おざっちの漕ぎコギ日記2

ウサギの神社

今日は歯医者へ行く日。以前入れたインプラント。それを支える骨に影が見えるということで、やり換える手術を行うことになった。放っておくと、「インプラント歯周病」というものになるので、早めにやり換えましょうとの中居先生の判断。
朝一番の予約だったので、今日は本当は朝練があったのだがパスし、京都に向かった。まだ先日のビワイチの疲れがあるものの、小関越えもなんなく通り過ぎ、山科から市の中心部へ向かう。
f0156359_16561849.jpg

↑ 京阪の踏み切りを越え、、、

歯医者に到着し、すぐに手術室へ入った。麻酔をかけ約一時間、なにをやっているのかよく分からないけど、ゴリゴリ、グイグイと処置が行われた模様。終わってから前に設置されたモニター画面を見ながら、先生がなにをやったのかを説明してくれた。
少しジ~ンとした痛みをアゴのあたりに感じつつ、支払いを終わって外に出た。寺町通りに面しているのだが、このあたりはたくさんの老舗が密集している。紙の柿本、お茶の一保堂、そして多いのが書道関係の店。歯医者の隣には龍枝堂があり、その三件ほど北には古梅園がある。また、藤原定家の邸宅跡の石碑も立っているという、昔ながらの土地。
f0156359_16551030.jpg

f0156359_1657025.jpg

f0156359_16572415.jpg


さて、今日はいつものように、「そうだ、京都の社寺へ行ってみよう!」シリーズをやってきた。今日は「岡崎神社」。丸田町通りに面した794年に創建されたという古い神社で、境内はウサギだらけだと言う。ボクはてっきり、生きたウサギがそこらじゅうにピョンピョンしているのかと思っていたが、入ってみるとそうではなく、狛犬の代わりに狛ウサギだったり、神社のマーク?がウサギだったり、お守りがこれまたウサギの刺繍の入ったものだったりと、とにかくまあ「ウサギ」ばっかりなのであった。狛ウサギについては、ちゃんと「あ」と「うん」の口に彫ってあって、なかなかほほえましいのである。
f0156359_16575267.jpg

f0156359_1658879.jpg

f0156359_16582390.jpg

f0156359_16583963.jpg

f0156359_1659989.jpg

f0156359_16592552.jpg


神社を出、鴨川で遅い昼食とした。目の前を鴨川が流れ、遠く北山が霞んでいる。やっぱりいいなあ、京都は。まだ麻酔が効いていて、お茶が口からこぼれたりした(笑)。

その後、南禅寺から蹴上を越え、山科の疏水べりを走って、大津へ帰ってきた。穏やかな琵琶湖を見て、なんだかホッとしてしまった。
f0156359_16595028.jpg

[PR]
by ozawa-sh | 2016-10-13 17:00 | Comments(2)
Commented by こまち at 2016-10-16 21:33 x
まあ!可愛い神社があるんですね~。たくさん並んでるのはおみくじなんですね。
Commented by おざっち at 2016-10-17 23:40 x
こまちさん>実はボクも初めて訪れた神社でして、しょっちゅう前を通っていたのに、まったく入ったことがなかったんです。ウサギがたくさんいるらしいと知り、早速訪れてみたのです。可愛いでしょ!
いやいや、京都は奥が深いです。
<< 笛の偶然 ビワイチの翌日 >>