2017年 04月 07日 ( 1 )

新しいアンサンブル

自分の人生は自分で切り開いていく、、、などと大げさことではないのだが、このたび新しいフルートアンサンブルに移ろうと思っている。今所属しているアンサンブルには8年近く在籍していたのだが、演奏曲が難しくなってきた、というのが一番大きな理由。いや、自分の練習不足もあるかもしれないけど、やってもやっても指が回らないという曲もあって、もう限界かなと思った。
また、練習場所まで行くのも大変なのだ。駅まで自転車で行くのだが、ボクは特に重たいバスフルートを担当しているので、背負って走るのが大変なのだ。普通のフルートもバッグに入れるとさらに重たくなる。
また、定期演奏会のチラシやパンフレット、整理券をすべて作っているのだが、これまた気を使う仕事で、毎年この時期が来るとブルーになる。
ボクもやはり歳なのか、以前はあまり重圧に思わなかったことが大変に感じるのだ。

で、先日たまたま市民新聞で見た大津のフルートアンサンブルに行き、今日は体験入団してみた。まずは広い練習場所。体育館のように床が木張りで天井が高い。なので、音が適度に響く。駐車場が無料でゆったりと広いのもいい。
指導者の先生は、元京都市交響楽団のオーボエ奏者で、的確な指導をしてくれる。今日も「なるほど」と思わせる練習内容だった。メンバーはボクと同じか、少し上ぐらいの人ばかりだが、とても雰囲気が良くて、すぐになじんでしまった。
練習した曲も、割と簡単で初見で吹けてしまうぐらい。先生が言うには、「今はまだ三声か四声ぐらいの曲でやっていこうと思います」とのこと。ボクもバスフルートをやることをお話し、バス用に編曲してくれるとのこと。試しに四番フルートを持っていったバスで吹いてみたら、とてもいい感じだった。ボク以外はすべて普通のフルートなので、バスがよく効いた響きがする。

今在籍しているアンサンブルの発表会が6月にあるのだが、そこまでは在籍し、終わりにしようと思っている。なんだか寂しいけど。
[PR]

by ozawa-sh | 2017-04-07 21:28 | Comments(0)