<   2012年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

退職

職場の女性が本日を持って退職。明るい性格で、皆の心のオアシスのような存在だっただけに、寂しい限りである。先日は新しく入ってきた人も含めた歓送迎会が行われたのだが、今日は本当に最終日となり、5時半の退社時間には、彼女に花束の贈呈。歯科衛生士の資格を持つ彼女は、今後そちらの道を歩むのだとか。ご活躍を期待している。

また、ボクと同期だった編集のI君も、本日で退職ということであいさつに来た。思えば、最初に入った桃山の独身寮で隣の部屋だった。今から40年前の話。あれから互いにそれぞれの職場で人生の大半を過ごし、今日こうして退職の日を迎えることができた。なんだか人生って長いようで短い、、、。


まだ咳が出るものの、風邪はなんとか回復基調。しかし起きがけに脈拍を測ってみたら、いつもは48回/mなのに、55なのでいつもより速い。まだ完治はしていないようだ。日曜日の発表会までに治したいところ。演奏中に咳やクシャミが出たらしゃれにならない。明日土曜日は、伏見でピアノ伴奏と合わせる予定。昨日は譜面に強弱記号やアーティキュレーションを書き込み、より立体的な曲想になるように考えてみた。バッハの時代は、作曲者が強弱記号やアーティキュレーションを書き入れることは無かったそうで、演奏者が考えるものだった。しかし、バロック音楽の決まりごと(例えば、トリルは上の音から始める、とか)は、ちゃんと守らねばならない。自由なんだけど、形式があるというわけ。これって、なかなか難しいことだなあ。
f0156359_2111861.jpg

帰りは三条までテクテク歩く。御池の舗道には、街路樹から落ちたたくさんの枯葉が、風に吹かれてダンス。季節は移り、時間は流れていく。ヨヨヨヨ。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-30 21:11 | Comments(4)

名古屋

帰宅途中でZESTを歩いていたら、名古屋物産展をやっていた。
ボクは生まれは金沢だが、その後名古屋に引っ越し、高校時代までを名古屋で過ごした。なので、ケチなところのDNAが名古屋人と言われる。いやいや、名古屋人は「堅い」のであって、金を使う時はハデに使うのだよ。
f0156359_19555898.jpg

ステージではサムライショーのようなアトラクションの真っ最中。若いタレントが立ち回りをやっている。名古屋キャラの「はち丸君」も登場。結構な人垣ができていて、皆写真を撮っている。側の物産コーナーも色々なお土産が並んでいて、ボクの好きな「ういろ・ないろ」を買ってしまった。虎屋の方が美味いという話もチラホラだが、ボクはやはり「大~須ういろに、ないろ~で~すぅ」。
f0156359_19562011.jpg

ZESTでは時々こんなイベントをやるけど、こんなに場所を使ってやるのは初めて見た。さすが名古屋の経済力を感じさせる内容だった。、、、って、やっぱり育った土地には愛着があるね。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-29 19:56 | Comments(6)

家から一歩も出ず

f0156359_2021249.jpg

風邪がスッキリ治らず、今日はゴミ出しはおろか、ポストの新聞を取りに行くこともせず。つまり外気に触れることがない一日だった。その替わり、日曜日の発表会に向けてフルートの練習をタップリやった。その合間に夕べ寝汗をかいた布団をベランダに干したのだが、干すと曇り、取り込むと晴れるという皮肉な天気だった。

昼食後、昨日出したコタツでグッスリ昼寝。起きたらとっても気持ちいい。やっぱり風邪を治すためには、「イチに睡眠、ニに〇〇〇」だね。
その後フルートの練習。発表会で吹くのはBachのフルートソナタ「ロ短調」。これをカラオケに合わせて何度も吹いてみる。体調がイマイチなのに、今日はとてもいい音が鳴りまくった。ひょっとしたら、パユより上手かったかも(笑)。
同じ曲ばっかり吹いていたので、気分転換に「ニュー シネマ パラダイス」を吹いてみた。エンニオモリコーネ、これいい曲だなあ。

あ~、早く風邪、治れっ!
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-28 20:21 | Comments(2)

歓送迎会

職場の歓送迎会が、室町の「百足屋」にて行われた。しかしボクは朝から風邪気味で、本当に調子が悪く、仕事を休もうかと思っていたのだが、せっかくの歓送迎会なので、パブロンを飲んで出勤した。駅のホームの寒暖計は6.5度を差し、今冬一番の寒さだった。
f0156359_23262347.jpg

ノドが痛く、腹の調子がスッキリせず、だるくて少し寒気がする、といういつものパターン。しかし薬のおかげか、昼ごろになると、なんとか調子を取り戻した。しかし時々ムカムカする時があり、席を離れて会議室のソファーでジッと休んでいた。
日曜日には発表会があるので、ここで体調を崩さないようにしなければならないのだが、ぬかった。
f0156359_23265468.jpg

宴会ではお酒を控えめにし、鍋も少な目に箸を出してセーブした。おかげで、帰宅する頃には治ったような気がする。さ、早く寝て、明日の練習に備えよう。
f0156359_2327611.jpg

新風館のイルミネーションが美しかった。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-27 23:27 | Comments(0)

キャラクター

仕事の最中、脚を組み替えたとたんに「アタタタ、、、!」。北斗の拳のケンシロウみたいな声を出して動けなくなった。左の太もも裏の筋肉(大腿四頭筋ちゅうの?)が突然つった。イスから降りて平らな床に座りたいのだが、痛さで動けず。周囲が「大丈夫ですか!?」と心配してくれるのだが、どうしようもなく脚を伸ばすしかできない。以前に会議中つったこともあって困ったことがあった。自転車のレース終了後につった経験は何度もあるので、ジッとしておけば自然に治るのは分かっているのだが、あれは本当に痛い。
その後二度ほど痛みが繰り返し、しばらくしたらス~っと潮が引くように治った。ヤレヤレ。連休中によく歩いたせいなのか、孫疲れ(笑)なのか、原因はハッキリしない。


さて、長年の懸案だったゼフィルのキャラ。実は一作目に作ったキャラが、色々な事情でボツになり、新たなキャラを作らねばならなくなった。その間のいきさつを書くと長くなるので割愛させていただくが、ともかく新しく作って、定演ぐらいまでには間に合わせねばならない。ヒマな時に家のMACを立ち上げ、イラストレーターで描く。京都を拠点に活動する我がゼフィルなので、「京都 笛」と言えば、、、そう「牛若丸」を思いついた。色々な画像を参考にしながら、オリジナルのキャラを考えた。笛を持っている手の指が難しかった。メンバーの意見を参考に修正案ができたので、次回の練習の時に再度意見を聞こうと思っている。(皆さまのご意見もお聞かせください)
f0156359_21312662.jpg

↑右が修正前、左が修正後。黒線を太くしたり、服の色を変えたりして、キャラらしくしてみたのだが、、、。

しかし「ゆるキャラ」が大流行しているが、あれを作ったデザイナーは相当苦労しているハズ。ロゴマークと違って、三次元で考えないといけないし、ポーズもとらないといけない。
とかくデザイナーは、頭の禿げる職業なのである。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-26 21:33 | Comments(5)

三連休最終日は、前回のリベンジ、ブルーメの丘へ

f0156359_2052470.jpg

息子夫婦が8人乗りのワンボックスに買い替え、その車で孫も連れて、日野の「ブルーメの丘」へ行った。30年前にはボクが親を載せて湯村温泉に行った思い出があるが、時は過ぎ、今度はボクが乗せてもらう番になって感慨無量。
さて、ブルーメの丘は、今年のゴールデンウィークに行ったのだが、あまりの渋滞にUターンしてきた思い出がある。で、今回も三連休の最終日ということで、どうせ混みこみだろうと気が進まなかったのだが、予想外にすいていて、ゆっくりすることができた。
しかしこの施設も老朽化してきて、遊具や建物のあちこちに「ほころび」が見える。だがその割には、すべての遊具が有料、しかも高いときており、せっかくの施設なのに魅力が半減してしまっている。
だが、大喜びの孫の顔を見れば、財布のヒモもゆるむってもんだ。
f0156359_20521974.jpg

園内でバイキングを食べた後は、ボクの都合で早々と帰宅の途に。実は栗東「さきらホール」で、日本フルートフェスティバルというのが開催されており、是非聞きたいと思っていたので、気が気じゃなかったのである。ホールの前でボクだけ降ろしてもらい、チケットを握りしめて館内へと走った。そ~っと薄暗いホールへ入ると、丁度オープニングの挨拶が終わったところで、グッドタイミング。

まずは、アンサンブル・リュネットという4人のプロ集団の演奏を聞く。内容は演奏というよりも、パフォーマンスと言った方が正しいかもしれない。フルート演奏をベースにした楽しいオペレッタの数々が相当楽しかった。
f0156359_20524939.jpg

第二部は、ゼフィルのメンバーも出演する、なんと150名によるアンサンブル。題して「50年目のビートルズ」。部隊の上には150人が並び圧巻。コントラバスの宮ちゃんは確認できたのだが、アルトのヤノさんは最後まで姿が見えなかった。
ビートルズも、こうして聞くとなかなかいいものであった。

終演後、外に出ると、ヒンヤリと冬の気配。運動不足を解消しようと、駅から自宅まで歩く。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-25 20:53 | Comments(2)

不肖私、「師匠」というものをやってみました。

先日のパーティーで、余興にフルートを吹いたのだが、その場に居合わせたKさん(女性)がボクのような素人の演奏にいたく感動したらしく、まさにその翌日にフルートを購入(笑)。それだけでもびっくりしたのだが、ボクを「師匠」と呼んで、一度教えてほしいという話にまでなった。音大を出たわけじゃなく、ましてやちゃんと音楽の勉強などしたこともないボクに、音楽をちゃんと教えることなどできるハズもない。しかし話のいきがかり上、音を出し、簡単な練習曲を吹くぐらいまではなんとか面倒を見ましょう、ということになり、本日レッスン(?)をすることになった。
まあ、元々吹奏楽でユーフォニアムをやったことがある方なので、音楽の基礎はできているハズ。

今日は体を動かしていないので、待ち合わせの駅までキックボードで行くことにした。久しぶりに乗ったキックボード。最初は道行く人の視線を気にしていたものの、駅が近づくにつれて調子が上がり、ガラガラ、ガラガラという騒音と共に駅に到着したのであった(笑)。
自分の師匠と仰ぐ人間がまさかの登場をしたので、度胆を抜かれたKさん。私とキックボードを車に乗せ、我が家へと走る。きっと「この人はどないなっとんねん!?」と思ったことだろう。

さて、早速教則本も参考にしながら、楽器の組み立てから始まり、姿勢、持ち方、唇の作り方と来て、いよいよ音を出してもらう。すでに音は出していたので、すぐに出たのだが、少し外吹きだったので、音程が高く音もかすれていた。それらを修正していくと、少しずつ音が良くなり始めた。う~む、早くも教師冥利を味わうおざっち師匠。

運指も覚えてもらい、簡単な練習曲を吹いてもらう。二重奏になっており、ボクは低音部を吹く。運指がまだまだつたないが、回数を重ねるに従ってスムーズに吹けるように。ハーモニーになっていく。
午後から神戸の息子が来るので、昼まで練習して終了となった。かなり筋はいいと見たぞ。
f0156359_2292875.jpg

午後から浜大津で息子夫婦と食事。かなり日本語になってきた孫はさらに可愛いくなってきた。その後浜大津にある市の施設「ゆめっ子」で遊んだ。ここは広々とした板張りで、色々な遊び道具が充実している。小さい子どもがいる人にはオススメの施設である。
そんなこんなの連休二日目。
f0156359_2213089.jpg

f0156359_2213138.jpg

↑こんな読み聞かせのプログラムもある。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-24 22:14 | Comments(0)

修学院から岩倉へ

f0156359_2126502.jpg

先日購入した「京都・奈良・琵琶湖 自転車散歩」というガイドブックに載っていた「京都・女・ひとり旅」のコースを歩いてみた。本来は自転車で走るコースとして紹介されているのだから、かなりの距離があったが、歩いても素晴らしいコースだった。

「雨」の予報で中止にした「岩船寺~浄瑠璃寺」ハイキング。確かに夜半から雨になったのだが、起きて外を見てみたらあがっていた。しかし今さら全員に声をかけ、再起動するのも大変だし、参加予定だった皆さんも、他の用事をいれてしまったに違いない。結局12月に入ってから催行することにした。

そんなことで、急にヒマになった本日は、タイトルのコースを歩くことにした。このあたりには、有名な社寺が目白押しなのだが、今まで行ったことがなく、一度歩いてみたいと思っていたのだ。「詩仙堂」「曼殊院」「赤山禅院」「実相院」、、、行ったことがなくても、その名前を聞いただけで「京都ばんざ~い!」と言いたくなるほど風情を感じさせる社寺の数々が点在している。
実は、いつかこのコースをJOY BIKEで走れたら、という思いもあって、時間のできた今日、下見のつもりで歩いてみることにしたのだ。
f0156359_21284280.jpg

f0156359_2129460.jpg

地下鉄「松ヶ崎」で降り、地上に出る。北山通りの一本裏の細い道を歩く。綺麗な水が走る水路に沿って古い民家が続いている。今日はハンディGPSとガイドブックを見ながらルートをたどることに。「松ヶ崎大黒天」に寄り、やがて白川通りにぶつかり、南下すると、「詩仙堂」の標識が出てきた。それをたどっていく。静かな住宅街が続く。だが詩仙堂が近づくにつれ、観光タクシーや歩く人が増えてきて、道の隅っこを歩くことになる。やがて右手に詩仙堂の門が見え、くぐって中へ。だが、今日はかなりの距離を歩くので時間がなく、また、入山料がどこも高くて、山門前でUターン。まあ雰囲気さえ味わったら今日はそれで良しとする。
f0156359_21295038.jpg

f0156359_21301388.jpg

「曼殊院」の標識が角々に出ていたので、迷うことなく曼殊院に到着した。少し雨がパラつき始めたが、たいしたことはなかった。逆に、紅葉の色が一層の深みを増すようだ。ここも山門のモミジを愛でてUターン(笑)。次は「赤山禅院」を目指す。
f0156359_2130508.jpg

修学院の前を通り、山門を入る。ここは無料だ。丁度「数珠供養」をやっており、お坊さんがなにやらお経を読んでいる場面に遭遇。
f0156359_2131490.jpg

豪邸が建ち並び、静かな雰囲気を味わいながら、道が輻輳する住宅街を歩く。やがて叡電の踏切を渡り、高野川を渡ると、若狭街道にぶつかった。三千院から朽木、そして日本海へと抜けていく、いわゆる「鯖街道」である。な~るほど、ここへ出てくるのか。

しばらく車道を歩き、「三宅八幡宮」を少し見て、次は岩倉「実相院」へ。途中で無農薬をうたったレストランで食事。やや高かったけど、なかなか美味しいカレーだった。どんどん北へ歩く。住宅と畑が混在する岩倉。たまに南の方に京都の街が見えるから、結構高度があるようだ。
f0156359_21313547.jpg

実相院に到着。観光バスがたくさん停まり、観光客が多い。ここだけはお金を払って拝観しようと思ったのだが、玄関に長蛇の列。並ぶのが大っきらいなボクは、ここでもUターン。後日また日を改めて来てみよう。やっぱり桜や紅葉の時期は避けた方がいい。近くの「岩倉具視住居跡」も見学。
f0156359_21314581.jpg

宝ヶ池までテクテクと歩き、トンネルをくぐれば「キツネ坂」。昔来たことがあるけど、あれ~、こんな道だったっけ!?少し行くと、北山通りにぶつかり、松ヶ崎駅から地下鉄に乗って帰宅した。

約15キロほど歩いた今回のコース。シーズンをはずし、もう少しコースを工夫すれば、かなりすばらしい「おざっちワールド」(笑)になりそうだと思った。途中にスウィーツのお店などあればさらに良し。女性限定のポタリングコースを作ってみるかな~。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-23 21:32 | Comments(4)

おいおい、本当に明日は降るのかい!?

明日は会社のメンバーと京都南部、加茂地区の「岩船寺~浄瑠璃寺」ハイキングを予定していた。両方の寺ともすばらしいし、その間のハイキングコースも楽しいのだ。しかし、降水確率が60%と高いので中止と決定した。しかし過去の例で言うと、こんな日に限って晴れたりして、何度地団駄を踏んできたことか。
帰宅途中でも、月が煌々と照っているし、星もたくさん出ている。明日の雨が信じられない。でも、最近は予報が当たるからなあ。こうなったら雨が降ることを祈ろう(笑)。

で、急にヒマになった祝日の金曜日。なにしようかなあ?
f0156359_20443053.jpg

会社帰りは、またまた河原町方面へ足が向く。でも今日はどこにも寄らずに、スタスタと三条駅までウォーキング。木屋町から先斗町へ抜ける細~い路地で写真をパチリ。ガイドブックを片手にした観光客が多い。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-22 20:44 | Comments(4)

ルーフキャリア

今日は休みだと思うと、予定がない限りどうしても寝坊してしまう。ということで、起きたのが8時。完全リタイアしたら、自分で自分の時間をしっかり管理しないと、今日のようにダラダラしてしまうかも。
f0156359_20292147.jpg

ということで、午前中は近くをウォーキングして秋を楽しむことにした。といっても、いつもの1時間コースを歩いただけ。途中の石山寺は、平日にもかかわらずたくさんの観光客が訪れていた。ボクも参道を歩いてみたが、見事な紅葉。
f0156359_20294416.jpg

「住友 活機園」の石段を上ってみると、
f0156359_20295697.jpg

ここも見事な紅葉。予約が必要だが、一度館内を見学してみたい。


帰宅し、車のルーフに付けているキャリアを修理。壊れているわけじゃなく、知らぬ間にバーがずれてしまっていて、気になっていた。もし走行中にはずれたら、えらいことになる。ずれた原因は、車の振動、あるいはカヤックを積む時に、かなりのテンションをかけてロープをかけるからだと思う。バーを通している足元(?)の部分をバラしてみようと思ったが、そういえばカギが必要なんだ。机の隅っこにカギを見つけ、やっと開けることができた。もう8年経つから、どうやって取り付けたのか忘れてしまっていた。
ネジを緩めたら、簡単に移動し、真ん中にセットすることができた。最後にしっかり締め付けて完了。
f0156359_20303229.jpg

昼食前に、ガソリンを入れ、用事でストラーダへ行った。2時から6時までフルート練。基礎をしっかり。最近はすごく良く鳴って気持ちがいい。ピッコロも安定した音が出せるようになってきた。今日はレコーダーを使って、できるだけ客観的に聞いてみた。ダメなところだらけだ~。
[PR]
by ozawa-sh | 2012-11-21 20:31 | Comments(0)


遊びをせんとや生まれけむ


by ozawa-sh

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月

最新のコメント

コマツさん>コメントをい..
by おざっち at 16:54
昨日はわざわざ大平会館ま..
by 名もなきちゃりおやじ at 15:26
万利子さん>どうもありが..
by ozawa-sh at 11:21
とても素敵です。重厚感が..
by 万利子 at 07:32
こまちさん>なるほど、そ..
by ozawa-sh at 20:38
はい。大きさにもよりまし..
by こまち at 16:53
こまちさん>そ、そこです..
by ozawa-sh at 23:35
えええっ!キンキの開き1..
by こまち at 16:54
万利子さん>ほかのフルー..
by おざっち at 22:40
こんな風に歌うのもとても..
by 万利子 at 22:09

メモ帳

最新のトラックバック

しまなみ レンタサイクル..
from 今治バリバリリンク集

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧