おざっちの漕ぎコギ日記2

京都の名刹を行く

珍しく、なにも予定のない一日。以前から自転車で探検してみようと思っていた、京都市内北東部のあたりへ行くことにした。だが、大津から行くとなるとかなり長距離だし、今日は暑かったのでやや躊躇したものの、思い切って家を出ることにした。ここ最近のライディングのせいか、三井寺横の小関越えを上る時点でかなり脚にきていた。
f0156359_2051359.jpg

一気に下り、山科疎水べりを走る。いつもならかなりの人が歩いているのだが、この暑さの中、ほとんど人がいなかった。三条通りに出、九条山を越えれば蹴上である。平安神宮の大鳥居をくぐり、ミヤコメッセの前を通り、鴨川にぶつかる。ここから河川敷を北上し、出町柳の先で高野橋をくぐって曼殊院道を西へと走る。
f0156359_2053437.jpg

白川通りを渡ると、急にきつい上りとなり、汗をかきながら「詩仙堂」に到着。市内が一望できる。この先をさらに進めば狸谷山不動院に行けるのだが、次回に行くことにした。
f0156359_2055452.jpg

標示に従って「曼殊院」へと走る。途中には「圓光寺」の美しい山門が。実は以前にもこの道を歩いたのだが、今日は自転車で走ってみる。さらに上ると曼殊院に到着。昨年の紅葉シーズンに来た時には、すごい人出だったので、拝観をあきらめたのだが、今日は閑散としており、中に入ってみることにした(600円)。来ているオレンジジャージと手に持ったヘルメットが違和感があったが、こういうのは慣れっこなので平気なんである(笑)。いや~、渋い!円山応挙の描いた幽霊の絵で有名だが、お庭がすごくいい。縁台に座ってじっくり見ていると、暑さも忘れる。蝉の声も、ここでは借景の一部となる。
f0156359_2063716.jpg

f0156359_206535.jpg

さて、ここから赤山禅院へと走る。途中にある「解脱山 禅華院」に立ち寄る。山門がいかにも禅寺風。中に入ってみると、大きな石仏が二体あり、咲き出したヒガンバナとのコントラストがベストマッチング。
f0156359_2071483.jpg

赤山禅院は前回入ったので、コースの確認だけして通過。再び白川通りに出た。さらに宝ヶ池方面へ走ろうと予定していたのだが、暑さのために疲れてしまったので、新しくオープンした、STRADA京都店へ立ち寄っていくことにした。あっちゃんとタンタスと少ししゃべって店を出た。

今日走ったコース、、、たくさん見どころがあり、曲がり角とアップダウンの多い、ボク好みの道が連続していて、JOYBIKEになかなか良さそうな感じ。さらにポイントを繋いで、来年までに完成させようと思った。
[PR]
by ozawa-sh | 2013-09-13 20:07 | Comments(2)
Commented by やまちゃん at 2013-09-14 08:48 x
京都街走り、良さそうですね。これからの季節、ゆっくりと走りと京都を味わってみたいものです。
Commented by おざっち at 2013-09-14 13:55 x
やまちゃん>京都はやはり中身の濃い街だという気がしますね。行く途中、鴨川の河原で竜笛を吹いていた人は、八坂神社の雅楽部の人だったということが分かり、しばし話し込んでしまいましたが、そんな文化の濃さも京都の魅力です。
<< ビストロ キノ パイプ掃除 >>