朝練 fl. 披露パーティー

ストラーダの朝練に参加。行き先は「富川林道」。9名が参加し、終盤にきつくなる峠を目指す。ボクはTREKのニューバイクで初めてのライド。インターマックスと比べ、重心の位置が違ったり、ブレーキやシフトのタッチなど少し感覚が異なったが、少し乗っていると慣れてきた。なかなか漕ぎが軽いバイクだ。汗ビッショリになり峠の頂上に到着し、あとは下りにかかる。田代のみやげ物屋で休憩する。暖かい日射しが気持ちいい。ここで、さらに三重県の阿山へ行く組と分かれ、ボクら3名は先にストラーダに帰った。TREKは下りでも安定した走りだった。


お店で休憩し、帰宅。シャワーを浴び、2時間ほどフルートの練習。ロングトーンと、ハノンを使ってスケールの練習。体をよく動かしたあとだったので、芯のある音がよく鳴る感じがした。


4時からは大津プリンスで結婚披露パーティー。県立大カヌー部のOBが新郎。昔、クラブの立ち上げにかかわった縁で呼んでいただいた。総勢80名近くが集まり、楽しいパーティーとなった。
f0156359_21353761.jpg

こんなデュオがしんみり聴かせ、
f0156359_21362479.jpg

こんな気色わるい踊りで大盛り上がりし、
f0156359_21381819.jpg

最後はお決まりの集合写真で〆。
アッと言う間の3時間。
「おざっちさん、また瀬田へ漕ぎに来てください」と皆に言われた。
若い人達は二次会へと消えていったが、ボクはもうヘトヘトで帰宅。
[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-28 21:41 | Comments(2)

明日もなんやかや、、。

歯医者へ。先日の手術で、アゴの骨に穴を開け、チタンのボルトを埋め込んだわけだが、もう一度歯ぐきを切開してボルトを露出させ、そこにフタをした。多分、次回はそのフタを取り去り、仮の歯を入れるのかもしれない。一歩一歩、元の状態に戻りつつあるのがうれしい。


仕事が忙しくなり、明日もし早起きできたらストラーダの朝練に参加の予定。ついでにTEE君のレンタルバイクを引き取ることと、未払いのお金を払わねば。昼からフルートの練習して、夕方からプリンスで結婚披露パーティー。
[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-27 22:58 | Comments(0)

朝練はまだ暗い中から

ストラーダ石山支部朝練の日。支所に集まったのは、ononoさん、Yクさん、Yマグチさん、ヨットちゃん、ボクの5名。まだ暗いので、LEDをハンドルに付けてきたが、皆さんヘッドライトはもちろん、赤いテールライトも付けている。なるほど、追い越す車が一番危ないわけだから、前よりも後の守りの方が大事だ。機会があれば購入しよう。今まであまり暗い時に乗ることがなかったので、必要性を感じなかった。


いつもの瀬田文化ゾーンコースを行くことに。南郷洗堰を渡った頃から、ようやく空がしらみ始めた。ボクはフリースを首周りに巻き、それで口も覆っている。しかし、途中から暑くなり、せずに走る。今日は久しぶりに走ったにしては、なんとなく調子がよく、疲れを感じない。上りでもペダルが軽く感じられた。昼休みのジムでのトレーニングが効いているのだろうか。わずか30分ほどだけなのに。飛島の定番スプリントも、よく踏めた。皆と別れ、帰宅。ザッとシャワーを浴びて出勤。


昼休みのトレーニングは休もうと思っていたが、調子の良い時にやっておいた方がいいと思い、ジムに行く。重ためのスクワットと腹筋、背筋、それにラットプルダウンもやっておく。自転車にはあんまり関係ないかもしれないけど、全身をバランスよく鍛えたい。終わったら、地下でシャワー。午後はもちろん仕事だが、ノドが乾いてしょっちゅう水や、コーヒーや紅茶や日本茶も飲む。
市役所前まで15分歩き地下鉄に乗る。帰りも自転車。バイオリズムが上昇中なのか、よく動けた一日だった。


写真はチェンライの主催者公式ページより。カメラがワイドレンズで撮っているらしく、ゆがんで見えるのが面白い。
f0156359_21451279.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-26 21:45 | Comments(4)

初めてのロードバイク

明日からストラーダ石山朝練部隊の活動開始。天気も回復してきたし、ボクの体調もすっかり良くなったので、明日が待ち遠しい気持ちだ。でもまだスタートの朝6時は暗いので、気をつけて走ろう。この朝練がなければ、自転車のトレーニングをひとりですることはめったにないだけに、ありがたい話である。


ボクが初めてロードというものを買ったのは、今から30年くらい前になるだろうか。大学時代にも自転車(キャンピング)でツーリングはしていた。東北、北海道、四国などあちこち走り回った。下宿していた千葉から実家の名古屋まで東海道で帰ったり、中山道で帰ったり。しかしロードという存在は、当時知らなかった。最初にロードを買ったのは、「びわ湖サイクル」というガード下のショップ。黄色い鉄フレームで、「BIWAKO」とペインティングしてあったのを思い出す。最初に乗った時、「なんて速いんだろう!」と衝撃を受けた。ギアは6段。ダウンチューブにディレーラーのチェンジレバーが付いていた。ペダルも今のようなクリップ式ではなく、ベルトで留めるタイプ。シューズに「DIADRA」のロゴが入っているのがうれしかった。ウェアも「カステリ」のサソリのマークが入ったものを買い、自転車のおかげでイタリアのデザインに触れることができた。


さて、明日は早起きできるかなあ?
[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-25 21:44 | Comments(2)

チェジュ

今年9月に行う、「チェジュ(済州) サイクリング ツアー」のプランを色々と考えてみる。チェジュは一周するとだいたい200キロ。ほぼ琵琶湖と同じ大きさの楕円形の島である。島の真ん中に「ハルラ山」という休火山があり、その噴火でできた島なので火山岩でできている。風が強い島なので、民家の石垣は穴がたくさん開いた火山岩を積んでできている。南北にそれぞれ大きな街があり、北は「チェジュ市」、南が「ソッキボ市」。その距離はどっちから回っても約100キロある。二日間続けての100キロとなるので、長距離を走った人が対象になるだろう。雨が降った場合はドライブになるか、雨具を来てのサイクリングになるかも。「サボテン畑」があるとのことで、暖かい島だ。韓国人のハネムーンのメッカらしい。


以前この島を3人で走ったのだが、1日で回るつもりで出発。しかし最後は日が暮れ、パンクもよくしたので予備チューブがなくなり、結局チェジュ市までタクシーにロードを積んでもらって帰った。冬だったので、日が短いせいもあった。それでも、島は美しく、車のマナーもよかったので、もう一度走りたい場所である。
[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-24 20:40 | Comments(5)

灘五郷を歩く

JRのウォークイベントに参加してきた。今日のメインは「灘の醸造元を巡る」ということで、集まるわ集まるわ、ジジババばかりが約300人、阪急の岡本駅に集結した。皆さん、もちろん各醸造元での「試飲」がお目当て。ボクは特に日本酒が好きなわけではないが、酒蔵の建ち並ぶ路地の雰囲気を味わいたくて参加してみた。灘は日本一の酒どころ。「灘五郷」と呼ばれるように、酒蔵は今津郷・西宮郷・魚崎郷・御影郷・西郷と、東西に並んでおり、日本のメジャーな日本酒メーカーが軒を並べていた。


ウォーキングはまず「岡本の梅林」から始まった。一般の人も混じって、ものすごい混雑。ここがそれほど有名な梅どころとは知らなかった。斜面の梅林の向こうには、海が臨まれ、なかなかの雰囲気。
f0156359_2045162.jpg

細い路地をクネクネと曲がりながら、灘の酒蔵通りを目指す。ボクは今回、ストラーダ店長からお借りしている「ガーミンGPS」を携帯し、主催者にもらった地図と見比べながら歩いてみた。
f0156359_2071195.jpg

まだ使い方がよく分からないのだが、現在地を把握するのには便利なモノだと思った。


まずは「菊正宗酒造」が現れる。ジジババはそそくさと中に入り、一目散に試飲コーナーへ。ボクも負けずと試飲コーナーへ。「ウーム美味い!」。普段は日本酒なんて積極的に飲もうなんて思わない自分だが、この時ばかりは美味いと思った。
次は「白鶴酒造」へ。ここでも試飲コーナーがごったがえす。「ウーム、白鶴も美味いぞ!」
f0156359_20134480.jpg

はい、次!「福寿酒造(酒心館)」。ここでは並びなおして2杯おかわりぃ!


今日は気温が低く、お酒も飲むのだから、どこの立ち寄りトイレも長蛇の列。ハーバーランドが近くなったところで雨が降ってきたので、突然の中止となった。まあ、今回のイベントは自由参加なので、参加者は文句も言えない。三々五々、神戸の街に消えていったのであった。
[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-22 20:19 | Comments(4)

朝練は喜撰山ダムへ

ストラーダの朝練に参加。今日はTにむらさんの練習コースである、「喜撰山ダムコース」へ行くことに。喜撰山の名前は知っていたが、行くのは初めて。寒い中、集まったのは9名。初めて顔を見る人もいる。まずはそろって「猿丸神社」を目指す。少し休憩し坂を下り、宇治田原の「郷ノ口」へ。さらに「天ヶ瀬ダム」を通過する。宇治川を吊り橋で渡り、「志津川」沿いの道を上っていく。そして喜撰山ダムへのきつい上りが始まる。傾斜が様々に変化し、脚を使うが良いトレーニングになるコースだ。しかしここで先頭集団から遅れてしまう。


上り切ると、そこにはダム湖が広がっていた。ここの水は確か、南郷洗堰からの導水路から来ているはず。思ったより大きな湖だった。全員が揃ったところで下り基調の「曽束大橋」までの林間コースを走る。夏場などによさそうな道だった。初めての道はワクワクする。


ストラーダに帰り、Yさんご夫婦と近くのイタリア料理の店で昼食を摂る。パスタが旨かった。するとそこにタイから電話が入った。先日のチェンライのレースで大ケガをした、三重県から参加のご夫婦からで、「今日無事に退院し、今バンコクに来ています。これで日本に帰れます。ありがとうございました」という内容。事故から2週間、経過も順調だそうで、本当に良かったと思った。来年もまた、あの元気なご夫婦に会えるのだろうか。


帰宅し、1時間ほど昼寝タイム。コタツの中でグッスリ寝てしまい、久しぶりに「休日」を味わった気がした。夕方2時間フルートの練習。
[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-21 20:09 | Comments(4)

おじさん仲間

山の会で宴会。山科駅前の「安加郎」にて。今日はインプラント手術後の抜糸をしたので、どうしようかと思ったが、大丈夫そうなので行くことに。メンバーは会社に出入りしているK氏、その取引先のY氏、K氏のテニス仲間YT氏。このメンバーであちこちの山を登ったり、奈良の山辺の道を歩いたりしてきた。職種も様々、人生経験も様々なので、色々な話が聞ける。今年のスケジュールもその場で決まり、まずは姫路城のお花見ツアー。これがかなりいいらしいのだが、全員酔いが回っているので、なにがどういいのか、さっぱり分からないのがミソ。とにかくいいので行こうということになった。しかし、ボクはその日に「伊吹山ヒルクライムレース」があるので、パス。


さらに酔った勢いで次々とスケジュールが決まっていく。「白山」、秋には「綿向山」が決定。他にも予定が決まったような、、。昨年も「本当に行けるのかなあ」と思っていた穂高も、ちゃんと実行しているのだから、このおじさん仲間は結束が強いのである。


支払いが終わり、外に出るととても寒くなっており、皆が背中を丸めて駅へと歩いた。こういう仲間は本当に大切だと思った。
[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-20 23:25 | Comments(2)

ナルシスト?

今日も、昼休みは会社のジムへ。今日は木曜日だから、下半身をトレーニングする日。ストレッチの後、固定バイクに乗り、強弱をつけて回す。時計の位置で言うと、11時から15時まで押し、18時から21時まで足を引き上げる感じで漕ぐ。その後腹筋、さらにバランスボールで背筋。ヒンズースクワット。最近、有志でCDセットを購入したので、今日は「こぶくろ」を流しながらトレーニング。アッと言う間に30分が経過。地下のシャワー室へ急ぐ。その間に輪転機が回り、夕刊を刷り出す。


ジムと言っても、たいして器具は多くない。マットがあり、引っ張るのやら、押すのやら、簡単なマシンがあるのみ。奥の小部屋で着替え、シューズも置いてある。あ、全身を映すカガミもあるぞ。胸の筋肉をピクピクさせてウットリ、、、する程ありません。もうここに30年以上通ってるなあ。
f0156359_23232419.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-19 23:23 | Comments(7)

2009王滝

今年5月31日に行われる「セルフディスカバリーイン王滝」に申し込んでしまった。ストラーダのメンバーが続々と参加表明するので、ボクもその勢いで申し込んでしまった。距離は100キロと42キロがあるのだが、迷わず42キロ。もう100キロはこりごり。過去2回出たが、ボクにはちょっと過酷過ぎて、体を悪くしそうだ。かといって、実は前回42キロに出たのだが、最後の最後のカーブで転倒し、ヒザとヒジに大けがを負ってしまった(写真は救急車で運ばれるおざっち)。、、、なので、今回はそのリベンジもしたいので、42キロなんである。


このコースは普段使われていない林道を走るものだが、路面の石の角がたっており、パンクしやすいので要注意である。非常にガレた箇所があったり、延々と登りがあったりと、とてもタフなコース。しかし、途中で見える御嶽の眺望はすばらしく、大自然を満喫できるレースである。
f0156359_22535435.jpg

[PR]

by ozawa-sh | 2009-02-18 22:53 | Comments(6)