大阪へ

今週金曜日に迫った、「チャリティーコンサート」。今日はその最後のリハーサルに、東大阪のピアニストのお宅へ行ってきた。決めた曲順にさらい、さらにちょっと心配なところを再度合わせてみる。ピアノ二台と、電子ピアノも二台置いてあるこの部屋は適度な響きで、すごく吹きやすい。プロのピアニストなので、「ここはもっと歌って、、、」とか、的確な指示をしてくれる。それがすごく勉強になる。本番が楽しみだ。

いつもなら真っ直ぐ帰宅するのだが、今日は梅田で降りて、「ドルチェ楽器」に寄ってみた。昔一度だけ行ったことがあるけど、その時はすごく迷った。で、今日はあらかじめ地図をプリントアウトして行ったのだが、やっぱり迷った(笑)。梅田の周辺はボクにはすごく分かりにくくて、どっちへ歩けばいいのか本当に分かりにくい。まずは「ヨドバシカメラ」を目指して行くのだが、地上に出るのがまず難しい(笑)。ヨドバシカメラを曲がり、さらに数分歩くと、ドルチェに到着した。エレベーターで上がり扉が開くと、いきなりキラキラとたくさんのフルートが輝いている。ここはパウエルの日本代理店なので、ショーケースの中はパウエルばかり。まあボクには無理な値段ばかりなので、今日はせっかくだから楽譜を一冊買うことにした。
顔見知りの店員さんがいて、「これ、いかがですか?」と、オーラマイトのフルートを持ってきた。14金と銀を合わせたフルートで、すごく良い音がする。でも値段が、値段が、、、(280万円)。
しばし雑談して帰宅の途についた。
f0156359_2046731.jpg

[PR]

# by ozawa-sh | 2017-03-27 20:46 | Comments(0)

コラボ演奏

f0156359_9442940.jpg

土曜日に久々の楽器のメンテナンスに行ってきた。三条JEUGIAに、ミヤザワフルートの技術者が出張メンテナンスに来ており、無料でやってくれるのだ。申し込みが即座に一杯になるというので、申し込み初日のその時間が来たらすぐ予約の電話をしたのだが、すでに枠があとひとつしか無いと言われてビックリ。最初の申し込み者になると思っていたのに、なんで!?
ということで、土曜日の指定時間に行くことにした。
ミヤザワの若い技術者の人が言うには、特に問題はないそうで、微調整だけしてもらって無事終了。その間、ミヤザワの金管や銀管を吹きまくってみた。ボクのムラマツに比べて、やや軽い吹きごこちがしたが、それもわずかの差に感じた。

さて、日曜日は宇治田原のレストランで、コラボレーションの演奏会。なにとコラボするのかと言うと、桜の絵ばかり描いているKyokaさんという方とのコラボ。「なにか春らしい曲を演奏してもらって、その演奏の間に絵を描きます」とのことだったので、「春の海」を演奏することにした。
さて本番。
CDのカラオケをバックに演奏する間、Kyokaさんは茶色のイラストボードにサラサラと桜の絵を描いていく。ボクは演奏に必死だったので、見るゆとり無し(笑)。来場者は、ボクの演奏より、Kyokaさんの手元を見ているのだけは確認できた。
演奏が終わると同時に絵も描き終わり、パフォーマンスは無事終了。こういう経験は初めてだった。Kyokaさんの話では、絵はあらかじめ決めたように描くのではなく、演奏を聴いたときのイメージで即興で描くのだとか。

すべてが終了後に聞いた話では、この絵、なんと来場者のひとりが3万円で買ってくれたそう。ボクの演奏もひと役かったのかなと満足。昨日のメンテナンスのおかげなのか、今日は音もよく鳴り気持ち良く吹くことができた。
f0156359_9444762.jpg

[PR]

# by ozawa-sh | 2017-03-27 09:45 | Comments(0)

迷う

市の広報で知ったコンサートを聴きに行ってきた。「VIVO」というフルートアンサンブル。富士見公民館が会場なので、車で15分ほどのところだし、ジムへ行く前に立ち寄っていける場所にあるのが丁度良い。

早く着きすぎて、イスに座ってしばらく開演を待つことになった。支所にしてはずいぶん立派なホール。床が板張りで、音響も良さそうである。約50席のイスがジジババで満員となる頃、ドレスを着た出演者が前に並んだ。女性が7名、男性が1名の構成だ。見たところこれまた60歳以上と思われる方たちばかり。

やがて指揮者の男性が前に出てきた。元京都市交響楽団のオーボエ奏者ということで、プログラムの中で自らもオーボエを吹く。パッヘルベルのカノン、愛のよろこびなど、前半はクラシック系の曲、後半はジブリの曲や童謡などを演奏した。ボクが所属するゼフィルに比べたら少しレベルも下がるし、低音フルートもないので、物足りない感じがしたが、全員楽しそうに吹いているのが良かった。

アンコール曲があって、終演。なかなか楽しめた。MC役をしていた方に話を聞くと、月二回ここで練習しているのだとか。ボクもフルートをやっていると言うと、「是非参加してください。お待ちしています!」と言われてしまった。練習会場が近い地元のアンサンブルだし、選曲が簡単そうなので、ちょっと心が動いた。指導者もしっかりしてそうだということもある。

かれこれ7年続いている現在のアンサンブルだが、若い人に着いていけなくなっているし、なんだか新しい世界に飛び込んでみたいという気もある。
[PR]

# by ozawa-sh | 2017-03-24 22:31 | Comments(0)

桜はまだかいな

f0156359_20533841.jpg

図書館へ本を返しにいった。いつも乗っている自転車ではなく、先日タイヤを履き替えたシクロバイクで行くことにした。履き替えてからまだ一度も乗ってないので、この新しいタイヤがどんな感じなのか試してみたかった。スペシャライズドの「アルマジロ」というタイヤなのだが、一本で4000円ぐらいする高いもの。普通のママチャリに乗っている人の感覚からいったら、すごく高いタイヤだ。

背中に返すべく本を入れたバックパックを背負い、図書館へ向かう。乗ってすぐ、このタイヤががすごく乗り心地が良いことを実感した。言葉で表すのは難しいけど、カチッとしていてしかも弾力性があり、路面をしっかり捉えている感じ、とでも言ったらいいのだろうか。高いけど、それなりの仕事をしてくれるタイヤだと思った。
路面とはほんの数センチでしか接触してないのに、安いタイヤとはあきらかに違うと感じるのが不思議だ。

途中、千丈川を渡る。川の上に大きく枝を広げた桜の枝を観察するが、まだまだ花はつぼみ状態で、満開までには時間がかかりそうだ。
f0156359_2054344.jpg

[PR]

# by ozawa-sh | 2017-03-22 20:55 | Comments(0)

義民の碑

f0156359_23512868.jpg

午後から、市立図書館で小さなコンサートがあったので、午前中に走りに行くことにした。朝は寒かったがグングン気温が上がり、花粉は別にして、絶好のサイクリング日和。「坂三つコース」と「朝練コース」を繋いだ二時間コースを走ることにした。今日は守山でクリテリウムがあったし、湯船でもMTBのレースがあったのだが、ボクもこうしてはいられないと走りに出かけたわけ。

桜峠を越え、宇治川ラインから大津カントリーの峠を越える。さらに関の津峠へ。ここの頂上には、新しくなった「大石義民の碑」があるので、寄ってみた。「大石」というところは「大石内蔵助」にゆかりの土地で有名だが、大石義民のことはあまり知られていない。詳しくは石碑を見ていただきたいが、江戸時代初期、ここの村民が重税に苦しみ、藩主に直訴したという歴史がある。当時、直訴というのはご法度で、直訴した庄屋とその弟はこの峠で磔の刑に処せられたという歴史がある。その兄弟を悼んで立てられたのがこの碑なのだ。
今は「関の津峠」と言っているが、当時は「佐馬野峠」と言っていたことを初めて知った。
f0156359_23515529.jpg

f0156359_2352162.jpg


峠を下り、さらに朝練コースを走る。先日のビワイチの超回復なのか、バカに調子が良く、いくらでも脚が回る。飛島の上りも30キロをキープして上ることができたほどだ。

帰宅し、楽しみにしていた図書館のコンサートへ、さらに自転車で行くことにした。
コンサートは、キーボードとフルート、そしてソプラノの組み合わせで、馴染みのある曲ない曲、色々とやった。幼児もOKのコンサートだったのだが、子どもがうるさくて気が散った。演奏もややレベルが低く、正直あまり楽しめなかった。

帰りはさすがに疲れたが、春霞の琵琶湖岸を走るのが気持ち良かった。
[PR]

# by ozawa-sh | 2017-03-19 23:53 | Comments(0)