おざっちの漕ぎコギ日記2

そうだ、京都の寺へ行こう! ~金戒光明寺~

f0156359_17483567.jpg

「歯医者へ行くたびに、どこかひとつお寺を訪ねるシリーズ」、、、そんな勝手に名前をつけたシリーズ?も、今回で3度目となる。行き先は、「金戒光明寺」。以前チラッと通ったことはあるが、今日はひとつじっくり見て回ろうじゃないかと、張り切っていた。
しかし、昨日の100キロ走のせいか、起きたら脚が重く、体がダルい。「今日はもう電車で行って、歯の治療が終わったらサッと帰ろうかなあ」とも思ったのだが、良い天気に誘われてやっぱり自転車で行くことにした。

小関越えを上り、山科の疎水べりの砂利道を走る。出がけにモタモタと準備に手間取ったので時間が押しており、休憩無しで京都市内まで走った。治療は右奥の虫歯の治療で、今日は型をとり、次回にようやく銀歯を入れてもらえることになった。やれやれ。インプラントのやり直しも、順調に推移しているとの先生のお言葉。来年1月には、どうやら無事に元通りになりそうだ。
f0156359_17493782.jpg

さて、治療が終わり、自転車に乗って金戒光明寺を目指す。気温上がり、中間に着ていたウェアをバッグへ押し込める。平安神宮の北東にその寺はあり、広大な面積を誇っている。法然が開祖。地元の人は「くろ谷さん」と呼んでいるのだとか。紅葉を期待していったのだが、まだ少し早過ぎたようである。
駐車場の片隅に自転車を停め、ヘルメットを片手に、まずは山門をくぐる。まあでかい山門で、今日は有料で上へ登ることができたのだが、外観を見るだけにしておいた。さらに進めば屋根のカーブも美しい御影堂が正面にあり、じっくり拝観。駐車場に引き返す階段が美しく、思わず写真にパチリ。
f0156359_17501119.jpg

f0156359_1751172.jpg

また、太鼓橋を渡ってお墓へ行くことができるのだが、そこには、「お江」の墓があった。
f0156359_17512243.jpg

f0156359_17513992.jpg

また、三重の塔もあり、そこからは京都市内を望むことができる。
f0156359_1753949.jpg

f0156359_17532571.jpg

大きな「シマモクセイ」の木も見事。
f0156359_1753388.jpg

f0156359_175444.jpg

f0156359_17541728.jpg

f0156359_17543472.jpg

小さな京の旅でした。
f0156359_17545013.jpg

↑ 「左ちおんいん」
[PR]
by ozawa-sh | 2014-11-04 17:55 | Comments(0)
<< 発表会に向けて 久々のロングライド >>