おざっちの漕ぎコギ日記2

老人ホームへ慰問演奏

まったくねえ、、、「漕ぎコギ日記」なのに、すっかり「吹きフキ日記」になっております。まあそこは今しばらくお付き合いください。

というわけで、今日はタイトルのように、野洲にある老人ホームへ、慰問演奏に行ってきました。今まで何度か老人ホームで演奏したことはありましたが、こんなに広々としたホームは初めてでした。周囲は畑が広がり、ほんとに開放感のある施設です。どうせ入るなら、こんな老人ホームへ入りたい(笑)。

今回の演奏は、新しく入団したVIVOでの演奏で、ボクとしては入団して初の演奏会となりました。曲は、「浜辺の歌」「夏の思い出」「エーデルワイス」「ねこバス」「いつも何度でも」「ハンガリー舞曲第5番」「七夕さま」「ほたる来い」「ほたるの宿」「夏は来ぬ」「みかんの花咲く丘」「琵琶湖周航の歌」「あざみの歌」「瀬戸の花嫁」と、簡単な曲ばかりでした。これらを、ボクは普通のフルートとバスフルートを持ち替えての演奏。気負うことなく、全く緊張せずに演奏し終えることができました。

目の前には、平均年齢がおそらく80歳は越えているかというお年寄りばかり。演奏が終わっても、拍手がまばらだったのですが、どうやら拍手する気力さえ衰えているようです。対するこちら側も、あと10年もすれば向こう側へ行くような人ばかりなので、場の雰囲気はまさに和気藹々(笑)。ほんとに気が楽でした。

大きなホールは、とてもよく音が響き、これまた気持ち良く演奏できました。ピアノも真っ白なグランドピアノで、老人ホームにピアノがあること自体初めてでしたが、真っ白とは。ああ、こんなところに入所したい(笑)。途中で、指揮者の先生のオーボエ独奏も入り、多分飽きずに聴くことができたと思います。

12名のVIVOの演奏は、音程や音量など、基本的な点で発展途上ですが、団の雰囲気も良く、ボクにとってまずは居心地の良いアンサンブルのようです。あとは個人レベルを各自で上げていくようにして欲しいところですが、まあ今のままでもいいかなという気もしています(笑)。
[PR]
by ozawa-sh | 2017-06-30 22:38 | Comments(0)
<< 地域を生かす フルートの仲間との8年間 >>