時代後期に像立された磨崖仏とか。この一帯では、「長井の弥勒さん」と呼ばれているらしい。
f0156359_20242311.jpg

f0156359_20244026.jpg

府道を渡ったところに、こんな変わった石塔が。なんの説明もないので、これがなんなのかは不明だが、とにかくかなり古いことは確か。このあたりには本当にたくさんの遺物が残されている。
f0156359_20251184.jpg

坂を下り、再び正法寺に。そして車のところに戻った。
和束、、、まだまだ面白そうなところがありそうで、再び訪れてみたいと思った。
[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-30 20:26 | Comments(4)

ラ・フォル・ジュルネ 最終目 ~野外での演奏にハラハラ~

f0156359_20103397.jpg

今日が最終日の、ラ・フォル・ジュルネ。あいにくの天気で人出が心配されたが、なんのなんの、ロビーはたくさんの人で溢れかえっていた。雨で行くところがなく、余計人が増えたのかもしれない。
さて、そんな中、ボクは今日も無料のロビーコンサートに足を運んだ。なんせ、ボクの知っているフルーティスト(本業は医者)のEさんが出演するからだ。木管五重奏を演奏したのだが、フルート、オーボエ、ファゴット、ホルン、クラリネットのそれぞれが上手く、聴きごたえがあった。
演奏を終え、舞台から下りてきたEさんに声をかけてねぎらいの握手。
f0156359_20104656.jpg

パルコでチャンポンを食べ、広場で行われていたラ・フォル・ジュルネの関連イベントを聴くことにした。まずはオカリナの二重奏。膨らみがあり、しかも純粋な音がぴったりハモって心地いい。
さて、次は石山高校のフルート専攻科生徒による、フルート三重奏の演奏。ところが、この頃から急に風が強くなり、演奏の途中で譜面が勝手にめくれたりして、彼女らは四苦八苦。見ているこちらとしてもハラハラする。しかし、なんとか最後まで吹き終え、ホッとした。野外の演奏は、風対策が絶対に欠かせないのだ。
f0156359_2011087.jpg

終了後、イトマンで泳いでから帰宅。
雨が降ったりやんだりの一日であった。
[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-29 20:11 | Comments(0)

ラ・フォル・ジュルネ 二日目 ~人の声は最高の楽器~

f0156359_20483849.jpg

はい、今日も通いました、ラ・フォル・ジュルネ。本来なら、和束の自転車コースを走るつもりにしていたのだが、天気が下り坂だったのと、夕方から行われるプログラムだけはどうしても聴きに行きたかったから、予定を変更して、びわ湖ホールへ行くことにした。和束のコースは逃げていくわけじゃないから、後日に行くのだ。
f0156359_2049910.jpg

さて、今日のロビーコンサートは、すべて声楽のプログラム。今日は平日、しかも天気があまり良くないので、昨日の賑わいはどこへやら、イス席には少しだけ空きが目だった。11時に最初のコンサートが始まり、その後次から次へと行われていく。今まであまり思わなかったのだが、声楽というのは本当に素晴らしい。人の声こそ、最高の楽器なのだと思った。
実は、ジムの用意も持ってきたので、空き時間にイトマンでウェイトトレーニングもやった。びわ湖ホールのすぐ目の前がイトマンなので、非常に便利なのだ。
で、ジムを終え、風呂にも入り、再びびわ湖ホールへ。最後のプログラム、幸田浩子さんのソプラノを聴きに行った。今をときめく世界最高峰のプリマドンナらしい。
f0156359_20492461.jpg

ピンクのドレスをまとった幸田さんがニコニコとステージに登場し、歌い始める。ザワザワしていた場内が一瞬でシ~ンとし、彼女の声に耳を澄ませる。第一音から素晴らしく透き通った声。最初から聴衆の心を完全につかんでしまう。大げさな身振りをすることもなく、むしろ控え目に、歌うことを心から楽しみ、聴衆と喜びを分かち合うという感じだ。ボクも数々のソプラノを聴いてきたが、これだけ素晴らしい歌声を聴いたのは初めてかもしれない。
耳を圧するようなフォルテッシモかと思えば、思わず身を乗り出してしまうような美しいピアニッシモ。これ以上高い音は無理と思う、さらにその上の音もなんなく発声してしまう、その切れ味の良さ。「聴き惚れる」とは、こういうことを言うのだろう。
また、曲の途中の話も楽しく、まさに彼女はプロ中のプロだと思った。

さて、明日は最終日。もちろん朝から行くつもり。なんといっても知っているフルーティストが出演するから、応援に行かねば。
f0156359_20494870.jpg

↑ 終了後はサイン会。気さくで優しくて、、、ボクはいっぺんにファンになりました。
[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-28 20:51 | Comments(0)

ラ・フォル・ジュルネ 初日 ~音楽っていいものだ~

毎年楽しみにしているのが、びわ湖ホールをメイン会場として行われる「ラ・フォル・ジュルネ」。「熱狂の日」という意味のフランス語らしいが、まさに次々と行われる演奏に酔いしれるイベントである。今日はその初日で、ボクは無料のロビーコンサートを中心に聴いて回った。フルートの演奏が二回あったのだが、圧巻は「びわ湖ホール四大テノール」。日本音楽コンクールなどにも出る実力派揃いの四人だが、歌唱ばかりではなく、様々な工夫を凝らして観客を楽しませる。先を割って口にした白い長靴をアヒルに見立てて頭にかぶり、それをヒモで引っ張って歌に合せてパクパクさせる。最後に、「アフラック!」とボソッと言うと、場内は大爆笑の渦。
f0156359_2035686.jpg

天気も良かったので、今日も自転車で行くことにした。びわ湖ホールが近づいてくると、すでにたくさんの人がホールを出入りしている。早速入り、ロビーコンサートを聴く。大津シンフォニックバンドのフルート演奏で、昨年はあまり感動しなかったが、今年はなかなか上手いと思った。
f0156359_203454.jpg

f0156359_203423100.jpg

外では小中学校の吹奏楽が行われている。小学生でもすごく上手くて、終わると満場の拍手。こんなのを見ると、日本もまだまだ大丈夫、なんて思える。

ロビーをウロウロしていると、先日ピアノ伴奏してもらったYさん夫妻にバッタリ。大阪からわざわざ聴きにきたんだとか。また、以前野洲吹奏楽団で一緒に吹いたKさんにもバッタリ。皆さん、このイベントを楽しみにされているようだ。
f0156359_20354975.jpg

ホールの横では、各種のテントが並び、賑わっていた。また、ロビーの中にも、こんな方たちが。叶匠寿庵の宣伝部隊。
f0156359_2036275.jpg

びわ湖ホールには、受付の横にこんな書棚もあって、音楽関連の書籍が並んでおり、自由に閲覧できる。待ち時間はここで時間をつぶす。
f0156359_20363826.jpg

明日はまた、午後から幸田浩子さんのソプラノを聴きに行くつもり。幸田さんは、飛びぬけてすばらしいソプラノ歌手なのだとか。楽しみだ。
あ~、音楽っていいものだなあ。
[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-27 20:37 | Comments(0)

近場の林道へ

今日はジェフリーと「バイク&チャット」。参加者はボクとHさんの二人だけだったが、Hさんはトライアスリートで速い速い。また、ジェフリーも学生時代はクリテリウム(周回で競う自転車レース)の選手で、ボクなんか比べものにならないほど速い。
f0156359_2024122.jpg

朝7時、いつもの集合地点に向かう。あちこちにハナミズキが満開で、実に美しい風景の中を走る。昔はこんなにハナミズキが無かったように思うのだが。サクラが終わっても、充分に楽しめる。
三人が揃い、ボクが提案した「牧-富川林道」へ向かう。南郷から立木さんを過ぎ、しばらく走れば脇道に入って、そこが富川林道だ。小一時間、ジワジワと緩く上る。道の脇の山中には、今ヤマツツジが満開を迎え、色鮮やかな紫色が目を楽しませる。ほぼ三人揃って峠のピークに到着する。途中、ジェフリーが英会話で話しかけてくるけど、まともに応える余裕無し(笑)。後で、「はて、今日はなにを勉強したかなあ?」と思い出そうとしても、なにも頭に浮かんでこない(笑)
さて、ここからは下り基調の豪快なダウンヒルが待っている。カーブでスリップしないように気をつけながら、時速50キロオーバーで飛ばす。車も少なく、高速で風を切る感覚がすごく気持ちいい。
f0156359_20243331.jpg

帰宅し、大急ぎで昼食を食べ、午後からはゼフィル練に出かけた。バスフルートと普通のフルートの二本を持っていかねばならないので、背中のバッグがずっしりと肩に食い込む。今日はFINDの発表曲の練習。ドビュッシー「ベルガマスク組曲」、シベリウス「アンダンテ フェスティボ」、そして「アンダー・ザ・シー」の練習。最初はリズムがとれなかったアンダー・ザ・シーも、今やすっかり吹けるようになった。五月中旬からアメリカへ行くので、ボクだけはあと一回の練習を残すのみ。
さて、明日からびわ湖ホールを中心に、ラ・フォル・ジュルネが始まる。楽しみだ。
f0156359_20252244.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-26 20:25 | Comments(0)

朝練 二日目

f0156359_20161325.jpg

昨日は自転車の朝練。今日の朝練はランニング。と同時に英会話。先週から参加させてもらっている、ジェフリー主催の「run & chat」だ。今日は3名が参加。約8キロの周回コースを走った。山伏ランの時の脚の疲れと痛みが徐々に出てきて、最後はカメ歩きになってしまったが、ジェフリーと英会話し、朝日を浴びながら走る至福のひと時を味わった。
途中、ジェフリーが公衆トイレに入り、しばらく出てこない。と思ったら「大」を済ませ、出てきて、「ウ〇コ」のことを題材にあれこれ勉強(笑)。下品な言い方や、上品?な言い方を教えてもらった。あ、上品な言い方は、「ダンプ」だそうです。ダンプカーはバックして荷物を降ろすからなんだとか(笑)。ハハ、きっちり覚えてしまったぞ。

午後から、人が出てしまった借家でフルート練を約3時間。ガランとした部屋は、すごく音が響くので気持ちいい。(アンデルセンのエチュードを吹いた動画をフェイスブックにアップしたので、恐いもの見たさの人は見てください 笑)
f0156359_20163482.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-25 20:17 | Comments(4)

旅を住処とす

石山朝練の日。途中で瀬田朝練チームの4名も合流し、その数13名!早朝からこの界隈はすごいことになっている(笑)。onono事務局長のデータによれば、本日の朝練が161回目になるらしいが、その数が徐々に増え、今や一大勢力(笑)。それにしてもよくぞここまで無事故でがんばってきた。それがなにより。新しい顔も増え、毎回新鮮な刺激をもらっている。ボクも最長老になってしまったが、まだまだなんとか皆に着いていけるので、これからも参加したいと思っている。練習が終わり、短い時間だが、こうして皆と情報交換したりするひと時が楽しい。
f0156359_20135164.jpg

帰宅し、シャワーを浴びて、朝食。しばし休憩し、再び自転車に乗ってイトマンへ泳ぎに行く。木曜日はジムだけお休みなのだ。唐橋の手前、京大の艇庫前には見事なピンクのハナミズキが。釣り人もノンビリ糸を垂れる。釣り人もヒマだろうけど、それを見守る、さらにヒマな人(笑)。
f0156359_20142831.jpg

途中の膳所公園でしばし休憩。さすがに朝練の疲れが脚にきている。
f0156359_20144676.jpg

やっとこさびわ湖ホールまで来た。この中では、27日からの「ラ・フォル・ジュルネ」に向けて、最後のリハーサルが行われているハズ。楽しみだ。
f0156359_2015742.jpg

30分ほど泳いだだけで、あとはプールサイドでストレッチしたり、ジャグジーで暖まったり、サウナに入ったり。
再び自転車でなぎさ公園を走って帰宅の途に。今、シバザクラが満開となり、甘い香りがする横を走り抜けるのは気持ちいい。
f0156359_20152160.jpg

思い立って、なぜかプリンスホテル横の住宅展示場へ行ってみた。いや、家を建て替えるわけじゃないし、そんなお金もないんだけど。各社のモデルハウスがずらりと建ち並び、見学者を待っている。その中の数軒に入ってみたが、今住んでいる家とは全然違い、素晴らしい居住空間。思わず欲しくなる。防音しなくても、今の家の壁材はほとんど音を外部に通さないらしい。ああ、ええなあ!

瀬田川べりを走っていると、前方になにやら思い切り荷物を積んだキャンピング車が。中年のオッサンだったが、話しかけてみると全国をこれで旅しているんだとか。画家で、絵を売りながら資金を稼いでいるらしい。これから滋賀県内を回り、名古屋まで走り、そこからフェリーで北海道へ行くとのこと。大きな家もいいけど、こんな気ままな旅もいいなあ。人生、色々だね。
f0156359_20153921.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-24 20:16 | Comments(4)

新緑

桜が終わったと思ったら、あっという間に新緑の季節になってきた。ジムの帰りに石山寺の前を通ると、山門から伸びる参道の緑があまりにも美しく、自転車をとめて写真を撮ってしまった。天空から降り注ぐ光が、若葉を通して鮮やかな緑を映している。
f0156359_20284126.jpg

ついでに中に入ってみると、「大黒天」の文字が。このお堂は石山寺の脇寺とでも言えばいいのだろうか。言い伝えによると、その昔、三人の僧が同じ夢を見たのだが、その夢の通り琵琶湖の中から大黒天が現れたという。
話を聞こうと、お堂の中を覗いたら、坊さんが机につっぷして昼寝の真っ最中。思わず声をかけそびれた(笑)。
f0156359_20285745.jpg

自転車を停めてある場所には塀があるんだけど、松の大木がその塀を突き破るようにして生えている。多分、元々松が生えていたところに塀を作ったんだろうね。心優しき住民は、この松を倒さず、塀の一部としてしまったのだろう。良く見ると、松と塀の接点から、別の木が生えてるし。松がお父さんで、塀がお母さん。この幼木はその子ども。まさに人と自然の神秘なる調和(笑)。
f0156359_2029937.jpg

今日はイトマンの帰りにあちこち行く用事があって、走り回ってしまった。車はできるだけ乗らないのだ。
[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-23 20:29 | Comments(0)

草津宿へ

f0156359_20351783.jpg

以前習っていた英会話の先生、エドワードの両親ラリーとルースをどこかへ案内したいと思い、本日「草津」へ行ってきた。群馬県にも同じ地名、草津があるけど、ここは滋賀県の草津。東海道と中山道が合流する場所で、当時の様々なものが残されている古い町だ。
f0156359_2040422.jpg

草津といえばまず思い浮かぶのは、「草津宿本陣」。大名、旗本など、当時の上流階級が泊まった宿で、内部にはそのための施設が保存されている。雪隠や湯殿、また台所など、カナダとはまったく異なる文化に興味津々で見学する二人。
すぐ近くにある、「草津宿街道交流館」にも行き(本陣との共通券 350円)、当時の装束を着て駕籠(かご)を体験。ボクも駕籠かきとしてデビューしました(笑)。
f0156359_20354221.jpg

その後、「太田酒造」で日本酒の醸造元を見学。ボクもここは初めてでなかなか面白かった。
f0156359_20355681.jpg

わざわざ遠くへ行かなくても、近場にはたくさん面白いところがあると再認識した一日。
[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-22 20:37 | Comments(0)

古い町

今日は、「和束」の方を探索する予定だったが、今にも降りそうな天気だったので中止。家の近所を歩くことにした。緑道には今ハナミズキが満開。
f0156359_20452833.jpg

いつも通る浄土宗の寺。ふと山門からのぞいてみると、なにやら小さな像が。「せいし丸」と書いてある。調べてみると、せいし丸とは法然の幼名だとのこと。浄土宗の寺には、この像が設置されているところが結構あるようだ。滋賀県は浄土宗と浄土真宗の寺が多い。
f0156359_20454521.jpg

終点の駅前には旧型のポストが。やっぱりこの形はいいよね。
f0156359_20472655.jpg

分かれ道には、「天保」の年号を刻む石標。天保14年というのは西暦1843年。今から170年前。この石標はここに170年もジッと座っているのか~。古い町には心落ち着くものが数多く残されている。
f0156359_2047451.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2014-04-21 20:53 | Comments(0)