おざっちの漕ぎコギ日記2

<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

朝の練習、夜の飲み会。

石山朝練部隊の練習日。路面が濡れているので、TTはやめて田上平坦コースとする。
f0156359_032477.jpg

いつもよりややアベレージは低めだが、たっぷり汗をかく。途中、ゆっくり走るマジリングの人を抜かしたのだが、追いついてきて、この人が速いのなんの。


昼休みはウェイトトレーニングを30分ほど。ベンチプレスと腹筋、バランスボールを使って背筋トレ。早起きも相まって、午後から眠さ百倍。


さて、今日は石山朝練部隊の宴会である。題して「夏だ!バイクだ!爆発だ!」。駅前のビルの「茜どき」に、12名が集まった。レグルスの男前隊長と16年選手さんも参加してくれて、場が盛り上がる。7時から始まり、気がつけば11時。同じ趣味を持つ者同志、話のはずまないわけがない。良い時間を過ごせたことに感謝。


帰宅し、明日からの山行の準備。会社に出入りする業者の方たちと、大日岳を登る。ルートや宿はリーダーの人にまかせっきりなので、ボクはなんにも知らずに連れていってもらうだけ。日曜の夜に帰宅の予定。なので、このブログは少しお休みです。寂しい?
[PR]

夢、進行中。

会社帰りにflのレッスン。雨林先生はアメリカの短期講座から帰ったばかりで、おみやげのチョコをもらった。ケーラーの練習曲をみっちりやり、最後はモーツァルトのデュエット曲で締めくくる。デュエットは最高に楽しい。二本の笛の音がからみあったり、追いかけっこしたりという掛け合いの妙というのか、ハーモニーの対話というのか、それが面白い。今日はダブルタンギングもうまくできた。


来年の5月に定年退職を迎えるが、その記念にリサイタルをできないかと模索中。場所も一応決めて、オーナーの了解ももらった。比良の森の中の素敵なレストラン。雨林先生にも出てもらえるか聞いたところ、快諾をいただいた。伴奏のピアニストも連れてくるという。来ていただいた皆さんに自由に食事をとっていただきながら、気楽な演奏会ができればいいと思う。ストラーダのみんなには自転車で来てもらうと、丁度いいかも。
なんだか、実現は無理だと思っていたのだが、少しづつ夢、進行中。
[PR]

MTB朝練

どんよりと曇った空の下、Nトレを走ってきた。本日の参加者は5名。ダイスケさん、HOTASさん、PINETAILさん、Iいだ君、ボク。雨でぬかるんでいるだろう、ということで、急きょ「裏N」に決定。このコースならほとんどがジープトラックなので、路面がしっかりしていて、タイヤ痕を残さない。しかしこのコースは上りが厳しく、途中で降りたくなる。それに前回にはなかった雨で溝が掘れており、走りにくいことこの上ない。コブシ大の石も浮き上がってきており、ガレガレ状態。でも、それがけっこう練習になる。
峠をクリアし、下りにかかる。草が生い茂り、慎重にコースを見極める。そしてM寺の境内を通って終了。距離は短いけど、テクニカルにしてハードな内容。こういう練習はいつか役に立つ。


今日は社長との懇談会。といっても、屋上ビヤガーデンでの飲み会。京都駅を眼下に、東山の
山容も美しい場所。25名ほどが参加して和気藹々のうちに終了。生ビール3杯に、イモ焼酎と麦焼酎それぞれ1杯づつと、おざっちにしては珍しく飲んだ。今度の新社長はなかなかフレンドリーな人で、親しみが持てる。信条を聞いたところ、「まあなんとかなるやろう」だそう。こんな時代になかなか会社の舵取りは難しいだろう。
f0156359_22582239.jpg

[PR]

これ欲しいなあ、、

f0156359_22233126.jpg

ガーミン社から出たハンディGPS、「オレゴン300」。これ欲しいなあ。タッチパネル式。デザインもスッキリとまとまっている。でも新しくした携帯にもGPSが付いてるしなあ、、。かなり細かいところまで表示されるから、あえてGPSを買わなくても済むし。それにオレゴン300は126,000円もするし。
悩む。
新しい道を開拓するとき絶対役に立つし、あれば便利なのは分かってるけど、ちょっと値段がなあ、、、。
あーあ、物欲にはキリがないわー。


それにしても、GPSというのは、地球の周囲を回っている人工衛星から届く電波を利用しているわけだけど、今まで勘違いしていたんだけど、電波が届く時間の差を計測して位置を割り出してるんだってなあ。ボクはてっきりそれぞれの衛星の位置角を、「三角測量」の原理で測って決定しているんだと思っていた。でもまあ、時間の差っていうのも三角測量の原理になるのかなあ。
[PR]

Nトレ道場を整備する

f0156359_1440592.jpg

以前、HOTASさんと話が出たNトレの整備を、今日やることにした。ついでにDトレにも行こうと思っていたが、天気が不安定なため、とりあえずはNトレの整備だけして、あとはなりゆきで決めることにした。


9時に近江大橋で待ち合わせ。行くと、HOTASさんの他にもぴかしさんとX君(すんません、お名前を失念してしまいました)がすでに来ていた。この4人で一路Nトレを目指す。空は晴れており、またしても天気予報ははずれかと思った。しかし蒸し暑く、トレールの入口に到着した頃には汗がポタポタと落ちるほどだった。まずは階段のテクニカルな上りに挑戦、さらに頂上へのシングルトラックを進む。ボクの背中のバッグには折り畳みできるノコギリをしのばせてある。


そもそも、トレールの整備というものは、その山の所有者、ないしは道を管理する者がやるべきだろうと思うのだが、なかなからちがあかず、見かねてやってしまうことになる。まあ今回のように、道へ倒れてきた木を切るくらいのことであれば、まったく問題ないと思うのだが、、。


で、倒れている最初の木のところに来た。HOTASさんがギコギコやると、その木は半ば腐っていたらしく、なんなく切ることができた。それをヨイショと脇にどけてやる。少し先に二本目の倒木。まだ生木のため、細いのにこれが一番手こずった。二つのノコで切る。たちまちヤブ蚊が我々を襲う。それを叩きながらノコも動かすから忙しくてしょうがない。最後はゴロンという感じで切り離すことができた。「やったー!」とその達成感に、一同感動。さらに、最後の倒木。これは太くて水分を含んでいるようで、切るのは大変。そこで4人で持ち上げて脇にずらした。


ひと仕事終え、Nトレの頂上まで上る。
f0156359_14395684.jpg

すると天が用意していたように「ご褒美」の雨が、、。Dトレは今回やめることに決定し、今整備したばかりの道を下っていくことにした。やっぱり倒木で立ち止まることがなく、快適である。1号線に出た頃には土砂降りとなり、雷も鳴る有様。しかし汗もバイクに付いた泥も洗い流してくれる。おまけに火照った体も冷やしてくれるので、気持ちいいー!


「トレールの整備」というものを初めてやってみたが、なかなか達成感のある仕事だった。それに、上半身も鍛えられるので、バランスのよいトレーニング(?)にもなるぞ。
[PR]

十字屋にて

久しぶりの土曜日出勤。午前中はある政党の広告制作。といっても、外部のデザイン会社で作ってきた出来合いのものを、本社の入稿規定に沿ったものに補正してやるという仕事。これがけっこう大変なんである。まずはサイズを見る。0.1ミリ単位で大きさが決められており、そのチェック。さらに、不要なオブジェクトがないかどうかのチェック。そして一番大変なのが、カラー写真の色補正。新聞印刷というのはある意味特殊で、まず紙の質が良くないから発色が悪い。そして色がにじんで全体に暗くなるから、その分を見込んで明るくしあげねばならない。刷り見本を脇に置いて、見比べながら補正していく。人の肌色、特に顔の色には神経を使う。それも人種や年齢、男女、その他、日の焼け具合でも変わってくる。この辺になるとCMYKの数値よりも、オペレーターの感覚に頼るところが大きい。やっかいなのは、現物が手元にない商品の色を合わせる作業。その商品を見るために、コンビニに行くこともある。買うのはもったいないから、しっかりこの目に焼き付ける。


f0156359_2254792.jpg

作業も終わり、2時には退社。ボーナスのお小遣いを持って、三条京極の十字屋へ行く。CDと楽譜で1万円使うつもり。先日のベルリンフィル金管を聴きブラスに開眼、1枚はトランペットの二重奏が入ったCDを買う。フランスの天才トランペッター、モーリスアンドレの高弟二人が吹いている。もう1枚がパユの吹くモーツァルトFl四重奏曲集。ランパルにしようか、ニコレの笛にしようか迷ったが、思い切って今をときめくパユを選んだ。まだ聴いていない。楽しみだ。さらに階上の楽譜売り場へ行き、ボアモルティエの二重奏曲集を購入。笛仲間が現在忙しくてデュエットできない状態なのだが、彼が復帰するのを楽しみに待っている。
[PR]

気練

自分に気合いを入れるためのひとり朝練決行!歳だの、しんどいだの、ウダウダ言ってても仕方がない。どこかでそんな自分にふんぎりをつけ、とりあえず外へ飛び出す。行動することが、自分の気持ちをリフレッシュしてくれる。


いつもの朝練コースを走る。そして走る自分をかっこいいと思って走る。長年親しんだロードバイクを、まるで自分の手足のように繰りながら、心肺をエンジンのように動かしながら、完璧なフォームで突っ走る。ペダルを踏む位置を意識して走る。13時から19時の間を押し、11時くらいから次への予備動作に入る。飛島の坂で、よそのチームの人を抜き去る。スプリントもひとりでやってみる。ここがポイント。しんどくなってからのスプリント。昨年のスズカもマスターズもことごとくここで踏めなかったのが敗因。重点目標だ。


飛島の周回コースをもう一度行こうと思ったら、前方からYくさんが。確か昨日もTTの朝練をしているはずなのに、今日も練習している。やはり強くなる人は、かげで努力している。いいものを見た。 
[PR]

そろそろ終わりかな、、

木曜朝練に行こうと昨夜は12時前に就寝したのだが、5時に起きられず結局不参加。ononoさんのブログによると、今日はそうそうたるメンバーだったようで、ボクなんかの出る幕ではなかった様子。前回参加したTTの練習はきつくて、最後はひとりちぎれてしまった。そりゃ還暦を前にしたジジイが着いていけるハズもなく(マシンも古いし)、無理すれば必ず体のどこかにひずみが来る。若い人は練習すればしただけ強くなるが、我々の年齢になると新陳代謝が鈍っているせいか、せいぜい維持するのが精一杯。さらなる向上をしようとすれば、よほど計画的にやらなければならない。しかし、哀しきかなサラリーマン、そんな計画が守れるハズもなく、いきあたりばったりが関の山。


しかしウチの会社のOBで、70歳を過ぎてもまだ記録を伸ばしているマラソンランナーがいる。髪も黒々として若々しい。本人いわくそのヒミツは、「高圧酸素カプセル。50万以下ではアカンで」と聞いてもいないことまでしゃべる。なんでもその中に入ると、新陳代謝を活発にするんだとか。半信半疑なのだが、事実、記録を伸ばし続けている彼を見ていると、「オレも買おうかなあ」などと思ってしまう。でもそこまでして「勝ち」にこだわる気持ちもなく(金もなく)、まあこのままでいいか、楽しんだらそれでいいか、と思っている。


仕事場で、なにかの話の流れで、「山本富士子って知ってるわなあ、、!」と問いかけると、「え?ダレですか、その人?」ときた。「ダレって、、、第一回ミスユニバースで優勝して、その後女優になった、日本を代表する美人やがな。」これだけ説明してもやはり分からないらしい。「おざっち部長が、サバンナ八木を知らなかったのと同じですよ」と言われ、妙に納得。確かに先日作った広告で、サバンナ八木が誰だか知らずに、若いヤツに聞いたことがあって、それ以来すっかり覚えたのだが。


なんだか最近は体力面でも、知識面でも、そういう「年齢の壁」みたいなものを痛切に感じることが多い。先日の人間ドックでも、たくさんの悪い数値が出たしなあ、、。「もうオレもそろそろ終わりなのかもしれんなあ。60歳で定年というのもまんざら根拠のない数字じゃないみたいやなあ」などと、ひとり落ち込む。


クッソー! 負けてたまるか! 明日はコソ練してきたろ!
f0156359_22475453.jpg

[PR]

天体ショー

11時頃から、職場の皆さん、席を立って窓際に行き、空を見上げている。今日は日食があり、半ば公然と仕事の手を休めることができる。ボクは会議が終わった11時過ぎに烏丸通りに出て見てみたが、薄曇りで時折太陽が見える感じだった。雲のフィルターがかかり、まともに見ることができた。やがて太陽が欠け始め、下の方から3分の2くらいが日食となった。ボンヤリだが、うまくカメラにも収めることができた。
f0156359_2304264.jpg



会社を早くひけ、京都会館へ急ぐ。今日は「ベルリンフィル12人の金管奏者たち」というコンサートに行った。このコンサートの広告を見つけ、「これ聞きたいなあ」と言っていたら、ヨメが父の日のプレゼントにチケットをプレゼントしてくれた。前列のS席だったので、奏者の様子がよく分かり、面白かった。ベルリンフィルは言うまでもなく、世界最高峰のオケだが、楽団員のすべてが第一級のソリストである。その金管部門のハーモニーに期待が高まる。


開演となり、部隊から奏者が出てくる。ホルン、チューバ、トロンボーン、トランペット、、、金と銀に輝く楽器を手にしている。もうそれだけで興奮してくる。最初のヘンデルの曲が鳴り始める。透明で哀愁のある音をトランペットが奏でる。次々にからみあうブラスの響き。すばらしい!これが本場の音か。特にトランペットの二重奏は、今まで聞いた曲の中でも、衝撃的に素晴らしかった。さらに、タンゴやグレンミラーの曲も演奏され、アンコールには「浜辺の歌」をやった。もう大感激。聴衆はまさに釘付けとなった。帰路、いつまでも金管のハーモニーが耳の中で鳴っていた。
[PR]

日食

関西では明日の11時頃から部分日食が始まるらしい。なにしろ日本では、46年ぶりの皆既日食だそう。ということはボクが13歳の時にあったということか。少し計算が合わないけど、確か小学生の時にあったのをボンヤリ覚えている。学校で、「煤を透明なガラスに付けたものを家で用意してくるように」言われたのだが、父親がセラミック関係の仕事をしていた関係で、濃い色ガラスを持っていった。皆にうらやましがられた。その日はうまく晴れて、昼頃になると、太陽が欠けてきて、用意した色ガラスで見た。記憶がおぼろげなので、その映像はすっかり忘れている。そんなわけで、明日はちょっと楽しみなんである。


明日はベルリンフィルの金管奏者によるコンサート。京都会館第一ホールにて。
金曜日が歯医者。
土曜日は出勤。
日曜日はHOTASさんとNトレの整備、その後Dトレに行く予定。
来週火曜日が社長との懇親会。
水曜日はFl.のレッスン日。
木曜日がお楽しみ、石山支部朝練部隊の中〆宴会。題して「夏だ!バイクだ!爆発だ!」
金曜日の夜から、おじさん山仲間で大日岳登山。

、、、なんだか忙しい週が続く。
f0156359_21534249.jpg

[PR]