おざっちの漕ぎコギ日記2

食べて 走って 食べて 走って、、、

f0156359_913431.jpg

先週の日曜日は、京都府の北部美山町で開催された「美山サイクルグリーンツアー」に参加してきた。参加するのは三回目だが、年々人気がウナギ登りで、申し込みの5時間後には参加締め切りとなる始末。人気の理由はもちろん、コースのすばらしさなのだが、各エイドステーションに用意されている食べ物・飲み物の内容が豊富で、走るために食べるというよりも、食べるために走るの感が強い。

朝4時、皇子山に住むKさんをピックアップし、二台のロードバイクを乗せた車は一路美山へと走る。しかし、周山街道の途中でかなりの雨に降られ、ただでさえ暗い雰囲気の周山街道なのに、気持ちまで暗くなる。しかし、雨雲レーダーを見ると、雨雲はやがて京都府を抜けそうだったので、走るときは大丈夫だろうと読んだ。
f0156359_93738.jpg

一時間ちょっとで美山着。すぐ受付へ行き、ゼッケンを受け取った。すでにスタートラインに並んでいる人もいて、我々も準備を急いだ。やがていつもの仲間も到着し、スタートを待つ。ただし、列に並ぶと、スタートしてもかなり待たされるので、ちょっとズルをして、スタートラインの100mほど向こうから間に入ることにする。
f0156359_933243.jpg

美山町は、京都国体のときにロードレース会場になったところで、自転車に対する地元の理解が深い。元々、車の通行量も少ないので、走っていても安心なのだ。山の緑、そして透明な川の流れが美しい。本当に気持ち良い環境の中を走ることができる。
f0156359_935272.jpg

千数百人の自転車が、いくつもの集団となって走る。雨もすっかり上がり、走るには丁度良い天候だ。我々の集団は、普段から走っている人ばかりなので、他の集団を抜かしながら快調に飛ばす。前の晩にフレームを磨き、チェーンにオイルを差してやった我が愛車も、気持ちよくスピードを上げていく。

やがて第一エイドステーションにやってきた。たくさんの食べ物が並んでいたが、まずは朝食としてオニギリに手が出る。といっても、様々なオニギリが並んでいて迷う。「紫蘇のオニギリ」を食べることにした。そして紫蘇ジュースも飲む。もちろん、手作りの漬物も。
f0156359_941663.jpg

f0156359_943357.jpg

途中のチェックポイントでは腕輪をもらい、その数でどこを回ったのかが分かるようになっている。しかし、食べることがメインになっているので、数はどうでもいいのだ(笑)。次のエイドを目指す。鹿肉のコロッケや氷水に浮かんだトマト、スイカを食べる。あ、スウィーツもあるけど、後のエイドで食べることにしよう。

気温が上がってきて汗をかく。エイドでは口をモグモグさせながら、木陰で休む。透明なゼリーが美味しいなあ。今日はゲストとして、元バレーボール選手の益子さんや、シンクロの奥野(朝原)史子さんも参加しているけど、姿を見たのは最初だけで、あとは全然会わない。
f0156359_95826.jpg

やがて毎年川遊びしているチェックポイントにやってきた。橋のたもとから河原へ下りていくと、すばらしく冷たくて透明な水が流れている。シューズを脱いで川の中へ皆で飛び込む。これもこの大会の楽しみだ。皆で水をかけ合ったり、流れにまかせたりして、谷あいに笑い声が響く。
しかし、寄り道ばかりしているので、距離が全然伸びない(笑)。

70キロほどを走り、ゴール。少し疲れたが、お腹は満腹(笑)。参加賞の美山の米をもらい、帰路についた。
f0156359_952876.jpg

[PR]

瀬戸内の島々を旅する

f0156359_20443917.jpg

「とびしま海道」「しまなみ海道」をつないで走ってきました。新幹線で広島まで行き、呉線に乗り換え、「広」という駅で降りて走り始めました。
f0156359_20453278.jpg

宿は、とびしまの先端近くにある江戸時代からの港、「御手洗(みたらい)」。この町の出身者に、「中村春吉」という人がいます。明治時代に、自転車で世界一周をした人で、春吉の碑の前に立つのが、今回の旅の目的のひとつでした。その碑は、蝉時雨の中、神社の境内の中にひっそりと立っていました。
f0156359_20462150.jpg

翌日はまだ暗い中、岡村港まで走り、今治行きのフェリーに乗りました。瀬戸内海の島々が、霧の中に浮かびあがり、旅気分を満喫しました。
さて、今治からしまなみ海道を北上したのですが、いつもとは違う道を選択。これがまたすばらしい道でした。しかし、途中からガーミンがうまく表示されず、標識に導かれながらのツーリングとなりました。
尾道に到着。お約束の尾道ラーメンを食べ、30キロ先の福山へ走ります。駅前で自転車をバラし、無事新幹線に乗ったのでした。
今回は、久々に本格的な輪行をし、ずっと計画を暖めていたコースを走ったので、満足感のある旅となりました。
瀬戸内の島々を眺めながらのサイクリング。またいつか走ってみたいコースです。

ちなみに、今回はガーミン(GPS)を使ってコースを確認しながら走ったのですが、知らない土地を長距離走るときには心強い見方です。
f0156359_20484677.jpg

[PR]

我は湖の子 ~カヤックでビワイチの夢~

今年の目標のひとつに、「カヤックでビワイチ」というのがある。折りしも「琵琶湖周航の歌」が作られて100年となり、タイミングも良い。加藤登紀子さんが歌ってヒットした曲だが、ボクの好きな歌のひとつである。

調べてみると、琵琶湖の周囲には六ヶ所の歌碑があり、時計回りに回ると、歌詞の一番から六番を順番に回ることができる。今日はそういうことも含めて、一緒に回るハルマッタンさんと企画会議を行ってきた。梅雨があけ夏本番を迎えたようで、今日はすごく暑い一日だったが、ご自宅まで自転車で行くことにした。

ハルマッタンさんは自分でシーカヤックを作ってしまった人で、この愛艇で琵琶湖を回るのが夢。その美しい木造の艇を横目にしながら、琵琶湖の地図を広げ、鉛筆片手に作戦を練った。食料のこと、宿泊のこと、航路のことなど、考えておかねばならないことが色々とある。一番の問題はやはり天候のこと。湖が荒れれば進むことができなくなる。
で、時期は10月の初めごろとした。ハルマッタンさんの自宅は瀬田川に面しており、そこがスタート地点となる。初日は近江舞子、二日目は知内浜、三日目は長浜、四日目が近江八幡、五日目にゴール、という計画だ。すべてキャンプ泊である。
テントはあるけど、シュラフは学生時代にサイクリングで使っていた古いもの。またマットは買わねばならない。食器やバーナーなどはある。

まあ、状況を見ながら、無理しない範囲で漕ぎたいと思うが、果たしておじさん二人の夢は本当にかなうのだろうか。
[PR]

キュウリ

今日は、新しく入団したVIVOの定期練習の日。皆が準備して円を描くようにして音出ししているところへ、少し遅れて指導者の先生が入ってきた。手に、なにか大きなビニール袋をさげている。それを円陣の真ん中にドサッと置くと、「これ、皆さんで分けてください」とのこと。中に大きなキュウリがたくさん入っている。「ご近所からた~くさんいただいたので、皆さんにもおすそわけです」。
練習が終わってから、早速三本ほどをいただいて帰ってきた。

今度のアンサンブルはこういう感じで、とっても雰囲気がいい。練習後に食べに行ったり、何人かで集まって合奏したりもする。演奏レベルは高くないけど、こういうアットホームな感じが気に入っている。

今日は、来年20年を迎えるので、その記念コンサートの話し合いが持たれた。会場はびわ湖ホールと決まり、曲目の大筋も提案された。役割を決めないといけないけど、チラシとプログラムはボクが作ることになった。楽しい雰囲気のを作ろう。

重たい楽器を背負い、自転車を漕いで帰宅。汗だくになった。夏だなあ。
f0156359_20512125.jpg

[PR]

車の点検

スバルに買い換えて1年半、6ヶ月点検の案内ハガキが来たので、今日車を持っていった。特に気になるところはないけど、知らない間に、ブレーキランプの近くに小さなヘコミができている。金属のところではなく、プラスチック部分だ。ディーラーに、いくらぐらいかかるか尋ねてみたら、「バンパーごと換えないといけませんので、約8万円かかりますねえ」とのこと。そんなにかかるんなら、やめだやめだ!走りには全く支障がないし、プラスチックなら錆びる心配はないから、放っておくことにした。
でも気にはなるなあ(笑)

前回のオイル交換から4000キロほど乗っているので、交換した方がいいですと言われたけど、6000円もするので、次回半年後にすることにした。次回は、「点検パック」に入っているから、タダでできるのだ。ほんとは、3000~5000キロで換えた方がいいらしいけどね。

作業の間、飲み放題のアイスコーヒーをチューチューやりながら、借りてきた本、椎名誠「かえっていく時間」を読んでいた。なかなか良い時間。
小一時間経ち、ツナギを着た整備士さんがやってきて、作業について順次説明してくれる。どこも悪くないそうだ。洗車もしてくれてピッカピカ。
はい、これでまた安心して乗れますね。
f0156359_16525567.jpg

[PR]