Bea to Summit 琵琶湖から山の上へ

f0156359_10414537.jpg

昨日は、休暇村のある宮ヶ浜から沖島までカヤックを漕いで行き、シューズを履き替えたら、沖島の一番高い山、尾山(225m)に登るということをやってきた。以前やってみてとても良いコースだったので、参加者を募って再度挑戦というわけだ。7名が集まり、たまたま我が家に滞在している娘婿のZACも参加するというので、連れていった。カヤックの経験はあるという。彼のカヤックはアウトフィッターのビワゴンさんにお願いし、レンタルすることにした。

スバルXVを購入して初めてカヤックを乗せてみた。キャリアバーの前後の間隔を調整し(サイクルキャリアよりも広くとった)、そっと乗せてみる。…おお、かっこいいぞ!
一時間のドライブで宮ヶ浜に到着。早速カヤックを降ろし、浜へ運んだ。見ると、琵琶湖はかなり波と風があり、沖島までいけるか不安になった。そういえば昨日の天気予報では「風が強くなるでしょう」なんて言ってたなあ。しかし、まだウサギが飛ぶほどの波でもないので、とりあえず行ってみることに決定。帰りもし漕げないような状況であれば、連絡船に乗って帰ってくることにした。
f0156359_10425336.jpg


浜でビワゴンさんがレクチャーし、いよいよ漕ぎ出すことに。ボクはまだ肋骨に少し痛みがあったけれど、なんとか漕ぐことができてホッとした。
遠くに沖島が見え、目指す尾山がなだらかなふくらみを見せていた。さあ、あそこまで行くぞ!
f0156359_10432623.jpg


沖へ出てみるとそれほど波はなく、むしろうねりがあって、それがカヤックを横に振るので漕ぎにくい。
漕ぐほどに、最初のチェックポイントである「厳島神社」の赤い鳥居が近づいてくる。ちょうど里帰りしていたジャネットさんも着いてきている。
f0156359_10435030.jpg


厳島神社に到着し、カヤックに乗ったまましばしの休憩。さて集合写真を撮りましょうと、フネを方向転換しようとしていた時、ボクの後方でなにやらザブン!という音が、あわてて振り返ると、なんとZACが転覆しているではないか!そして脱出しようともがいている。レスキューしようとカヤックを方向転換しようとするのだが、悲しいかな縦に長いのでなかなか向きが変わらない。さらに水中でもがくZAC。するとやがてザバ~っとフネから出てきてホッとした。もちろん全身水に濡れてしまった。しかし向こうの人は寒さに強いですねえ。あまり寒くないと言う。でも、これから山に登らないといけないので、できるだけ水を絞って着た。思わぬハプニング。

島を回り込み、いつもの小さな浜に上陸。ここでカヤックを残して山へ登る準備をした。といってもすぐに登れるような低い山なので、シューズを履き替えるぐらいで準備完了。島の人一人が通れるような細い道を歩いてまずは漁港へ。途中、島の小さな小学校や、夏ミカンがたわわに成っていたり、民家の細い道を歩いたりと、癒される風景の中を歩く。なんか、今日はやけに観光客?が多く、この島も変わってきているのかなと思う。
f0156359_10442375.jpg

f0156359_10444093.jpg


やがて漁港から尾山の登山口へと入った。しばらくはお墓を左手に見ながら高度を上げていくと、漁港が眼下に見えるようになってくる。分かれ道を左へ。ここからしばらく少しきつい登りが続く。やがて緩やかになり、落ち葉を敷き詰めたすばらしい山道になる。それにつれ、左右に琵琶湖の風景が広がってくる。ひとつ目のピーク、ケンケン山の広場に到着。ここからは対岸の比良連峰を見晴るかすことができる。う~ん、やっぱりこのコースはいいなあと思う。参加者も盛んに写真に収めている。

さらに行くと、やがて尾山の頂上に到着。浜から小一時間ほどだった。頂上は開けており、出発地点の休暇村から、竿飛びで知られる「伊崎寺」の竿を見ることができた。風も全く無く、ビワゴンさんが炒れてくれたコーヒーをすすりながら穏やかな時間が過ぎていく。

しばらく景色を楽しんだ後、下山にかかる。山頂のすぐ脇から、浜へ直接降りていく道があるのでここを行く。途中に大きく曲がったヒノキの木があって面白い。この輪をくぐると幸せになれる、らしい。
f0156359_1045454.jpg


カヤックを置いてある浜に戻り、再び漕ぎ出す。行きよりやや波風が強く、左右に振られて漕ぎにくい。どんどん離れていくジャネットさん。ビワゴンさんがフォローに回る。ボクもここ数年来、ロールをしていないので、もし沈したら起き上がれるか自信がない。琵琶湖はやはり午後になると風が出る。

なんとか無事に対岸まで漕ぎ切り、あとは浜に沿って宮ヶ浜まで漕いでいく。そしてゴール!Bea to Summit 達成の瞬間だ。
終了後、びしょ濡れになったZACは、休暇村の温泉へ。しばらく待っていると、気持ち良さそうな顔をして出てきた。その後、近江チャンポンを食べ、ついでに長命寺にも寄って帰宅した。リアルジャパンを満喫してくれたかな?
[PR]

by ozawa-sh | 2016-03-21 10:45 | Comments(0)