おざっちの漕ぎコギ日記2

2017年 05月 02日 ( 2 )

大阪のパールフルートへ行ってきた

下の記事に書いたように、バスフルートのキーが動かなくなってしまい、大阪心斎橋のパールフルートへ行ってきた。新快速に乗り、梅田から御堂筋線に乗り換えて心斎橋で下りる。さらに10分ほど地下通路を歩き、地上に出たところにパールフルートの入っているビルがあった。まぶしいほどの晴天で、こんな都会の真ん中を歩いているのがもったいないほどだ。
f0156359_20525772.jpg


5階にある店に入る。すごく狭い部屋で真ん中にド~ンと大きな机があって、そこに持ってきたバスフルートを置いた。早速担当者がトラブル箇所を見てくれた。「う~ん、これは工場に送らないといけませんねえ」とのひと言。どうやらパイプと心金が、油がコテコテになってひっついてしまっているようだ。なんせ買ってから7年ぐらい経つのだが、メンテナンスをしてもらったのは一度だけ。やっぱりこういうトラブルは起こるべくして起こったと言うべきか。
ボクもこれを使う予定があるので、スケジュールを書いた手帳を見比べながら段取りを決めた。とりあえず13日に練習会があるので、それまでに直るといいなあ。

空っぽになったバッグを背負い、帰宅してからジムへ。このところずっと行ってなかったので、久しぶりに汗を流して気持ちよかった。
f0156359_20531842.jpg

[PR]

朝からダメな話

朝から良く晴れ、朝練に行こうと自転車を玄関に下ろし準備した。さて行こうと思ったら、後輪がパンクしているではないか。急いで新しいスペアチューブに入れ換え、ポンプで空気を入れた。8気圧までもうすぐと思ったら、「パンッ!」とすごい音でパンクしてしまった。見るとタイヤが完全にはまっていなくて、チューブを噛んでいたらしく、そこに負荷がかかってパンクしたらしい。もう予備のチューブがなく、泣く泣く朝練をあきらめた。

数日前からバスフルートの調子が悪く、修理に持っていくことにした。「ミ(E)」のキーの戻りが悪くなっており、最後はまったく動かなくなってしまった。使っているのはパールフルートのバスだが、ほとんどメンテナンスしてなかったので、当然の結果なのかもしれない。リターンスプリングを強くしてみたけど、やっぱりダメだ。芯になるシャフトと癒着してしまった様子。
で、大阪心斎橋のパールフルートへ今から持ち込む。修理時間の予約をしないといけないかもしれないが、開店が10時半だから、それまで待機してないといけない。すぐにでも使いたいし、ゴールデンウィークで店がオープンしているのが今日しかないから、今日直してしまいたいなあ。

思ったとおりにいかないのが人生なんでしょうね。
f0156359_922317.jpg

[PR]