えっ! なに、これ! 日産リーフに乗ってみました

f0156359_2171348.jpg

いい天気! 午前中はNトレールへ行くことにした。山へ入ると、この時期、いくつもの蜘蛛の巣が行く手に待っている。精密に作られた巣が、木漏れ日に照らし出されて美しく光る。
f0156359_217284.jpg

汗ビッショリで頂上に到着。今日は眼下の琵琶湖を眺めながらゆっくり休憩した。
再び乗車し、三角点を通過し、ダウンヒル開始。鋭角に左折するポイントを、今日はそのまま真っ直ぐ行ってみることにした。この先がどうなっているのか、以前から知りたかった。すると気持ちのいい尾根道がしばらく続き、やがて八角形の石で造られた三角点があった。大文字山の三角点と同じ形のものだ。この少し先に鉄塔があり、そこから先は急な下りになっていたので、引き返すことに。
f0156359_2174523.jpg

気持ちのいい下りを走り、階段を降りたところで、蝉丸神社へ行ってみることにした。拝殿の裏から境内へ出ることができる。ここはいつ来てもだ~れもいない。
再び浜大津を通り、なぎさ公園を通って帰宅。約2時間のライディング。

昼食後、滋賀日産へ。最近車の後輪から異音がするので、それを見てもらうため。一人で運転していると、さほど気にならないが、先日の小豆島のように4人乗ると顕著に音がする。車輪の回転に合わせて「ゴン、ゴン、ゴン、、、、」というような、なにかに当たっているような、こすれているような、いや~な音だ。

整備の人に同乗してもらい、ディーラの周囲の道を走ってみると、やはり音がする。そして整備工場へドッグイン。しばらくすると整備の人が来て、「ホイールを留めているネジが数本緩んでいますね。ホラ」とクルクル回す。アララ~!なんてこった!でも、前回の車検以来、自分でタイヤを交換したりしたこともなく、まったく触っていない。ちゃんとした規定のトルクで締めこんであれば、自然に緩むことはないそうで、不思議なことだ。
ともかくすべてのホイールをチェックしてもらい、もう一度走ってみると見事に直っていた。まずはひと安心。

で、しばらく昔から顔なじみの営業の人としゃべっていたら、「リーフに乗ってみはります?」と来た。ボクもこの電気自動車には興味があったので、試乗してみることにした。プリウスのようなハイブリッド車と違い、リーフは完全な電気自動車だ。
運転席に座ると、まずはブレーキを踏みながらスイッチを押す。まるでパソコンのスイッチを入れるのと同じ感覚。そしてシフトレバーに当たるのは、これまたパソコンのマウスのようなスティック。丸く握るような感じで、コトンと手前に落としてやると準備OKだ。目の前のメーターはガソリン計がなく、なにやら数字だけが並ぶパネル表示。
「これが、あと何キロ走れるかという数字です」
ということで、瀬田の文化ゾーンへと走り出す。前に車がいないところで、
「あの、アクセルをグンと踏んでみてください」
と言われるままに、グンと踏む。するとすんごい加速を始めた。飛行機が離陸する時以上の、背中をグワ~と押される、そんな感じ。
「フェアレディより加速力が強いんです。高速になってからさらにアクセルを踏むと、いくらでも加速していくんですよ」と営業のMさん。前の車にたちまち追いついてしまう。しかも、静か!めちゃくちゃ静か!
これはすごい!
これって、なにかの感覚に似てるな、と思ったら、そうや、自転車や!
「心配してはる航続距離ですが、160から200キロ程度ですね。でも、エコステーションが続々と整備されていますから、いずれその問題はクリアされます。」と、パネルのナビボタンを操作すると、到達範囲と、その中に含まれるエコステーションが表示された。滋賀県にはまだ4箇所だけだが、京都・大阪には思った以上にある。しかもほとんどがただか、100円程度なんだとか。基本は自宅での充電で、タイマーを使い安い夜間電力で充電できる。エアコンは、携帯電話などで遠隔操作でき、その時の電力はバッテリーではなく、自宅の電気から供給されるのだそうだ。
いや~、ゴーンさん、すごい車を作りましたねえ。
f0156359_21112722.png

そんなことで、ディーラから出る時には、しっかりリーフのパンフレットを手に持ってました。
[PR]

by ozawa-sh | 2011-10-29 21:11 | Comments(2)

Commented by harmattan at 2011-10-29 21:49 x
私も先日リーフの試乗を日産瀬田でしてきましたよ。
5年もすれば電気自動車が主流になってきそうですね!
Commented by おざっち at 2011-10-30 07:02 x
harmattanさん>あ、試乗してきはったんですね。
スイッチを入れた瞬間に、フロントパネルにパ~っと数字が表示される感じは、もう未来が現実になった感覚ですね。
ちょい乗りしかしない人にはピッタリかも。
しかし400万はよう買わん。。。