おざっちの漕ぎコギ日記2

コハクチョウは?

f0156359_20583290.jpg

朝から快晴。今日はジムを休んで、カヌーか自転車のどちらかに行こうと迷ったのだが、結局自転車にした。あまり坂を上りたくなかったので、琵琶湖の南半分(南湖)約50キロをグルっと回ることにした。草津の人工島、それに琵琶湖大橋だけに小さな坂があるけど、あとはド平坦。そしてこの季節、草津の志那浜にやってくるコハクチョウを見られたらラッキー。情報を見ると、数日前に三羽が来たとのこと。
f0156359_20585825.jpg


唐橋を渡り、人口島を過ぎ、志那浜にやってきた。十人ぐらいのジジババが、双眼鏡や望遠鏡を構えて湖岸にずらりと並んでいる。たくさんの水鳥が湖面を漂ったり、浜に上がって休憩している。しかし、コハクチョウの姿はなかった。観察小屋には、コハクチョウの固体別の顔写真がずらりと貼ってあり、しばし眺めていた。それぞれに特徴があって、面白い。
f0156359_20592190.jpg

f0156359_20595328.jpg


琵琶湖大橋を渡って、堅田の浜通りを走る。古い民家や造り酒屋などがたくさんある。「出島(でけじま)灯台」を見、「天然図画亭(てんねんずえてい)」の前を通り、浮御堂(満月寺)へ。門の外からチラっと見て先を急ぐ。いや、急ぐ必要はないんだけど、なんだか腹が減ってきた。
f0156359_2111463.jpg

f0156359_211377.jpg

f0156359_2115832.jpg


国道161号を走り、カネカから旧道を走ることにした。下坂本になるこのあたりは古い土地で、神社仏閣がたくさんある。その中のひとつ、「磯成神社」の鳥居で自転車を止めて拝観した。こういうちょっと変わった名前の神社というのは、どんな由来があってこういう名前になったのか、とても興味がある。
f0156359_2121937.jpg

f0156359_213713.jpg


琵琶湖の東を北上したときは、追い風だったので、こりゃ帰りに南下するときは向かい風だなと覚悟していたのだが、不思議と追い風であった。こんなことは珍しい。今日はついている。

浜大津からなぎさ公園を走り、帰宅。もう腹がペコペコであった。
今日も新たな発見があり、心豊かに遊んだ一日でした。
[PR]
by ozawa-sh | 2017-01-10 21:04 | Comments(0)
<< ハンブルガー・ソナタ 懐かしい、、、 >>