やっぱり素晴らしかった、しまなみ海道!

JOY BIKE「しまなみ海道」の下見にテンチョーと行って来た。最近はこのコースもすっかり有名になり、「ほんまにそんないいコースなんやろか?」と半ば疑っていたのだが、実際に走ってみて、確かにすばらしいコースであることを実感して帰ってきた。天気も良かったこともあり、島と島とをつなぐ橋の上から見る瀬戸内は、春の陽光の中できらめいていた。
f0156359_064665.jpg



初日。
山陽道からしまなみ海道に入り、「生口島」で下り、今日泊まる宿「住之江旅館」に到着。応対に出てきた女将が、これまた切れ長の目の、とても上品な女性で、おざっちはクラクラと来たのであった。まあ、それはいいとして、、さっそく車からバイクを降ろし、尾道まで往復することに。各橋には一定の傾斜を持つアプローチ自転車専用道があり、楽に橋の上まで上れるようになっている。そして上れば上るほどに展望が開け、吊り橋の高みから眺める景色がすばらしかった。尾道へは橋が使えないので、渡船で往復することに。これがまた大林宣彦の世界で、情緒たっぷり。
f0156359_065517.jpg

尾道の坂道の町をゆっくり見る時間がなく、生口島へ飛ばして戻る。夜は海の幸でグビっとビールで乾杯。


二日目。
今日は終点の今治まで店長と走る計画をたてた。生口島、大三島、伯方島と渡り、島と島の間を激しく流れる海流も見ることができたし、水軍の城跡も望むことができた。あちこちに散りかけの桜が咲き、本当に素晴らしい景色を堪能した。「村上水軍博物館」に到着し、さて入ろうと思ったら、店長が「あれ!?金がない!途中で落としたかも、、」だと。仕方なくボクの小銭で博物館の中を見学。出てから店長は生口島まで走ってもどり、車で走って今治のサイクリングターミナルで落ち合うことにした。


ボクはここからひとり旅となり、大島の東海岸を走ることにした。小さなアップダウンを繰り返しながら、海岸のガケの高いところを走り、坂を下って漁村を走り、また山の中の細くて寂しい道を走り、、ということを繰り返す。まるで夢を見ているようなすばらしいコース。遠くにたくさんの岬が重なって見える。そして「来島海峡大橋」が見えてくる。
f0156359_07570.jpg

これを渡れば四国だ。ちょっと感慨無量。長いループ状のアプローチを上り、橋を渡り、下りるとそこにサイクリングターミナル「サンライズ糸山」があった。しばらく待っていると車で店長が来た。金の持ち合わせもなく、心細かったので、正直ホッとした。


今治の町に入り、昼食を摂るためにウロウロ。イタリア料理店に入った。ここでビックリするようなことが起こった。テーブルに座っていると、なんと昔ストラーダのメンバーだったTんぞう君が入ってきたのだ。たまたまチャリで通りかかったら、見たことのある滋賀ナンバーの車が停めてあり、「あれ!?」と思ったとのこと。このまったくの偶然に本当にビックリ。


さて、帰りはどうしたかと言えば、今治から大三島までフェリーに乗ることに。約1時間の船旅を楽しんだ。本番でもこのフェリーを使うつもり。大三島から高速に乗り滋賀に帰った。
思った以上にすばらしかった「しまなみ海道」。今回の下見で得たものは多く、本番では参加者に楽しんでもらえるるよう、さらにプランを練ってみたい。でも、いつかまた、ひとりで島を巡りながら、ゆったりと走ってみたいとも思っている。
[PR]

by ozawa-sh | 2009-04-13 00:06 | Comments(2)

Commented by タッチャン at 2009-04-13 22:58 x
あこがれのしまなみ海道。今からワクワクしてます。天気が良いことを祈ります! でも渋滞だけが心配ですね。
Commented by おざっち at 2009-04-13 23:09 x
タッチャン>すんばらしいコースですよ!
渋滞にひっかからないよう、ストラーダ出発は朝5時を予定しています。
スケジュールは、追ってJOY BIKEのHPにアップします。