MTB常設コースへ

f0156359_20543314.jpg

ストラーダのイベントで、湯船に新しく整備された、マウンテンバイクの常設コースを走りに行ってきた。だが、列島には昨日あたりから寒気が流れ込んできて、朝起きたら強烈に寒い。路面の凍結を心配しながら集合地点のストラーダへ行く。ボクの車にも何台か乗せ、いざ出発。しかし、会場へ行くまでの道路が凍結しているのでは、ということになり、急きょ引き返し、スタッドレスを履いた車に乗せ換えることにした。ボクの車はノーマルタイヤなのである。
少し路面がピカッとしているところもあったけど、ボクの車でも大丈夫だったと思う。だが、行ってみなければ分からなかったことなので、スタッドレスを履いた車に乗せ換えて正解だった。ということで、ボクは最近MTBを始めたHさんの車に同乗させてもらい、会場となる「京都ゆぶねTOPEAK MTBランド」へ。話しには聞いていたけど、実際行くのは初めて。ワクワク

今日はレースでもないのに、100名以上のライダーが来たらしいが、こういう常設コースを皆が望んでいたことが分かる。ボクも以前からこの公園の横を通るたびに、「MTBのコースができそうだなあ」と思っていたのだが、八代プロジェクトはそれを見事に実現してしまった。
f0156359_2054534.jpg

車内で着替え、早速皆とコースに入ってみる。まずは長い舗装路の上り道がずっと続く。道端にはうっすらと雪が積もり、気温も下がってくる。広場があり、この横からいよいよオフロードが始まる。最初からきつい坂。だがすぐにもっときつい上りが出現。しかも左へ急にカーブしているから、トルクをかけるのが難しい。何度もチャレンジしてみるけど、若い人みたいに上れないのが悔しい。課題を残すこととなった。
f0156359_20554693.jpg

アップダウンを繰り返しながら、雑木林の素晴らしいトレールをたどる。木漏れ日が射し込み、なんとも美しい。狭くて急なターンをするところも何カ所か現れ、そのたびに緊張する。また、木の根っこが地表に出ているところは滑ってしまい、上れる坂も上れないばかりか、足を着きそこねてガケから落ちる人も。
f0156359_20552429.jpg

いきなり泥のセクションも現れ、自転車が止まってしまって、泥の中へ足を着いてしまった。とにかく変化に富んでいるので、飽きずに走ることができる。一周20分ほどのコースを4周しただけだが、もうヘトヘトになった。
昼食は用意してくれたイスとテーブルで皆とワイワイ。上に着こんだのだが、寒いのなんのって!

午後も同じコースを走り、一日楽しむことができた。このコースは、有料(1500円)だが、一日楽しめる。中級から上級者向けのコースだが、常設で走れるというのは、画期的だと思う。
帰宅してから入った風呂は、もう気持ちいい~!
[PR]

by ozawa-sh | 2013-12-29 20:56 | Comments(0)